俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

海外タックル

    このエントリーをはてなブックマークに追加
CuradoK
アメリカ最大のフィッシングショー ICASTで、シマノの新型リール「クラド(Curado) 200K」が発表されていました。北米では販売済みで、並行輸入品が国内にも出回り始めているので、手にされている方もいるかもしれません。
とにかく、圧倒的な耐久性と豊富なラインキャパを高いコストパフォーマンスで長年実現してきた中堅リール機「スコーピオン」や「クラド」の後継機種です!!

MGLスプールこそ比採用となっていますが、メタニウムMGLスコーピオン70同様のブレーキシステム「NEW SVS∞(インフィニティ)」や「マイクロモジュールギア」など、最新装備で完全リニューアルされています。

何より
デザイン色味がカッコイイ!!

CuradoK_2

北米基準で14lb/110yd、国内基準で20lb/100mのラインキャパは健在。サムレフトがスマートになり、全体にコンパクトになっていますが、ギア比6.2:1で最大巻上長66cmなので、34m径ワイドスプールも変わりなさそうです。
正直、オイラはそんなにラインキャパ要らないのですが、ワイドスプールに必要性を感じている人にとっては無くてはならない1品なのかもしれません。
以前、11 スコーピオンDCを使用していましたが、下巻きすれば14lb 75mあたりのラインキャパも問題なく快適に使えていたので、むしろ汎用性は高いのかも?!

また、ギア比が6.2:1、7.4:1、8.5:1の3種類あり、ノーマルギアはスコーピオンよりやや遅まきになったものの、最近のハイギア化の流れにはしっかり乗っていますb

ああ、だけど
ローギアモデルがないっつっ!!

どうやら、ギア比5台のローギアモデルはラインナップされないようです。
確かに、マイクロモジュールギアを使用した巻きパワーがあれば、4〜5mクラスのディープクランクでも十分に対応できるのかもしれません。
しかし、ビッグクランクや6m以上のディープクランクが琵琶湖などで流行っている現状を考えると、ギア比5.5前後のモデルも欲しかったーーー><

ただ最近、単にマイクロギアモジュールを採用したというだけではなく、HGNボディを採用したシマノリールは、新機種であればあるほど、アピールしているスペック以上に巻きパワーが強いようにも感じています。
12アンタレスのように金属ボディのリールは、その高い剛性が良好な巻き心地を実現する、HGNボディには素材やギア構造以上の能力があるようにも感じています。

んん.....来年国内で「クラド(Curado) 200K」が発売されたら、ノーマルギアでビッグクランクに挑戦してみた方がいいかも。。

あ、国内版出るなら
デザイン(カラー)は変えないでっ!!

あくまで個人の感想ブログですが何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
detail

北米のダイワサイトに、アルファス/ジリオン?と2系統の新型SVが登場記載されていましたが、北米シマノも負け(?)てはいません!

新型ベイトリールはCasitas !!
お値段は驚愕の$119.99 !!


これ、実売1万5千円前後で入手できるCITICA シティカより安いです。
最初に写真見たときは、スコーピオンXT 1000のようない位置付けで、新型アルデバランの廉価版を予想していましたが、ラインキャパを見る限りメタニウムのような100番台のようです。

さすがにXシップではありませんが、SVSインフィニティとS3Dスプールでこの価格帯なら、かなりのコストパフォーマンスじゃないでしょうか?!手頃なシマノのベイトリールって、スコーピオン1500番台のように幅広で糸巻き量が多いもの中心だったので、これが国内でも出れば、

入門用ベイトリールの鉄板!!
間違いなしです。
引用元:Shimano


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加
sv_series_main
北米のダイワ公式サイトに登場した新型SV。
ああ、アルファスSVの北米番ねっ・・・て

もう1つは何よコレ ?!

ジリオン的な形状にSVスプール
103番台という事は、まさか34mm径スプールの廉価型ジリオン?

北米のラインはポンドテスト(表記lbでは切れない)なので、国内のポンドクラス(表記lb未満なら切れない)とはキャパが異なるのですが、ダイワはどうも国内基準のような....北米のスティーズSVとラインキャパが同じなので、34mm径のスプールなのか、ジリオン用の浅溝36mm径なのか気になるところです。

もう1つ。TWSじゃない・・・パカパカしないのね。


いいんじゃないコレ!

90mmロングハンドル、カラーリング、バリエーション.....
この2台でベイトは完璧やんっ?!

引用元:DAIWA


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ



    このエントリーをはてなブックマークに追加
zillion_combo
2014ICASTで発表後、発売が待たれるジリオンTWS 年内にギリギリ北米リリースかな><

同名ブランドのジリオンロッドもリニューアルされ、すでに発売開始されている様子。
型番などの詳細は前回の記事か、USダイワのサイトを参照してください。


で、プロジェクトTのPVも更新され、エピソード4ではロッドについて紹介しています。

気持ち良さそうに、思いっきり曲げてるな〜

個人的には、タトゥーラロッドのように、スピニングのドロップショットモデルがあれば完璧なのに!と思っています。それでもSVFカーボン、ネジレ補正のX45カーボンエアリールシートなど、結構なハイエンド仕様なのに、230〜290ドルっていう価格帯がホントにリーズナブル!
個人輸入とかすると、結局送料でハイエンドな価格になっちゃいますが。。

アメリカ羨ましいー

日本でももっとバス釣り人口が増えれば、生産量が増えて、高品質低価格化になるのかな??
あ、プレミア競争が先行するか^^;
引用元:DAIWA

あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)

ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
001
Gルーミスジグ&ワームシリーズGLX BCR804です。
北米市場でのGルーミスは、MBRやCRといったクラシックシリーズより、このジグ&ワームシリーズが主流なようです。このモデルはすでに廃盤でですが、GLXが全面的にリニューアルされ、GLX 804C JWRが現行のラインアップに入っています。

002
長さ6.8フィート、ヘビーパワー、ライン14-20lb、ルアー5/16-3/4ozが基本スペック。
ブランクス全体を渋いブラウンに塗装してあり、クラシックシリーズGLXより粘っこいイメージでした。

気に入らなかった点は、重量が全体的に重たくなっている事、トップガイド以外をリコイルガイド化して軽量化しているにもかかわらず、先重りが酷かった事です。結局、MBR784CのGLXの方が好みに合っていました。



でもそれ先入観!

だした><

リニューアルされたGLX 804C JWRを使ってみて、ジグ&ワームシリーズの気持ち良さに惹かれています。なんていうか、ジグやワイヤーベイトで乗りやすく、全力でフッキングするのが気持ちいい!!
そして、リニューアルされたGLXジグ&ワームシリーズは、全体的に(許容できる位に)軽量で、ロッド全体のバランスも格段に良くなっています。

バランスや重量を気にしなければ、この廃盤モデルでもっと幸せになれたかも。。

ジグ&ワームシリーズを国内のロッドで例えると、エクスプライドピッチング&フリッピングシリーズが近いとオイラ的に思っています。ブランクスのガッチリ感は圧倒的にGルーミスの方が上ですが、価格差を考えたら当然の事だと思いまし、ガイドセッティングやリールシートなどを考慮すると、エクスプライドのコストパフォーマンスは秀逸だなぁと改めて感じます。数年酷使しない限り、そんなに差が出ないんじゃないかなぁ・・・

あ、オイラは6.8フィートの804を使っていましたが、定番は7.1フィートの854のようです。6.8フィートは近距離向きのようです。


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加
SJR720
Gルーミスのクラシックシリーズ、SJR 720S IMXです。
(6フィート、マグライト、EXファースト、ライン:4-8LB、ルアー:1/32〜1/4oz)

今のGルーミスのスピニングには、ドロップショットシェイキーヘッドシリーズがあり、国内のライトリグにも何とか使えそうモデルがあります。3〜4LBラインでのフィネスは流石にきびしーですが^^;

そんなライトリグシリーズが登場する前に多用していたのがこのロッド!
もし、1からタックル揃え直すなら、



今でも入手候補の1つ!



ハンパじゃない短いグリップと、ベリーから先に曲がるような堅物ティップ、古くさいガイドシステムと、シェイクやミドストはちょー苦手な仕様。でも、ジグヘッドやシャッド、ミノーなんかはキビキビ動かせませ、魚が掛かると意外と素直に曲がり、ガッチリロックして離しません!GLXやGL3に比べると粘りがありませんが、それでも強引に魚を引き上げれます。

また、6フィートという短さが快適な操作性をもたらし、藪漕ぎ多用なオカッパリでも重宝します。パワーフィネスより少し弱めな古き良きロッドです。

張りがあるけど意外と曲がりやすい、古い割に感度は良いが、GLXGL3に比べると粘りが無い。ノリーズ・ロードランナーのアウトバック5100LSをキンキンにし、その分だけ華奢になったイメージです。

SJR720
この写真は並行輸入版で、ガイドは6個。SICではなく、アルコナイトリングです。
昔、ティファが代理店をやっていた頃には、ゴールドサーメットのニューコンセプトガイドシステム(ガイド7個)のモデルもありました。ティファのゴルサメモデルは、ブランクスがやや短く、その分グリップが短すぎない感じで、多少バランスが良くなってました。

あと、並行輸入版のバット側のガイドは25mm径ですが、古いモデルにはガイドの足が極端に短いものもあり、ちょっとキャストしにくいものもあります。 ←見た目もカッコ悪い

SJR720
写真は、廃盤になったルーミスオリジナルリールシートのモデルです。金属製のリングでリールをガリガリ削りながら止めちゃいますw 現行モデルはフジのリールシートになっているので大丈夫ですが、感度の伝わり方はこのオリジナルシートが一番好きでした。

ティファ時代、ゴールドサーメットモデルとは別に、並行輸入モデルもありましたが、こちらは現行モデルと同様だったと記憶しています。あと、ポパイが代理店をやっていた頃の輸入モデルもあったような気がしますが、 こちらはちょっと見た事ないです。

実際に入手し、使った事のあるロットをまとめると次の通り。

 1、ティファモデル(ゴールドサーメットガイド、ルーミスオリジナルリールシート)
 2、並行輸入(アルコナイトガイド6個、ルーミスオリジナルリールシート)
 3、並行輸入(アルコナイトガイド6個、ガイドの足が短いロット)
 4、現行モデル(アルコナイトガイド6個、フジのリールシート)

個人的にすきなのは2番ですが、オススメするなら入手しやすい現行モデルの4です。
ただ、現行モデルのクラシックシリーズは、フォアグリップまわりでギチギチ音がするモノが多いです。グリップとブランクスの取り付けの問題なのか分かりませんが、実使用に問題はありませんでした。


あくまで個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ  
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
zillion_rods
海外でジリオンTWSが発表されましたが、ジリオンロッドもリニューアルされるようです。

予定販売価格が229〜289ドルで採用技術てんこ盛り!
ネジレ補正のX45、HVFより筋肉質なSVFカーボン、オリジナルのカーボンエアリールシート、アルミニウムのクランプナット、SICリングKガイドなどなど。

国内で定番のハイエンド技術をベースに仕上げられたアメリカンロッドって気になりませんか?!琵琶湖などの大規模フィールドがメインの人には魅力的だと思います。
昨年、北米ではタトゥーラロッドがX45やSVF採用で150〜170ドルで発売されていますが、国内未販売で、おそらくジリオンロッドも出ないでしょう。ホント、この価格帯は反則です><
追記:タトゥーラロッドは代理店経由で少数輸入されていました。
【NEWジリオンロッド(NEW ZILLION BASS RODS)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
MBR783GLX
Gルーミスのクラシックシリーズ、MBR 783C GLXです。
(6.6フィート、MH、ファースト、ライン:10-17LB、ルアー:1/4〜3/4oz)

バス釣りを始めて比較的初期に入手した品番で、以後これがオイラの竿選びの基準となっています。写真は10年以上前の並行輸入版で、リールシートがルーミスのオリジナルになっています。このリールシートは金属のリングでリールを固定するので、リールのフットに何か巻いておかないと傷だらけになりますw


MBR783GLX
MHパワーで、アメリカンなファーストテーパー、尋常じゃない程強いバットの仕上がりです。昔のGルーミスを代表する最もスタンダードな1本で、1/4のテキサスやジグ、3/8〜1/2ozのスピナーベイト、ルドラなどの大型ジャークベイトの使用に快適でした。

高弾性で粘りがあり、持った感じは堅そうなんですが、キャスティングやフッキングでは素直にベリーが入り、大きな魚が掛かったときは極太のバットまでしっかりしなります(購入直後は少し堅かったかも)。ただ、曲がった後に反発する力が強く、フッキングした40upが手元にすっ飛んできた事や、小型プラグのフックが一瞬で折れて魚がバレた事があります。

ジグ&ワームシリーズのようなティップの繊細さはありませんが、とにかく頑丈で使いやすく、今での販売され続けている変わらない良さをもったロッドです。

ガイド数が9つと少なめですが、十分に感度が良く、飛距離が出やすくなっています。昔、ティファが販売していたモデルには、ガイド数が10個(だったと思う)でゴールドサーメットを採用したモノもありました。


001
現行品のリールシートはフジのリールシートを採用しています。リールフットを傷つける事なく、細身のグリップは握りやすいです。ただ、個人的にはルーミスオリジナルシートの方が感度の伝わり方がキンキンで好きです^^


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
100D5
シマノ クロナーク 100D5(CHRONARCH 100D5)。北米に輸出されていたリールで、以前ブログに書いたクロナーク 100D7のローギア版です。

外観は2007年版のメタニウムMgと同じで、アルミ製ボディと真鍮製ギアを搭載したガッチリ仕様はクロナーク D7と同様です。

特筆すべきは5.0:1のローギア設定で、元々巻上げ力が強いと感じていたクロナークDがさらにパワフルに感じました。ただ、34mmのスプール径でギア比5.0だと巻上げ量が53cm程しか無く、高速リトリーブやルアー回収時などかなりストレスを感じます。

この時期、シマノUSのロープロリールのローギアモデルには、34mm径でギア比5.0の機種が多かったのですが、最近ではギア比5.5(巻上げ量58cm)に統一されています。これは、カルカッタコンクエストと同じ巻上げ量で、 このあたりがクランキングに使いやすいという答えなのかもしれません。



あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_6297
最近入手したGルーミス NRX 843C MBR です。
(7フィート、MH、ファースト、ライン:12-16lb、ルアー:3/16〜5/8oz)
 
MBRは、クラシックシリーズと呼ばれる古くからのルーミスでは定番のカテゴリーです。NRXには、一昨年新規で追加されたました。最近のルーミスはジグ&ワームシリーズが主流のようですが、MBRにも根強い要望があったのかもしれません。


IMG_5781
グリップ部分に型番が記載されています(他のNRXがブランクスの根元に記載)。

この竿、本当に期待通りの仕様でした!
NRX 803C JWR より滑らかなテーパー(それでもアメリカンファーストですが)であり、かつ適度なパワーで、ルドラからワンテンまでジャークしやすいバーサタイルな竿です。3/8〜1/2ozのスピナーベイトやチャターも軽快に扱えて、NRX特有の繊細さで5gのテキサスリグや3/8ozのラバージグも快適です。

底物に関しては、NRX 803C JWR の方が操作性も良く、フッキングもバッチリ決まりますが、MBRでもまったく問題ないレベルです。ただ、NRXのグレード自体が巻物寄りでは無いので、完全なバーサタイル竿ではありません。ジグ竿の特化を若干弱めて、バーサタイル度を少し上げた印象です。


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ

このページのトップヘ