俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

SV

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ZILLION_SVTW_1

2017年新製品の話題ラッシュの中、少し的を外してダイワ ジリオン SV TWのインプレです!
このリール、昨年のフィッシングショーで個人的にイチバン注目した製品でした。

その結論は
全てを満たす究極リール!!

オイラ的に希望する次の条件を完全に満たしています。

・キャスティングが楽チン(ある程度の飛距離、ピッチングなどの容易さ)
・逆風でもバックラッシュしにくい(下手なので)
・巻き力が強く、守備範囲が広い(たくさんリール揃えられないので)
・スプール交換が楽チン(糸の巻き替えが面倒なので)
・価格が手頃(15メニウムタDCは超優等生だけど値段が....)
 ・弱点がこれらのメリットを上回らない(笑)

とにかく軽量〜重量級ルアーまで快適に投げれる、そして逆風でもバックラッシュしにくい所がいいです!  また、ノーマルギア(巻き取り長67cm)を使っていますが、3〜4mクラスのクランクや1/2oz前後のスピナベでも楽に巻きとれるのが魅力!

ZILLION_SVTW_2
さらに、スプール交換がラクなのもポイント高いです。
10円玉でブレーキダイヤルのネジを緩めるだけでカンタンにスプールを交換できます。写真は1000サイズの蝶々ジュラルミンSVスプール(朝溝)で主に10〜12lbを巻いてます。そして、標準のG1 SVスプールには14〜18lbを巻いて琵琶湖用に使用。
 
ZILLION_SVTW_4
左が従来の超々ジュラルミン製SVスプール(浅溝)、右がジリオンSV TWのG1 SVスプール(深溝)。G1 SVスプールはベアリング側のシャフト径が少し細いですが、SLPの製品対応表で互換性があると記載されています。もちろん、装着にも問題ありませんでした。
スティーズ SV TWのスプールも同様にシャフト径が細いので、これも回転の立ち上げの早さに貢献しているのかもしれません。

ただ1点、ジリオン SV TWのスプール重量は、従来のSVスプールとほぼ同じ約12gで、スティーズSV TWのスプールが約9gに対して微妙に不満だったのですが...


なんと、今年のSLP新製品
G1 SVスプールが追加されてるっっ!

スプール内部が肉抜きされて軽量化されているので、おそらくスティーズ SV TWと同じものです。しかも浅溝と深溝の2種類あるので、いろいろと使い分けできそうです!!

STEEZ SV TWセミオーダーシステムといい、
今年イチバンの注目はSLPかも!

あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
16ジリオンSVTW

これが今年一番の注目!
ダイワ ジリオン SV TW (DAIWA ZILLION SV TW) !!

どちらかといえばシマノのリールやロッドを好んで使っていますが、それでも今年はコレに決まり!

ジリオン Jドリームを使った時、その巻きパワーと巻き感度を体感し、T3 SVSVスプールとTWSの圧倒的な使いやすさに感動したオイラ的には、ジリオン SV TWがまさに最終系!!
スプール径が34mmに変更され、スティーズ SV系とも互換がある事から、従来の重量級ルアーだけではなく、幅広い使いやすさが期待できます。これまでのシマノ メタニウム的なポジションになるのでは?!と勝手に妄想!

とにかく、
タフさを備えて、原点TD Zに還ってきた!!
むしろTD Xかな...?

漁師のように毎日釣りに行くならば、シマノ以外にリールの選択肢は無い!という個人的な考えを持っていますが、ジリオンならばサンデーアングラーに十分すぎる耐久性を持っているハズです。
シマノはPEまでデジタル制御できるハイエンドDC機種と、ローエンドで高性能なリールの2極化が進み、ダイワはリーズナブルで手堅いラインナップになっていると感じてます。

もうすでに店頭に並んでいるので、春のスコーンはコイツで巻きたいっ!!

16スティーズSVTW
あと、スティーズ SV TW...これは見なかった事にします。
初めてスティーズに興味湧きました。ヤヴァイ!!


個人の感想ブログですが何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
久々に使ったダイワのベイトリールT3SVオイラのバス釣りタックルです^^
ダイワのリールにはダイワのロッドが似合います!

写真はダイワのエアエッジ 662MBの組み合せ。
T3 SV+エアエッジ

でも、意外とシマノのエクスプライドにも合います。
ロッドのデザインとしては、エクスプライドの方がやや古い感じでしょうか。
T3 SV+エクスプライド
先進的なデザインのT3ですが、意外とどんなロッドとも合わせられそうです。
シマノオンリーとか、ダイワオンリーとか、こだわりを無くせばもっと幸せになれる気がしてきましたw


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村

バス釣り ブログランキングへ 


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
リールはシマノ


そんなオイラが・・


DAIWA T3 SV 6.3R-TWを使ってみたー
T3 SV
ダイワ DAIWA T3 SV 6.3R-TW!

ネットで不評だった初期ロット、第二ロットが過ぎ去ってからの使用。

参考にさせていただいたブログはコチラ

数多のトラブルにも負けず、T3SVへの強い愛情を書き記した「三郷在住 バス釣りブログ」さんが背中を押してくれました。








いやー








楽しいわコレ!!

DAIWA Zの登場時からマグフォース3Dに興味あったのですが、これすげー気持ちいい投げ心地♪ ALL ROUNDモードのダイヤル10〜14で、ほとんどのルアーがノントラブルで十分な距離を投げれます。


何より


マグブレーキなのに失速感が少なく、スムーズに抜けていくんですb


昔使っていたTD Zジリオンとは異なるキャストフィールだと感じました。


DCSVSインフィニティ同様、へたっぴなオイラでも強風の向かい風をキャスト可能なのがスゴい!ダイヤル設定を変えずにMAX BRAKEモードにすれば、さらに安定して(ひょっとするとDCよりも)必要十分な距離を逆風に向かってキャストできます。
 
それにブレーキ設定を変えずにピッチングできるのも便利!


LONG CASTモードではさらに飛距離がグンと伸びますが、サミング無しだと少し糸がフケ気味で、最悪バックラッシュしました。オイラのキャストが下手なせいもありますが、「ノートラブルなリールには魅力がない!」なんていうジリオンHLC使いの人とかにも良いのでは?!

T3 SV
使ってるルアーはこんな感じ。

ワイルドハンチやワイルドハンチSRなどを使う限り、十分なパワーと巻き心地でした。TWSがラインを押さえている感もありません。ただ、スピナーベイトを巻いた時に若干重たく感じます。これは、ギアの性質やTWSがラインを押さえているというより、ハイスピードなレベルワインドがそう感じさせている気がします。

それでも、ハイスピードレベルワインドTWSはベストすぎる組み合わせ!!

ラインをフカフカに巻く事で糸噛みが少なく、万が一のバックラッシュも軽度ですみます。フカフカなラインは飛距離に影響が出そうですが、そこをTWSがばっちりカバーしてくれます!!



ちなみに、写真のT3 SVがライン巻いていないのは、回復不可能なバックラッシュしたからです。



え?



SVはバックラッシュしないんじゃないかって?



背後の木にルアーが引っかかった状態では、流石にトラブルレスではありませんでしたっっww

しかも2回>< 1回目は何とか回復したんですが。。

つ、つまり、背後を忘れる程、夢中に投げ続けた訳です(笑)


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ 
 

このページのトップヘ