俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

ジリオン

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ZILLION_SVTW_1

2017年新製品の話題ラッシュの中、少し的を外してダイワ ジリオン SV TWのインプレです!
このリール、昨年のフィッシングショーで個人的にイチバン注目した製品でした。

その結論は
全てを満たす究極リール!!

オイラ的に希望する次の条件を完全に満たしています。

・キャスティングが楽チン(ある程度の飛距離、ピッチングなどの容易さ)
・逆風でもバックラッシュしにくい(下手なので)
・巻き力が強く、守備範囲が広い(たくさんリール揃えられないので)
・スプール交換が楽チン(糸の巻き替えが面倒なので)
・価格が手頃(15メニウムタDCは超優等生だけど値段が....)
 ・弱点がこれらのメリットを上回らない(笑)

とにかく軽量〜重量級ルアーまで快適に投げれる、そして逆風でもバックラッシュしにくい所がいいです!  また、ノーマルギア(巻き取り長67cm)を使っていますが、3〜4mクラスのクランクや1/2oz前後のスピナベでも楽に巻きとれるのが魅力!

ZILLION_SVTW_2
さらに、スプール交換がラクなのもポイント高いです。
10円玉でブレーキダイヤルのネジを緩めるだけでカンタンにスプールを交換できます。写真は1000サイズの蝶々ジュラルミンSVスプール(朝溝)で主に10〜12lbを巻いてます。そして、標準のG1 SVスプールには14〜18lbを巻いて琵琶湖用に使用。
 
ZILLION_SVTW_4
左が従来の超々ジュラルミン製SVスプール(浅溝)、右がジリオンSV TWのG1 SVスプール(深溝)。G1 SVスプールはベアリング側のシャフト径が少し細いですが、SLPの製品対応表で互換性があると記載されています。もちろん、装着にも問題ありませんでした。
スティーズ SV TWのスプールも同様にシャフト径が細いので、これも回転の立ち上げの早さに貢献しているのかもしれません。

ただ1点、ジリオン SV TWのスプール重量は、従来のSVスプールとほぼ同じ約12gで、スティーズSV TWのスプールが約9gに対して微妙に不満だったのですが...


なんと、今年のSLP新製品
G1 SVスプールが追加されてるっっ!

スプール内部が肉抜きされて軽量化されているので、おそらくスティーズ SV TWと同じものです。しかも浅溝と深溝の2種類あるので、いろいろと使い分けできそうです!!

STEEZ SV TWセミオーダーシステムといい、
今年イチバンの注目はSLPかも!

あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
16ジリオンSVTW

これが今年一番の注目!
ダイワ ジリオン SV TW (DAIWA ZILLION SV TW) !!

どちらかといえばシマノのリールやロッドを好んで使っていますが、それでも今年はコレに決まり!

ジリオン Jドリームを使った時、その巻きパワーと巻き感度を体感し、T3 SVSVスプールとTWSの圧倒的な使いやすさに感動したオイラ的には、ジリオン SV TWがまさに最終系!!
スプール径が34mmに変更され、スティーズ SV系とも互換がある事から、従来の重量級ルアーだけではなく、幅広い使いやすさが期待できます。これまでのシマノ メタニウム的なポジションになるのでは?!と勝手に妄想!

とにかく、
タフさを備えて、原点TD Zに還ってきた!!
むしろTD Xかな...?

漁師のように毎日釣りに行くならば、シマノ以外にリールの選択肢は無い!という個人的な考えを持っていますが、ジリオンならばサンデーアングラーに十分すぎる耐久性を持っているハズです。
シマノはPEまでデジタル制御できるハイエンドDC機種と、ローエンドで高性能なリールの2極化が進み、ダイワはリーズナブルで手堅いラインナップになっていると感じてます。

もうすでに店頭に並んでいるので、春のスコーンはコイツで巻きたいっ!!

16スティーズSVTW
あと、スティーズ SV TW...これは見なかった事にします。
初めてスティーズに興味湧きました。ヤヴァイ!!


個人の感想ブログですが何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
sv_series_main
北米のダイワ公式サイトに登場した新型SV。
ああ、アルファスSVの北米番ねっ・・・て

もう1つは何よコレ ?!

ジリオン的な形状にSVスプール
103番台という事は、まさか34mm径スプールの廉価型ジリオン?

北米のラインはポンドテスト(表記lbでは切れない)なので、国内のポンドクラス(表記lb未満なら切れない)とはキャパが異なるのですが、ダイワはどうも国内基準のような....北米のスティーズSVとラインキャパが同じなので、34mm径のスプールなのか、ジリオン用の浅溝36mm径なのか気になるところです。

もう1つ。TWSじゃない・・・パカパカしないのね。


いいんじゃないコレ!

90mmロングハンドル、カラーリング、バリエーション.....
この2台でベイトは完璧やんっ?!

引用元:DAIWA


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ



    このエントリーをはてなブックマークに追加
ZILLION_TW_main3

ダイワの公式サイトにジリオンTWがアップされてます!
去年から北米で話題になっていたジリオンTWS、何だかSの字が省略されていますが、間違いなく同一品! ベースカラーは地味目の黒ですが、その分フォルムが特殊的なので存在感は強く、色使いもイイ感じだと思います!


動画を見ながら、いろいろと妄想を広げる日々。
フィッシングショー後、すぐ発売されることを期待します!!

引用元: DAIWA 

あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっとしていただけると嬉しいです!!

バス釣り ブログランキングへ



    このエントリーをはてなブックマークに追加
zillion_combo
2014ICASTで発表後、発売が待たれるジリオンTWS 年内にギリギリ北米リリースかな><

同名ブランドのジリオンロッドもリニューアルされ、すでに発売開始されている様子。
型番などの詳細は前回の記事か、USダイワのサイトを参照してください。


で、プロジェクトTのPVも更新され、エピソード4ではロッドについて紹介しています。

気持ち良さそうに、思いっきり曲げてるな〜

個人的には、タトゥーラロッドのように、スピニングのドロップショットモデルがあれば完璧なのに!と思っています。それでもSVFカーボン、ネジレ補正のX45カーボンエアリールシートなど、結構なハイエンド仕様なのに、230〜290ドルっていう価格帯がホントにリーズナブル!
個人輸入とかすると、結局送料でハイエンドな価格になっちゃいますが。。

アメリカ羨ましいー

日本でももっとバス釣り人口が増えれば、生産量が増えて、高品質低価格化になるのかな??
あ、プレミア競争が先行するか^^;
引用元:DAIWA

あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)

ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ZTWS
ジリオンTWSダイワの本気やね!コレ!!
ざっと特徴挙げてるだけでキリがない。

・3mm幅の広くなった27mmワイドスプール
スプール材質超々ジュラルミン製
スプール重量15.7g
スピードシャフト
ピニオンギアハイパーデジギア仕様両端ベアリング支持
ドライブギアの直径は40mmと、ジリオンから9%大型化
・などなど

ワイドスプール化でキャスト時の糸巻き径が安定するのは分かるし、その欠点をTWSで補うって発想はオイラ的にアリアリ! シマノで言えば、むしろスコーピオンやスコーピオンDCこそ、メガホン型のレベルワインド付けてほしい所。
ダイワリールがメインなら、タトゥーラを中軽量級に使って、TWSジリオンを中重量級に使うとかが個人的理想!

とにかく、詳細はプロモーションビデオ第三弾(EPISODE3 " NEW ZILLION-TWS")で!




最後は定番のTo be Continued
・・・こりゃ第10弾までいくかなぁ。。

で、北米11月発売、そのあと国内版すぐ発売かなぁ。。

引用:DAIWA ProjectT


個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加
ジリオンTWS
北米で発表されたジリオンTWS、まだオイラのバス釣りタックルじゃありません><

チラホラと北米のネットショップで表示はされていますが、どこも在庫無しの入荷未定状態。タトゥーラHDジリオンロッドなど、他の新製品は出始めているんですけど。。

タックルウェアハウス(Tackle Warehouse)なら入荷日がある程度分かった段階でサイトに出るので、安全な個人輸入ならココで入手しようかと考えています。



ジリオンTWSのPVエピソード2です。ドラグが出る時に音鳴ってない?とか、夏に国内発売予定のモアザンPE SVとのスプール互換など、気になる事はてんこもりで期待だけが膨らむのですが・・・・



まさか



エピソード10流し終わるまで北米でも発売しないとか?! 



無いですよねっw 

発表された他の製品、ジリオンロッドタトゥーラHDなどは、北米の店舗で着々と販売準備されているのに、ジリオンTWSだけ音沙汰ないのは心配で仕方ありません。昨年のプロジェクトTはエピソード10まであったので、まさかとは思いますが。。(続く


引用:DAIWA



個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ

    

    このエントリーをはてなブックマークに追加
zillion_rods
海外でジリオンTWSが発表されましたが、ジリオンロッドもリニューアルされるようです。

予定販売価格が229〜289ドルで採用技術てんこ盛り!
ネジレ補正のX45、HVFより筋肉質なSVFカーボン、オリジナルのカーボンエアリールシート、アルミニウムのクランプナット、SICリングKガイドなどなど。

国内で定番のハイエンド技術をベースに仕上げられたアメリカンロッドって気になりませんか?!琵琶湖などの大規模フィールドがメインの人には魅力的だと思います。
昨年、北米ではタトゥーラロッドがX45やSVF採用で150〜170ドルで発売されていますが、国内未販売で、おそらくジリオンロッドも出ないでしょう。ホント、この価格帯は反則です><
追記:タトゥーラロッドは代理店経由で少数輸入されていました。
【NEWジリオンロッド(NEW ZILLION BASS RODS)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
Jドリーム
ダイワ ジリオン Jドリーム、世間ではモリオンとかモリジリとか呼ばれているリールです。
ジリオンTWSの発表で興奮が冷めない中、今更のダイワリールの思い出話となります。


清水盛三さんの厳しい注文に、ダイワの技術陣が全力で答えたというリール。確かに高いクオリティを感じますし、普段シマノリールを使っているオイラが思わず手にした一品です。

一番気に入っていったのは巻き心地!!MMギアのアンタレスを使っている今でも、Jドリームの巻き心地は好きです!!

あと、スプール径36mmなのに本体が非常にコンパクトで握り易く、サムレストを通じてルアーの振動や魚のアタリを敏感に感じ取る事ができました。リールに感度が伝わる、という事を初めて実感させてくれた機種です。巻取長71cmというのが個人的に使い易いスピードなのかもしれません。似たような巻取長のシマノのアルデバランや、ダイワのスピニングリールも好きです。







忘れちゃいけないのが








日の丸サイコー!!

ネットや雑誌の広告で見ていた分には何コレ?って感じでしたが、実物見ると大和魂に火がつきましたw


Jドリーム写真
ちょっと雑な扱いしちゃいましたが、丈夫でタフなヤツです。
写真コレしかないんですが、GルーミスのNRXとの組み合せが、見た目的にバツグンに合っていました。


Jドリームは、普段ダイワのリールを使っている人からみてブレーキが強すぎる、といった意見もあるようです。オイラ自身もそれは感じましたし、5〜7g前後の軽量ルアーの扱いが難しかったので、メインとして使う事が少なくなりました。遠心ブレーキを使い慣れているのもあるでしょうが、現行のアンタレスが軽量のルアーも比較的投げやすかったので、結局シマノリールがメインになっています。


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ZILLION TWS
新型のジリオンTWSが搭載されるようですね!
15日(日本時間の明日)から北米で開かれるICAST2014で発表されるみたいです。



すでに公開されているPV!
期待感MAXに煽ってくれます!!


ZILLION TWS
ジリオンTWSの重量は7.5oz(約213g)、スピードシャフト、マグフォースZ搭載。
ギア比は3種類で5.5、6.3、7.3、巻上長で約61cm、71cm、82cmとなるようです。
スプールはA7075超々ジュラルミン、糸巻量は現行ジリオンと同じ、価格は$299.95のようです。


iimage
結構渋い!!
TWSは見た目が好きじゃなかったんですが、これは悪くないと思います。
ジリオンのデザインを残しつつ、今風になった印象です。
贅沢言えば、国内版には日の丸を・・・・

って、日本でも出しますよね?ダイワさん??

待ちきれないから個人輸入でもいい!北米はいつから出荷だろー(続く

引用: DAIWA ProjectT


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっとしていただけると嬉しいです!!

バス釣り ブログランキングへ


 

このページのトップヘ