俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

エクスプライド

    このエントリーをはてなブックマークに追加
expride_new
2017年 NEW エクスプライドで全モデルリニューアル!!
な今年ですが、


expride_old
昨年から使用頻度が多かったのがコチラ。
旧エクスプライドの4機種です!!

168MH ジグ用(どうしようもないカバー遭遇時用)
1610M 巻物用(広いエリアで途方にくれた時用)
264UL+ ライトリグ用(見えバスに投げてみる用)
266L ライトリグ用(主にコレで魚釣る用)

全て1ピースモデルで、過去の2ピース主体(168MH-2166M-2266L-2 etcetc)から少しだけ趣旨替えしています。

だって....
クランク用とULの2ピースがないからっ!!

...その後、新エクスプライドで2ピースモデルのUL出ちゃいました。
264ULは旧エクスプライドに無かった型番で、ピンスポットへのライトリグ直撃やサイト用に良さそうですb


ただ、自分には、バス釣り用ロッドは1ピースモデルがいいと、改めて感じました。
昔のような
1ピースが全てにおいて絶対!!
は薄れましたが、キャスティングの心地よさは1ピースがダントツです。

「エクスプライドは棒である」と形容される事が多いみたいですが、2ピースは特にそれが顕著で、竿全体にルアーの重みを乗せにくいイメージとなり、なんだか投げにくいっ!!!
キャスティングが致命的に下手なオイラにとって、道具が助けてくれない状態は痛手です。

ただ、感度に関しては2ピースの方が自分好みで、リフティングパワーも十分でした(継ぎ目のノイズが影響している?)。
もしかすると、ポイズン アドレナ センターカット2ピースの商品説明にあるように、2ピースはティップとバットで個別の味付けを設計しやすいのかもしれません。
さすがにエクスプライドの価格帯で2ピースの弾性までは変えていないでしょうが、ティップ側のピースを繊細に、バット側を強靭にすれば、感度とリフティングパワーは良くなりそうです。ただ、1本としてのバランスは統一感が失われるので、全体でルアーなどの思いを受け止めるのは苦手かもしれません。アドレナ2ピースも使用してみてそれでも投げにくかったのは秘密。。。


要は、普通にキャストできる人なら
1ピースと2ピースで差がない?!
よーな感じになってきたと思います。後は個性の使い分けかと!


個人の感想ブログですが、ポチっと押していただけると嬉しいです(≧▽≦)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
166ml
シマノ エクスプライド 166ML-2です。
166Mが比較的ハリの強い固めのロッドなので、1ランクパワーを落としてみました。

最初にベイトタックル揃えるとして、エクスプライドを選択するならMLやね!と感じた竿。
とにかく、7g〜10g程度のルアーが使いやすい!使用範囲が広く、無理すれば7gのジグを使えない事もない、中量級バーサタイルなイメージです。

エクスプライドで汎用性を求めるなら、このMLか168MHがオイラ的にオススメ!
特化型ならPFシリーズとCRシリーズが好きっ!!

166ml
とりあえず13メタニウムをセットしています。
アルデバランとかダイワのSS SVの方が軽量ルアーの使用感は良くなりそう。

竿の使用範囲が広いと、セットするリールによって色々使えるから便利ですb


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
171H-2
シマノエクスプライド 171H-2です。
現時点の手持ちのロッドで最強のパワーを誇りますb

シマノのエクスプライドのページでは、
先日BASSオープンで優勝した深江プロシマノのページでエクスプライドの使用感を語ってます。
これ、自分で使っていると納得できるコメントです。

171H-2
スペックは以下の通り。
 ・2.16m(仕舞寸法111.3cm)
 ・Hパワー、ファーストアクション
 ・ライン:12-30LB、ルアー:12〜36g

フロッグやパンチングに十分なパワーを持っていて、今年はコレでフロッグゲームを楽しめました^^
数値だけみると硬いだけの剛竿のイメージですが、ティップは意外と十何で、9g程度のポッパーでも投げれます。 フロッグでバスが出た時も、キレイに吸い込んでくれたのでガッチリとフッキングが決まりましたb

表記スペックではスペックオーバーですが、ジョインテッドクロー 178 もキャスト可能。



まさに


重量級バーサタイル!

えと、スペックオーバーなのであくまでも自己責任でお願いしますm(__)m


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_4542
シマノ エクスプライド 166M-2、かつてオイラのバス釣りタックルでした。
(1.98m、M、レギュラーファースト、ライン:10-20LB、ルアー:7〜21g) 

6.6フィートのミディアムパワーのベイトロッドで、1ピースと2ピースモデルがあります。まさにオカッパリバーサタイルで、最初に購入を検討する1本だと思います。

確かに、5gのライトテキサスや、7gのラバージグ、3/8〜1/2osのスピナーベイトと、実に幅広く快適に使えました。2ピースでも感度も良く、繋ぎめの曲がりが若干ぎこちないですが、十分なしなやかさとパワーを持っています。

IMG_4543
ルアー表記は7〜21g。最近のロットでは、オンス表記(1/4〜3/4oz)も併記されています。

ジャークベイトやクランクも使えますが、9g以下だと若干投げにくかったです。これなら、168MHで9g以下のルアーをなんとか扱って、やや重めのルアーメインでタックルボックス構築しなおしてもいいかな?というのが正直な印象。

他社のミディアムパワーの竿より固く、MHより少し弱い竿といった感じです。じゃあ少し重めのルアーって事で、ルドラのような大型ジャークベイトをジャークしたり、底物を使ったりもしましたが、どうもテーパーが曲がりすぎました。これならいっそ、ファーストテーパーに仕上げてくれた方が使いやすかったかも。。 ←オイラはファーストテーパー好き

なので、エクスプライドでバーサタイルな竿を探すなら、1610Mの方が良さそうです(レングスが長い分166Mより気持ち弱めの印象になるかな?)。または竿を2本持って、軽め用に166ML、重め用に168MHがオイラの理想b

ただ、最近のロット(ルアー重量にozが併記されている)の166Mを触った時、少し違う印象を受けたので何らかのマイナーチェンジが入っているかもしれません。機会があれば試してみたいです^^


あくまで個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。

バス釣り ブログランキングへ  


    このエントリーをはてなブックマークに追加
久々に使ったダイワのベイトリールT3SVオイラのバス釣りタックルです^^
ダイワのリールにはダイワのロッドが似合います!

写真はダイワのエアエッジ 662MBの組み合せ。
T3 SV+エアエッジ

でも、意外とシマノのエクスプライドにも合います。
ロッドのデザインとしては、エクスプライドの方がやや古い感じでしょうか。
T3 SV+エクスプライド
先進的なデザインのT3ですが、意外とどんなロッドとも合わせられそうです。
シマノオンリーとか、ダイワオンリーとか、こだわりを無くせばもっと幸せになれる気がしてきましたw


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村

バス釣り ブログランキングへ 


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
shin-fukae-img_7111
深江プロがやりましたっ!!



深江真一選手がアメリカのBASSオープンで優勝し、クラシック出場が現実のものに?!


おめでとうございますっ!



今年からシマノのロッドを使用されていたハズですが、試合中タックルが気になりますw
最終日出撃前のボードにもエクスプライドが搭載されています。・・・スピニング5本?

深江選手が渡米した頃、セントクロイ(St. Croix)のスピニング(6.6フィートMLあたり)を複数本使用されていた記憶があります。試合でも、同じロッドをセッティング違いで複数本搭載しているのかもしれません。

試合中のタックルはよく分かりませんが、深江選手のブログを見ていると、エクスプライド2610MLヴァンキッシュ2500HGSにPEラインのセットが多そうです。これ、日本でも跳ねジグ用にピッタリの組み合わせじゃん!

あとはエクスプライド173MH-PFをテキサス用、173XHをスイムベイト(フィッシュアローのビビッドクルーズ)用、グラスロッドの173MH-CRメタニウムHGの組み合わせでバイブレーション巻きまくり用!といった感じのようです。

173MH-PHは10g程度のリグをピッチングするのに最適で、琵琶湖でも年中活躍できる竿です。173XHは夏の琵琶湖くらいしか使い場所思いつかないですが、ビッグベイト用とすれば全然アリかと。グラスの173MH-CRは5m程度のクランク遠投やカバークランキングに良さそうで、国内なら170M-CR1610ML-CRの方が使用範囲広そうです。







しかもこれ全部







見事に新製品!

今年発売されたロッドを完璧にプロモーションされ、しかも試合でキッチリ結果出してる!!(エクスプライドはいい竿です)そして、このエクスプライドは北米でも発売されるものばかりです。



世界のエクスプライド!!

来たねーーー まるで自分が推していたローカルアイドルがメジャーになった気持ちw

さ、持っていない番手を物色するか・・・




あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ 
 


    このエントリーをはてなブックマークに追加
写真
シマノ エクスプライド 246ML
(1.93m、ML、レギュラーファースト、ライン:5-10LB、ルアー:4〜12g) 

将来欲しい番手の1つ。1度借りて1日使い倒した事あるのですが、PEとの組み合せで40up後半をバコバコ強引に釣り上げたタックルです。スペックだけ見ると強めの竿ですが、実際めっちゃ強いですw

強めの竿ですが、テーパーが素直なので、1/16oz程度のジグヘッドも使用可能でした。魚が掛かってもグイグイ浮かせる事が出来ましたし、何より長さが適度に使いやすい!!

阿修羅やパワーダンクのような引き抵抗のやや強い小型プラグなんかにも良さそうです。オカッパリなら、6〜8LBフロロ巻いてこれ1本の方が汎用性あるかも。。


あれ?これって昔流行ったパワーフィネス(死語)?!


今ならベイトフィネスでできるじゃん!って事ですが、スピニングリールの方がドラグ楽だし、リールが下に付いている方がジャークしやすいなぁと思ったり。2ピースモデルもあるので、8〜10LBくらいのナイロンライン巻いて、遠征先に持って行ってプラグ巻き倒したいと夢見てますw







でも、跳ねジグをやるには短すぎ、フィネスには強すぎて、人気ない竿なのかもしれません。







廃盤になるのが心配っ!!

シマノさんやめてよ〜 ←早く買えって事かw


と、あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ 
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
264UL+
シマノ エクスプライド264UL+は、今まで使ってきたスピニングで一番のお気に入りロッドで、晩秋〜初夏まで大活躍した竿です。ウィードびっしりな場所で無ければ、全然夏でもコレ1本ですb
(1.93m、UL+、アクション:レギュラー、ライン:3-8lb、ルアー:2〜10g) 

レギュラーテーパーでカーボン含有率88.4%と、ダルさを持たせたミドスト専用竿のようなスペックですが、ハイパワーXでガッチリ固められていて、柔軟な中にもシャッキリ感が残っています。自重も97gと軽く、シマノ ヴァンキッシュ C2500HGS(自重185g)との組み合せで1日中シェイクしても疲れません。



1日集中できるの大事b


写真
この竿が好きな理由はただ1つ。

 ・最も多くの50upを掛けた竿である事。
 ・50後半が来てもバットがジワジワとバスを浮かせてくれる事。
 ・華奢なのにまるで折れそうな気配が無い事。 ←コレ大事。

です。数えたら3つ理由がありました。


他のエクスプライドに比べて感度が若干鈍いですが、3〜4月のアタリが不鮮明な時期でも十分通用しました。ガイドが小口径で多い事と、パーフェクションシート(CI4)の効果なのかもしれません?!







ってかエクスプライド全般、








感度響きすぎて辛いw


オカッパリだと、ノーシンカーのオフセットフックが小石に当たるだけでドキッとします。
あとガイド数が多いんで、投げ方がギクシャクなオイラには、テクニカルなキャストが難しい部分もあります。小規模な場所なら、ダイワのエアエッジ261LS、262LS(264UL+は似たような調子です)の方が使いやすいかも・・・と思ったりw


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
263L-S/2
シマノ エクスプライド 263L-S/2、一番最初に入手したエクスプライドです。
(1.93m(仕舞寸法98.2cm)、パワーL、アクションFF、ライン:4-8lb、ルアー:3〜10g)


軽量で丈夫なソリッドタフテックに興味があった事と、海外に2ピースロッドを持って行こうと考えていた事もあり入手。価格設定がリーズナブルなのも良かったです。







そして







見事裏切られる!!

ホント、良い意味で期待を裏切られました。


263L-S/2
まず意外と感度がいい!

2ピーズでソリッドティップが嘘のようです。タフテックは先重りするような感じもなく、アタリが弱い時でも穂先の微妙な動きでアタリが分かります。ウィードの中のジグヘッドも難なくこなし、ミドストやソフトベイトのジャークにも使えない事なない、そんなマルチな使い方をしていました。


ただ、264UL+266L2610MLと機種が増えるにつれ、出番が減ってしまった事は否めません。


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
image
エクスプライドを数機種使ってきましたが、マニュアル操作のお手本のような竿だと感じています。
キチンとしたフォームでキャスティングし、アタリをちゃんと合わせ、魚を丁寧に取り込む、そういった一連の動作に的確に答えてくれます。

CI4マテリアルのリールシートとKガイドの恩恵だと思いますが、2pcでも感度は良く、ウィードの上っ面を舐めながら進むスピナーベイトの感覚がよく分かります。


ただ、決してオートマチックな竿ではありません。
ワールドシャウラのようにルアーの重量を乗せやすく、かつ大口径なガイドの竿だと、適当に投げてもそれなりに飛びましたが、エクスプライドは投げ方で極端に飛距離が変わります。
ロードランナーのようにフッキングの強い竿では、竿を立てるだけでジグがバスの顎を貫いていましたが、エクスプライドはキチンと合わせが必要です(大げさな全力フッキングは不要ですが)。

当たり前の事を当たり前にする、その事に機敏かつ的確に答えてくれる。エクスプライドはそんなイメージです。決してハイエンドではないけれど、長く使い込んでみたくなる竿。
もし自分の子供がバス釣りを始めるなら使わせたい!








でも








嫁や娘には使わないっw


楽チンにバス釣りを好きになってもらえるよう、もっとオートマチックなタックル渡します。
その場合、ロードランナー5100LSとかルーミスGL3のSJRあたりが候補です。


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
バス釣り ブログランキングへ

このページのトップヘ