俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

ルーミス

    このエントリーをはてなブックマークに追加
7200GLX
GルーミスSJR7200 GLXです。

かつては、「ルーミスでタックル揃えたいならスピニングはコレでしょ?!」的な存在でした。
スペックは、6フィート,ライン2〜6LB,ルアーウィエイト1/64〜1/8と、一見フィネスな感じ。


でも


高弾性・高感度で結構なパワーw

反発力が強く、2インチのセンコーでもぶっ飛ばす事ができましたが、繊細なシェイクには不向きなロッドという印象。強いて言えば、ロードランナー600STSをキンキンにした感じなのですが、アレはしなやかさが伴ってこそのフィネスロッドだと思います。

ルーミスでライトリグ利用であれば、ドロップショットシリーズの方がオイラ的に好きです。
でも、高弾性なハリと、MAXルアーウェイト1/8ozというライトパワーが共存する個性的な性質は、3.5g以下の軽量ルアーを扱うにはメチャメチャ楽しい竿ですb 例えば、スピナーとか。。

7200GLX
かつてルーミスの代理店だったティファの並行輸入版モデル。
SICのガイドリング6個、フジのリールシートが特徴。リールシート側のガイド径が25mmとなっています。

並行輸入版ですが、北米市場でSJR7200がラインアップされていた事は無いと思います。オイラ的に、トラウト用のGLXブランクスを流用し、北米でくみ上げた日本向け仕様なんじゃないかなぁ??っていうのが勝手な妄想。だって、スプーンとか使いやすそうだもんw

7200GLX
ティファが販売していた国内モデル。ゴールドサーミットのガイドリング7個のニューコンセプト使用。リールシート側のガイド径が30mmとなっています。また、ブランクスがやや短めで、その分グリップ長が長めとなっています。並行輸入版が短めなので、こちらの方がバランス的にいいかと。
リールシートは、金属リングでリールを固定するルーミスオリジナルです。


まあ何より


今じゃ手に入れにくい!
って事が最大の難点な竿><
オークションなどの価格は高騰しすぎですw


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ 


    このエントリーをはてなブックマークに追加
820S GLX
GルーミスドロップショットシリーズDSR820S GLXです。リールはヴァンキッシュC2500HGS^^

ルーミスでライトリグまでやりたいなら、このドロップショットシリーズがイイと思います。しなやかなティップで軽量リグも扱いやすく、1/16oz程度のリグをあるていど繊細にシェイクできます。

GLXは廃盤になっていますが、今年リニューアルされた新IMXシリーズには同じ型番がラインアップされていますし、無印のDSR820Sもまだまだ健在ですb

GLXモデルはSICのトップガイド以外をリコイルガイドで軽量化していますが、通常のガイド(といってもアルコナイト)の他モデルでも十分な性能を持っていると思います。

820S GLX
スペックは以下の通り。他モデルの820Sも同様です。
(6.10フィート、マグライト、EXファースト、ライン4〜8LB、ルアーウェイト1/8〜3/8oz)

ルアーウェイトだけ見るとMLパワーな感じですが、実際は1/16ozのジグヘッドやネコリグも軽快にキャストで来ます。ティップがしなやかなのが特徴で、これはGLXでも無印でも共通の使用感です。バットはやたら強靭ですが、ティップがかなり入るので、ミドストなどにも使えない事ない印象。

同型番の新IMXはまだ未体験なので、ホント気になります!!

ルーミスの竿は目的ごとのリグを基準にウェイト表記しているようで、ルアーウェイトが1/16oz〜のジグロッドより、DSRの方がライトリグには向いています。


まあ要は


アメ竿でもライトリグできるYO!
って気持ち。フィネスは辛いけど、気合いで我慢できるハズw


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ 

 

このページのトップヘ