俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

エアエッジ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
リベリオン662MLRB
誇り高き“反逆者”たちのウェポン、リベリオン。聖なる剣は、野心的な若きトップガンたちが日々研ぎ澄ましていく。(ダイワ公式サイトより)

力の入ったプロモーションで2020年にデビューしたダイワ リベリオン 662MLRBです。
前宣伝の段階で賛否が分かれてますが、これからのバスロッドにおいて新しい流れを作っていこうとする熱意が感じられます。
それは、フィッシングショーでプロスタッフによる商品宣伝の後、村上晴彦さんが登場したことからも伝わります。

フィッシングショー
リベリオンを一緒に見ていく。
ただし、調子には口を出さない。出すとハートランドになるから。
リベリオンは今までとは違う、釣れる竿みたいな別の進化を期待している。

少し違うかもしれませんが、そういった趣旨を話されていました。

リベリオン662MLRB_2
そのリベリオンですが、
圧倒的な感度っっ!!

最初に使って強く感じたことです。

もちろん、シマノポイズングロリアスダイワスティーズなど、ハイエンドロッドがもつ本質的な素材性能には及ばない部分はあります。
ですが、自分の中で利用頻度が高いスティーズ マシンガンキャスト0.5と比べても、携帯性を重視したい時はセンターカット2ピースのリベリオン662MLRBで代用してもいいか!取り損なう魚はいない!と感じさせてくれます。
例えば、3〜4mラインの浚渫をダウンショットで探る、遠投したライトキャロで川底の状況をつかむ、ついばむようなアタリを察知する...そういった感度は、今まで触ってきたこの価格帯でロッドで一番分かりやすく、ワンランク抜けた感じがします。
(感度の伝わり方は人の好みや釣り方によって変わるので一概に言えませんが)

どうして高感度?!
まず、リールシートにダイワオリジナルのエアセンサーシートが使用されています。
これはカーボンファイバーを使用したリールシートで、感度と強度を軽量化に貢献しています。
スティーズレーシングブラックレーベルBLX、19年モデル以降のスティーズに使用されていて、明らかに今までのリールシートより感度の伝わり方が明確です。

加えて、エアエッジEシリーズより高弾性なカーボンを使用しているそうです。
これはフィッシングショーで開発者やプロスタッフの方にお聞きしました。
高感度な分だけ強度低下が心配ですが、カーボンテープをブランクス外層から巻き上げるブレーディングXの密度アップで補強されてそうです。
加えて、ブレーディングXの密度アップは竿の捩れを抑えるので、ダイワのバスロッドの中でもトップクラスにブレの無いキャストを実現していると感じました。
ブレーディングX比較
左:リベリオン652LFB  右:エアエッジ 652LB・E

ブレーディングXの密度は、ロッドの番手や特性に応じた適用箇所によって違うと思いますが、ハッキリと旧機種とは違うように見えます。

また、斜め方向のカーボンテーブであるブレーディングXに加えて、X45による斜め方向のカーボンシートが加わることで、二重の捩れ補正効果が作用しています。

あくまでも個人的な感覚ですが、キャストぶれの無さだけに限定すれば
ハイエンド機種に匹敵
...してると思います。

さらに、高感度&ブレーディングXの密度アップは、ロッド全体に適度なハリを持たせ、フッキング時の瞬間的なパワーや、ロッド全体で魚をいなす力強さを付与してくれます。

実際、初実釣りで川スモールバスの45upを2匹ゲットしましたが、かなり余裕のあるやりとりでした。

その反面、全体的なハリの強さは、従来のダイワロッドのようなマイルドで懐の広さを失っています。
キャスト時のルアーウェイトの乗せ方に慣れるまで違和感があったり、魚をかけたあとのパワーは強いながらもギリギリ曲がり込まれた時の粘りも弱いと思います。
あと、エアセンサーシート周りの軽量化の影響の為か若干先重りを感じ、リールをセットした状態でもバランスがパーフェクトではありません。

それでもこうした欠点はすぐに体に慣れるレベルのもので、リベリオンがこのボリューム価格帯の性能を1つ進化させたことは間違いないと思います。

聖剣合体2ピース
聖剣合体(センターカット) 2ピース!!
初めてリベリオンを使ってバスを釣った後、勢いそのままフィッシングショーに行きました(笑)

携帯性に優れた2ピースモデルのラインナップも充実したシリーズで、この性能を担保できるのは正直驚きです。
「スティーズじゃなくてもいいかも..」
本気でそう思わせてくれた竿です。
(すぐにハイエンドモデルもさらなる進化を遂げちゃうんですがw)

あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです
(≧▽≦)
▼一通り揃えたいモデル

    このエントリーをはてなブックマークに追加
632LB
ダイワエアエッジ632LB、オイラのバス釣りタックルです。
最近、各社が手頃な価格帯で高性能なロッドをリリースしてきていますが、これも中々いい感じですb

ダイワのエアエッジは、1ピースモデルと2ピースモデルが充実している所が大好き!ビッグベイトまで投げられそうな732HXHBや、1ozクラスのプラグも巻けるグラスモデルの662MB-Gなど、2ピースモデルだけで世界中のバスをターゲットにできそうです。

632LB
632LSはL表記ですが、オイラ的な感想はULのパワーアップ版。丁度、シマノエクスプライド264UL+あたりが競合になりそうです。エクスプライドのスピニングは比較的強めなので、よりフィネスに攻めるならエアエッジという選択肢もアリだと思います。

632LB
高脚型ガイドはキャスティングしやすく、3インチクラスのノーシンカーでもシャープに投げれました。ガイド数は7個と、競合のエクスプライドに比べると少ないのですが、その分トップガイド周辺がより小口径になっています。

エクスプライドがかなりしっかりとしたバットなのに対し、エアエッジは全般的にバットまでしなやかです。ある程度オートマチックに魚を寄せられるのがエアエッジなら、50upの急な突っ込みもマニュアルで殺す事ができるのがエクスプライドというのがオイラの印象。後は好みだけ!

これで実売1万円台中頃なら、旅のお供用に1本あってもイイかな〜


個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ
 


    このエントリーをはてなブックマークに追加
662MB
ダイワエアエッジ662MB、オイラのバス釣りタックルですb
何故かシマノ13メタニウムがすっげ似合う竿!!

662MB
いや、ダイワT3SVももちろん似合いますよw


6.6フィート、ミディアムパワー、2ピースの携帯性、そして実売1万円台で一昔前のハイエンド並の性能を誇るという、どこかで聞いたエクスプライドのような竿です!

その性能は十二分に納得!!

同じ6.6フィートミディアムのエクスプライド166M-2と比較し、若干柔らかな印象です。どちらかと言えば、このエアエッジ662MBの方がミディアムバーサタイルな竿です。エクスプライドは少し固めなので、エクスプライド166ML166Mのとの中間がこのエアエッジ662MBなイメージ。

十分なテストで独特な味付けを施されたエクスプライドに対し、エアエッジの方は非常にスタンダードでいい意味で普通の竿です。オイラなら、初めてベイトロッドを手にする人にはエアエッジを、ある程度経験のある人ならエクスプライドを勧めます。

662MB
エクスプライド166M-2
が10個のガイドなのに対し、エアエッジ662MBのガイドは9個です。その分、圧倒的に662MBの方が幅広いルアーをキャストしやすい!!166M-2の方が感度は良かったですが、662MBも十分敏感で、むしろ粘りは662MBの方が上じゃないかと思います。

普通に使いやすいのが662MBで、魚が掛かった後とか、ちょっと普通よりこうなっていればいいな〜的なクセがあるのが166M-2といった所

あと、エクスプライドの方がコルクの質が良さそう、ロッドベルトが付属しているなど、少し優位(?)な点もありますが、その分価格が少し高いです。だけど、本質的なブランクスの性能にコスト差は無いんじゃないかな?と感じてます。

662MB
しかし、エアエッジは2ピースの継ぎ目がキレイ!!
これは好き♪




ホント、この製品たち



お互い住み分けてるっ

どっちを買っても間違いは無いかと。
2ピースでこれなら、1ピースモデルはもっとイイかもしれません!!


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加
久々に使ったダイワのベイトリールT3SVオイラのバス釣りタックルです^^
ダイワのリールにはダイワのロッドが似合います!

写真はダイワのエアエッジ 662MBの組み合せ。
T3 SV+エアエッジ

でも、意外とシマノのエクスプライドにも合います。
ロッドのデザインとしては、エクスプライドの方がやや古い感じでしょうか。
T3 SV+エクスプライド
先進的なデザインのT3ですが、意外とどんなロッドとも合わせられそうです。
シマノオンリーとか、ダイワオンリーとか、こだわりを無くせばもっと幸せになれる気がしてきましたw


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村

バス釣り ブログランキングへ 


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
264UL+
シマノ エクスプライド264UL+は、今まで使ってきたスピニングで一番のお気に入りロッドで、晩秋〜初夏まで大活躍した竿です。ウィードびっしりな場所で無ければ、全然夏でもコレ1本ですb
(1.93m、UL+、アクション:レギュラー、ライン:3-8lb、ルアー:2〜10g) 

レギュラーテーパーでカーボン含有率88.4%と、ダルさを持たせたミドスト専用竿のようなスペックですが、ハイパワーXでガッチリ固められていて、柔軟な中にもシャッキリ感が残っています。自重も97gと軽く、シマノ ヴァンキッシュ C2500HGS(自重185g)との組み合せで1日中シェイクしても疲れません。



1日集中できるの大事b


写真
この竿が好きな理由はただ1つ。

 ・最も多くの50upを掛けた竿である事。
 ・50後半が来てもバットがジワジワとバスを浮かせてくれる事。
 ・華奢なのにまるで折れそうな気配が無い事。 ←コレ大事。

です。数えたら3つ理由がありました。


他のエクスプライドに比べて感度が若干鈍いですが、3〜4月のアタリが不鮮明な時期でも十分通用しました。ガイドが小口径で多い事と、パーフェクションシート(CI4)の効果なのかもしれません?!







ってかエクスプライド全般、








感度響きすぎて辛いw


オカッパリだと、ノーシンカーのオフセットフックが小石に当たるだけでドキッとします。
あとガイド数が多いんで、投げ方がギクシャクなオイラには、テクニカルなキャストが難しい部分もあります。小規模な場所なら、ダイワのエアエッジ261LS、262LS(264UL+は似たような調子です)の方が使いやすいかも・・・と思ったりw


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ


このページのトップヘ