俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

インプレ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
EP164LBFS_1
今年の一押しタックルが、シマノ2017 NEW エクスプライド 164L-BFSです。
エクスプライドのベイトフィネスモデルで、キチンと使い込んだ初めてのベイトフィネスタックルになります。

いや、もう...
ベイトフィネス最高!!
どうして今まで手を出さなかったんだろう...

これまでライトリグや軽量プラグを使用する場合、琵琶湖のような場所であっても、5〜6lbフロロのスピニングで十分だと感じていました。中途半端にラインを太くするより、しっかりドラグが効いた方が結果的に魚は取れると信じていました。
リザーバーのボートなら4lb以下に落としますし、カバーにライトリグ投げるならパワーフィネスの方が使い勝手がいいと思っていました。
ベイトフィネスでバシバシ手返しを求められるほど、シビアな釣りはできませんし....

そんな概念が木っ端微塵 !!
本当に喰わず嫌いでした。

何より
ベイトで釣る楽しいっ!!



それから
ベイトな俺カッコイイ!!



それ以外にベイトフィネスのメリットは
正直何も感じません(笑)

ただ感じたのは、スピニングで使いにくい8lbのフロロラインで、ライトリグを扱いたくなるシチュエーションでのメリットです。

冬場のリザーバーのちょっとしたカバーで、パワーフィネスより的確に底を取りたい..
または、根掛かりの多い陸っぱりを1本のライトタックルで攻めたい..
実際、ベイトフィネスの導入は、近距離でヒットした魚にカバーに巻かれた時に決めました。

EP164LBFS_2
使い込んだベイトフィネスロッド164L-BFSが初めてですが、165L-BFSなどの旧エクスプライドBFSシリーズを触った時より、明らかにティップが繊細になり、しなやかさが増しています。2.7g程度のスモラバ、4インチカットテールのネコリグ、軽量シャッドプラグなどが快適にキャスト・ピッチングできます。

また、マイクロガイドの感度はかなり良好で、同じ2017 NEW エクスプライドのスピニングロッド266Lより繊細さは上だと感じています(266Lの方がティップに張りがあり、セミマイクロガイドな事も影響していると思います)。
遠投やシャッドなど幅広い用途なら266Lの方が快適で、近距離や底物での感度と操作性をメインに考えるなら164L-BFSの方がいいイメージです。

さらに、ティップが繊細になったにも関わらず、ベリーからバットのパワーは増していて、魚を寄せるのが楽になっています。パワーが増したといっても、

ワールドシャウラゾディアスに比べると、いい方向に張りがあるので、固い棒だと感じるかもしれませんが、魚がかかった時はキレイにロッドが曲がって機能してくれます。
シマノバスロッドは、ベリーからバット部分がキッチリ曲がるけど強いイメージで好きです^^

17 エクスプライド 164L-BFSスモールマウスバスの40upを上げた動画をアップしているので、よければ見てください!(→リンク

あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです
(≧▽≦)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1012SVG1_2

今年発売されたRCS ベイトキャスティング SVスプール 1012 G1です。
昨年から使用率の高いジリオンSV TWに組み込んで使用しています。

1012SVG1_1

ジリオン SV TWのノーマルスプール(こちらG1素材のSVスプール)に比べ、浅溝になので糸巻き量が少なめです。糸巻き量が減った分、最終的なスプール重量が軽くなるのでライトテキサスや軽量ルアーが使いやすくなります。


sp_1016
↑ ジリオンSV TWのノーマルスプールを横から撮影した写真。


sp_1012
↑ RCS 1012 G1 SVスプールの横から撮影した写真。

RCSのSVスプールG1の内部には、ジリオン SV TWのスプールには無かった肉抜き処理があり、これだけでかなりの軽量化になっています。スティーズSV TWのスプールにも肉抜きがあるようで、RCSのSVスプールG1と同じく軽量になっています。

wt_1016
↑ ジリオンSV TWのノーマルスプールの重量。

wt_1012
↑ RCS 1012 G1 SVスプールのスプール重量。ベアリング抜きのカタログスペックで約9g。


もう本当にカタログスペックまんまのイメージで
とにかく色々使いやすい!!

ノーマルでも幅広いルアーが使いやすいSVスプールですが、RCS SVスプール 1012 G1に変更する事で、もう1歩分、さらに使いやすくなりました。
スプールの軽量化はもちろん、浅溝になったライン重量のメリットは、特に7g以下のルアーの使用感は秀逸です。飛距離が劇的に伸びるわけではありませんが、弱めのブレーキ設定でより軽い力で自在に投げれるようになるイメージです。

ただ、逆に言えば10g以上のルアーのキャスティングは大きく変わらないです。しかし、近距離へのジグのピッチングなどの使用感は明らかに良くなっています。

SVスプールの完成系!!
といっても過言ではないかも!
糸巻き量が不足であれば、RCS SVスプール 1016 G1もあります。

劇的な違いはありませんが、あともう少し良くなればと考えている人や、用途に応じた予備スプールを用意したいのであればオススメです。

あくまで個人の感想ブログですが、参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです
(≧▽≦)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
17EXPRIDE_266L
今年イチバン多用し、まだまだ使い続けるロッドがコレ!!
シマノ スピニングロッド 17 エクスプライド 266Lです。

様々な旧エクスプライドを使ってきましたが、最近少しずつタックルを入れ替えています。
特に266Lは、旧エクスプライドの中でも使用率が高く、ネコリグやジグヘッド、シャッドプラグなどで活躍してくれました。

だがしかしっ!
旧エクスプライドで最も不満が高かったのも266Lでした><

使用頻度が高いので気になる点も増えたのですが、イチバンの不満はフッキングにあります。
オイラ自身が(6フィート前後のショートロッドをよく使っていた為)、6.6フィートの長さをコントロールできていなかったのかもしれませんが、スイープにフッキングした場合、ファイト中にフックオフする事が何度かありました。
(単純に腕の問題なのは棚にあげています)

ただこれは、旧エクスプライドのラインナップの中で強いて感じた不満点で、旧エクスプライド266Lでも十分なフッキング力とキープ力はあったと思います。それでも、同じく多用していた旧エクスプライド 264UL+と比べると、納得のいかないフックオフが何度かあったのも事実です。

ところが!!
新型17 エクスプライドは、この不満が完全に解消されています。
旧エクスプライドと比べ、バットパワーが明らかに強くなっていることがハッキリと実感でき、従来のイメージで竿を立ててしまうと、想像以上にバスを引きずり回してしまいますww
加えて、ティップの繊細さが格段に増していて、ライトリグの操作性が向上したことが感じ取れます!!

おいおい
いいじゃんこれ!!
が正直な感想。初めて使った時にたまたま50upを2匹上げたり、バス釣り大会でウィニングロッドになったり、オイラにとって色々と持っている竿となっていますっw


new_old_EXPRIDE_266L
写真上が旧エクスプライド 266L、下が17 エクスプライド 266Lです。
全体の写真が取れていませんが、エンドキャップを揃えて撮影しています。新型の方がブランク部分が長く、トップからバットガイドの距離が長くなっています。微妙な違いですが、グリップ部がコンパクトになった分、手に持った重量感が軽快になり、有効ブランクが長くなった分、余裕を持って魚をさばけるように感じます。

new_old_EXPRIDE_266L_2
同じく、写真上が旧エクスプライド 266L、下が17 エクスプライド 266Lです。
旧エクスプライド 266Lの適合ラインが4〜8lbに対し、17 エクスプライド 266Lの適合ラインは3〜6lbとなっています。適合ルアー重量は3〜10gで変わらずです。これは、ティップが繊細になったため、より細いラインに適合した為かもしれません。

あと、感度については、17 エクスプライド 266Lの方が確かによくなった気がします。
個人的には、グリップにラバーコーティングがない方がアタリを感じ取りやすいのですが、その分を差し引いても

ん?ちょっと感度よくなった??
気がします。
正直な所、2万円前後の実売価格を考えると、ポイズンアドレナに買い換えた方がよかったかもしれません。中古相場なら2万円半以下でアドレナ 266Lが買えちゃいそうです。

確かに、感度優先であればアドレナは秀逸だと思います。ただ、キャスティングからフッキング、そして魚をあげるまでの操作性は、圧倒的に17 エクスプライド 266Lが好みです。
これは、新しい設計が、流行りの味付けなどを考慮して、今のオイラ好みにマッチしているのかもしれません。
17 エクスプライドの味付けは、16ポイズングロリアスに近いのでは?とも錯覚していますw)

強いて難を言えば、バットパワーが強くなった分、強引に竿を立てすぎるとラインブレイクの危険が増しました。旧エクスプライドは、竿を立てすぎてもかなり柔軟に曲がってくれたのですが、17 エクスプライドではキチンとやりとりする必要があります。
もちろんこれは腕が悪い為の難点であって、普通に使う分にはまったく問題ありません。
むしろ、強いバットパワーが確実にフッキングを決め、魚に主導権を与えないなど、メリットの方が多いです。

圧倒的に使いやすくなり、若干でも感度がよくなったと思えるので、旧エクスプライドからの入れ替えはオイラ的に大満足ですb

17 エクスプライド 266Lでの釣行を動画にアップしているので見てください!(→リンク
(スモールマウス相手なので、ラージマウスの50upより苦戦していますがw)

あくまで個人の感想ブログですが、参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです
(≧▽≦)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
expride_new
2017年 NEW エクスプライドで全モデルリニューアル!!
な今年ですが、


expride_old
昨年から使用頻度が多かったのがコチラ。
旧エクスプライドの4機種です!!

168MH ジグ用(どうしようもないカバー遭遇時用)
1610M 巻物用(広いエリアで途方にくれた時用)
264UL+ ライトリグ用(見えバスに投げてみる用)
266L ライトリグ用(主にコレで魚釣る用)

全て1ピースモデルで、過去の2ピース主体(168MH-2166M-2266L-2 etcetc)から少しだけ趣旨替えしています。

だって....
クランク用とULの2ピースがないからっ!!

...その後、新エクスプライドで2ピースモデルのUL出ちゃいました。
264ULは旧エクスプライドに無かった型番で、ピンスポットへのライトリグ直撃やサイト用に良さそうですb


ただ、自分には、バス釣り用ロッドは1ピースモデルがいいと、改めて感じました。
昔のような
1ピースが全てにおいて絶対!!
は薄れましたが、キャスティングの心地よさは1ピースがダントツです。

「エクスプライドは棒である」と形容される事が多いみたいですが、2ピースは特にそれが顕著で、竿全体にルアーの重みを乗せにくいイメージとなり、なんだか投げにくいっ!!!
キャスティングが致命的に下手なオイラにとって、道具が助けてくれない状態は痛手です。

ただ、感度に関しては2ピースの方が自分好みで、リフティングパワーも十分でした(継ぎ目のノイズが影響している?)。
もしかすると、ポイズン アドレナ センターカット2ピースの商品説明にあるように、2ピースはティップとバットで個別の味付けを設計しやすいのかもしれません。
さすがにエクスプライドの価格帯で2ピースの弾性までは変えていないでしょうが、ティップ側のピースを繊細に、バット側を強靭にすれば、感度とリフティングパワーは良くなりそうです。ただ、1本としてのバランスは統一感が失われるので、全体でルアーなどの思いを受け止めるのは苦手かもしれません。アドレナ2ピースも使用してみてそれでも投げにくかったのは秘密。。。


要は、普通にキャストできる人なら
1ピースと2ピースで差がない?!
よーな感じになってきたと思います。後は個性の使い分けかと!


個人の感想ブログですが、ポチっと押していただけると嬉しいです(≧▽≦)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ZILLION_SVTW_1

2017年新製品の話題ラッシュの中、少し的を外してダイワ ジリオン SV TWのインプレです!
このリール、昨年のフィッシングショーで個人的にイチバン注目した製品でした。

その結論は
全てを満たす究極リール!!

オイラ的に希望する次の条件を完全に満たしています。

・キャスティングが楽チン(ある程度の飛距離、ピッチングなどの容易さ)
・逆風でもバックラッシュしにくい(下手なので)
・巻き力が強く、守備範囲が広い(たくさんリール揃えられないので)
・スプール交換が楽チン(糸の巻き替えが面倒なので)
・価格が手頃(15メニウムタDCは超優等生だけど値段が....)
 ・弱点がこれらのメリットを上回らない(笑)

とにかく軽量〜重量級ルアーまで快適に投げれる、そして逆風でもバックラッシュしにくい所がいいです!  また、ノーマルギア(巻き取り長67cm)を使っていますが、3〜4mクラスのクランクや1/2oz前後のスピナベでも楽に巻きとれるのが魅力!

ZILLION_SVTW_2
さらに、スプール交換がラクなのもポイント高いです。
10円玉でブレーキダイヤルのネジを緩めるだけでカンタンにスプールを交換できます。写真は1000サイズの蝶々ジュラルミンSVスプール(朝溝)で主に10〜12lbを巻いてます。そして、標準のG1 SVスプールには14〜18lbを巻いて琵琶湖用に使用。
 
ZILLION_SVTW_4
左が従来の超々ジュラルミン製SVスプール(浅溝)、右がジリオンSV TWのG1 SVスプール(深溝)。G1 SVスプールはベアリング側のシャフト径が少し細いですが、SLPの製品対応表で互換性があると記載されています。もちろん、装着にも問題ありませんでした。
スティーズ SV TWのスプールも同様にシャフト径が細いので、これも回転の立ち上げの早さに貢献しているのかもしれません。

ただ1点、ジリオン SV TWのスプール重量は、従来のSVスプールとほぼ同じ約12gで、スティーズSV TWのスプールが約9gに対して微妙に不満だったのですが...


なんと、今年のSLP新製品
G1 SVスプールが追加されてるっっ!

スプール内部が肉抜きされて軽量化されているので、おそらくスティーズ SV TWと同じものです。しかも浅溝と深溝の2種類あるので、いろいろと使い分けできそうです!!

STEEZ SV TWセミオーダーシステムといい、
今年イチバンの注目はSLPかも!

あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_4277
前回紹介した15メタニウムDC[Metanium DC]です。新型DCシステムとなるI-DC5を搭載。リール側面のダイヤルでA→4→3→2→1の調整が可能。4が最もブレーキが強く、1が最も弱い、Aは4〜2の範囲を状況に効かせてくれる便利物で、08メタニウムMgDCのブレーキにイメージが近いかもしれません。

IMG_4281
サイドプレートを外すと、ブレーキモードをナイロン・フロロ・PEから選択可能。最近のDCシステムのいい所取りで、かゆい所に手が届きます!!

そして当然、
飛距離はめっちゃ飛ぶ!!

5g位のライトテキサスから1/2osのワイヤーベイトまで、圧倒的な飛距離を叩き出します。そして、逆風や突然の横風でもトラブルが極限に抑えらるのがDCのいい所。

ただ、飛距離だけなら12アンタレスアンタレスDCの方が出る気がします。さらに、小型〜中型ルアーであれば、投げやすさや距離を含めてT3 SVが圧倒的!!これは15メタDCの飛距離に不満がある訳ではなく、近年のリールはどれも抜けるような飛距離を実現してくれます。

最近のシマノのブレーキ、SVSインフィニティやDC(アンタレスDCを除く)は、優秀すぎて初代アンタレスアンタレスARのような無重力感が無くなっている気がします。むしろ、T3 SVの方が昔のシマノリールに近いフィーリングを感じたり。。

そんな15メタDCは、全ての不満が解消され、全体が優等生としてまとまった、ある意味面白みのない生徒会長のようなリールかもしれませんw

このリールで決めましたけどね!!


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_4276
シマノ '15メタニウムDC(Metanium DC)です。歴代DCの中で最も凡庸な印象ながら、最も長い付き合いになりそうな予感がしています!

'15メタニウムDCは、これまで愛用してきたDCの中でイチバン感動が薄かったリール。しかしその分、ミーハーな一時の熱狂ではなく、良い意味でクサレ縁になるのでは?!

今まで使用した事のあるDCリールは次の通り。
「'04 カルカッタコンクエストDC100」「'06 アンタレスDC」「アンタレスDC7 LV」「'08 メタニウムMgDC」「'10 カルカッタコンクエストDC100」「'11 カルカッタコンクエストDC50」「スコーピオンDC」
元祖にして、カルコンの真骨頂である200は使った事がありません。元々'00カルコン200を使っていたので、「DCなんてオモチャだぜ!」と思っていた時代がありました(今は'12カルカッタ200がこのクラス最強だと思っている)。

これまでのDCを比較して、今も最高峰はアンタレスDCだと思っています。飛距離・ブレーキ調整幅・ピッチングからキャスティングまでバッチリはまる使用感は、まさにキングオブDC!!また、近距離メインであれば'08 メタニウムMgDCの使いやすさは圧倒的ですし、コンクエストDCの衝撃的なシルキーさもありません。実は、ナイロンからPEまでカンタンに扱えるスコーピオンDCもお気に入りだったりします(最近のロットは飛距離もそこそこ出てそう)。

ただ、それは他のDCが特徴を明確に打ち出しているからで、'15メタニウムDCは、飛距離でる!全てのラインを網羅!MMギアの巻きパワー!リールに伝わる高感度!など
総合力で他のDCを圧倒します!!

…続く。


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_4284
シマノゾディアス 1610M-2 , オイラのバス釣りタックルです!リールは15メタニウムDCをセットしています。いろいろ文句言ってた事いた事は一旦置いておいてください。

いや
とうとうキタ!!
って感じですb
実売1万円前後、しかも2ピースのラインアップが充実。バス釣りを休日のレジャーで楽しむならこれで十分じゃない?

「とうとうキタ」と実感するのは、SICのトップガイド以外がハードガイド系のアルコナイトな点。これでコストが大幅に下がる事間違いなしです。SICの1/3程度のコストで抜群の性能を持つアルコナイトなら、ブランクスに必要十分のコストはかけられるのでは?と期待します。

IMG_4285
使用した感じですが、ci4のリールシートが必要最低限な感度を伝えてくれ、適度に張りのあるブランクスが確実なフッキングを可能にし、魚の負荷に応じて竿がキッチリ曲がってくれます。

ダイワエアエッジと比較すると、感度はゾディアスがやや上、キャスティングや粘りはエアエッジが上といったイメージです。この価格帯のロッドは2大メーカーが圧勝している感じがあり、シマノのエクスプライドはさらに高感度・高使用感です(キャスティングはエクスプライドが一番微妙かもしれませんが)。

価格帯もあるので仕方ないのですが、実釣性能や所有感に限れば、ゾディアスエクスプライドに劣っています。エクスプライドより弾性が低く、ガイド数も少ない(というよりエクスプライドが多い)にも関わらず、それほど投げやすい感じもしません。改めて、エクスプライドの完成度の高さを実感します。

だがっ
この竿には理由がある!!


ゾディアスは、とってもアメリカンなファーストテーパーなんです。アメリカンファーストな竿は投げにくいイメージがありますが、少ない動きで確実にフッキングを決めてくれます。また、魚を掛けた後の反発力が比較的強く、これがバラシにくさに繋がっていると感じています。で、同クラスのエクスプライド1610Mや166Mはレギュラーファースト仕上げで、少し趣味に合いませんでした・・・

値段差による性能差は確実に存在します。
でも、フィーリングが合っていれば、値段差以上の使用感があります!


あと、エクスプライド、エアエッジ、ゾディアスは2ピースメインで揃える事が多いですが、1ピースロッドの方が品質管理の精度が難しいんじゃないかな?と勝手に思っているからですw


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
XT64LP
フルーガ パトリアークXT 64LP、かつてオイラのバス釣りタックルでした。
ピュアフィッシングジャパンのフルーガブランドで発売されていたリールです。


レボエリートIBを使った後、遠心+マグの使い心地の良さを改めて実感したので、軽量ルアーも使いやすそうな33mmスプール径のパトリアーク XTを購入してみました。
一部では、アンタレスARを超える!とまで評価の高かったパトリアークXTは、北米でも先行して別バージョンが発売されるなど、全世界で好評だったのかもしれません。

オイラが使ってみた感想は、

普通に使いやすいリール!

使い比べるかぎり、アンタレスARの方が飛距離も巻き心地も上ですし、軽量ルアーであればアルデバランの方にアドバンテージがあります。今、汎用的な使いやすさ重視するなら、迷わずダイワのSVシリーズを選びます。
ただ、このリールの発売時期にはSVシリーズも無く、良い感じでオールマイティだった事は間違いありません。そしてそれは、33mm径スプールで遠心+マグブレーキのレボエリート(REVO ELITE IB)シリーズへと繋がっていったのかな…と勝手に想像。

どのリールも性能が底上げされ、
オイラみたいに腕が無くても使いやすい!
好みで道具を選べるイイ時代ですb


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。

バス釣り ブログランキングへ  


    このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_6810
今年は秋が早そう(もう秋?)なのでシャッドを準備中。



まぁ
忙しくて釣り行けてませんがw



最近のオイラの定番はジャッカルソウルシャッド58SPあとエバーグリーンウルトラスレッジ
2.5m位まで潜るので琵琶湖でも使いやすいルアー。
しっかりジャークさせて、長めにステイさせるのがこれからの季節のマイブーム^^

IMG_6809
ラッキークラフトベビーシャッド60SPエバーグリーンスーパースレッジは、昔からのお気に入り。ソウルシャッドなど最近のシャッドプラグに比べてあまり潜らないので、オカッパリで使いやすいですb

本当に困った時はスーパースレッジがイイ感じです。
ただフックが弱いので、魚がかかった後のやり取りに気を使います。

シャッドはプラグの中で一番好きなジャンルで、これ専用にハードベイト向きのスピニングタックル欲しいと思う位。ソウルシャッドのようなフックが丈夫なルアーで、10LB程度のナイロンラインをワールドシャウラ2631FFロードドランナー5100LSで使うと楽しいです。

あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ  


 

このページのトップヘ