俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

SJR720 を含む記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加
001
ノリーズ ロードランナー 5100LSです。
現行のヴォイス(VOICE)モデルで、ロードランナーでタックル一式揃えるなら絶対欲しい一品!

元々ロードランナー自体、ライトリグやフィネス向きの竿だとは思いません。今は、ソフトベイトに特化したストラクチャーシリーズがありますが、それでもロードランナーらしさをスピニングでも体感したいならオイラ的に5100LSです。 ←600LSや630LSではしっくりきませんでした。
10LB前後のナイロンで軽量プラグを投げたり、6LB以上のフロロでちょっとカバーの濃い所にノーシンカーを使ったり、フィネスとは異なるマイゲームが楽しめますb

使用感としては、GルーミスのGL3 SJR720をハイエンドな仕上げにしたイメージです。竿の調子や粘りが驚く程そっくりです。重量がある分若干感度が落ちる感じがしましたが、40up以上のバスを掛けた時の粘りは5100LSの方が上だと感じました。

竿本体は160gと重めですが、魚が掛かった後の取り込みが容易で、キャスティングしやすく、初めてバス釣りをする友人を連れて行くときなど、貸し出し用にも最適(≧▽≦)


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ  
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SJR7200GL3
GルーミスSJR7200 GL3です。
昔、ティファがルーミスの代理店をやっていた頃のオリジナルモデルだと記憶しています。
前回紹介したGLX SJR7200に比べ、非常にしなやかで扱いやすいロッドでした。

SJR7200GL3
スペックはこんな感じ(6フィート、ライン2〜6LB、ルアーウィエイト1/64〜1/8)。SICのガイドリングを7個搭載し、金属製のリングでリールをとめるルーミスオリジナルのリールシートです。

この竿は、1/16ozのダウンショットやスモラバ、小型プラグなどに重宝しました。ティップからベリーはナチュラルなテーパーで、かなり華奢に感じるパワーなのですが、5g程度のルアーでもしっかり振り抜く事が可能です。小バスでもかなり曲がるのに、ある程度の大物でもしっかりとファイトできる、柔よく剛を制するイメージ^^b

GL3 SJR720が軽量級全般が扱いやすいのに対し、GL3 SJR7200は4g以下に特化したイメージです。GL3 SJR720やGLX SJR7200に比べるとシェイクしやすい方ですが、フィネスに特化するなら国産のロッドをオススメしますw

当然、とっくの昔に廃盤になっていて、古き良き時代の竿です。
 

個人の思い出ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
GL3
GルーミスSJR720 GL3です。オイラの古き良き右腕(?)

20年以上昔にルーミスの代理店をやっていたティファモデルだったと思います。リールシートは金属のリングというルーミスオリジナルですが、SICリングのガイドが7個と当時最新(?)だったニューコンセプトガイド仕様です。

これ、実は初めて入手したGL3

それまで、「使うなら最高峰!」というノリで、ルーミスはGLX(GLXに無い型番はIMX)しか使っていませんでした。

いやホント

ルーミスはグレードによって優劣が無く、ただ使用目的が異なる!という巷のウワサを実感した竿です。

GL3
北米のGL3には、5フィート10インチのSJR700しかラインアプされていません。おそらく、日本モデルとして当時定番だった6フィートにしたのではないでしょうか?ブランクスの長さはSJR700と変わらず、グリップがやや長くなっています。

同じ型番のIMX SJR720と異なり、かなりしなやかで柔軟な竿です。軽量のリグも楽々キャストできますが、ティップの繊細さは皆無で、ベリーごと入るイメージです。

ぶっちゃけ、ロードランナー5100LSとほぼ同じ使用感です。

しかし、ブランクスが無塗装でバランサーなども付属していない為か、感度はそれほど悪くありません。粘り強さは5100LSに匹敵し、十分な感度を誇る死角の無いロッドでした。小刻みなシェイクには不向きですが、軽量プラグやジグヘッドの釣りでかなり重宝!!

かなり古い竿ですが、中古市場で6千円くらいなら全然アリなタックルですb


個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ 


    このエントリーをはてなブックマークに追加
SJR720
Gルーミスのクラシックシリーズ、SJR 720S IMXです。
(6フィート、マグライト、EXファースト、ライン:4-8LB、ルアー:1/32〜1/4oz)

今のGルーミスのスピニングには、ドロップショットシェイキーヘッドシリーズがあり、国内のライトリグにも何とか使えそうモデルがあります。3〜4LBラインでのフィネスは流石にきびしーですが^^;

そんなライトリグシリーズが登場する前に多用していたのがこのロッド!
もし、1からタックル揃え直すなら、



今でも入手候補の1つ!



ハンパじゃない短いグリップと、ベリーから先に曲がるような堅物ティップ、古くさいガイドシステムと、シェイクやミドストはちょー苦手な仕様。でも、ジグヘッドやシャッド、ミノーなんかはキビキビ動かせませ、魚が掛かると意外と素直に曲がり、ガッチリロックして離しません!GLXやGL3に比べると粘りがありませんが、それでも強引に魚を引き上げれます。

また、6フィートという短さが快適な操作性をもたらし、藪漕ぎ多用なオカッパリでも重宝します。パワーフィネスより少し弱めな古き良きロッドです。

張りがあるけど意外と曲がりやすい、古い割に感度は良いが、GLXGL3に比べると粘りが無い。ノリーズ・ロードランナーのアウトバック5100LSをキンキンにし、その分だけ華奢になったイメージです。

SJR720
この写真は並行輸入版で、ガイドは6個。SICではなく、アルコナイトリングです。
昔、ティファが代理店をやっていた頃には、ゴールドサーメットのニューコンセプトガイドシステム(ガイド7個)のモデルもありました。ティファのゴルサメモデルは、ブランクスがやや短く、その分グリップが短すぎない感じで、多少バランスが良くなってました。

あと、並行輸入版のバット側のガイドは25mm径ですが、古いモデルにはガイドの足が極端に短いものもあり、ちょっとキャストしにくいものもあります。 ←見た目もカッコ悪い

SJR720
写真は、廃盤になったルーミスオリジナルリールシートのモデルです。金属製のリングでリールをガリガリ削りながら止めちゃいますw 現行モデルはフジのリールシートになっているので大丈夫ですが、感度の伝わり方はこのオリジナルシートが一番好きでした。

ティファ時代、ゴールドサーメットモデルとは別に、並行輸入モデルもありましたが、こちらは現行モデルと同様だったと記憶しています。あと、ポパイが代理店をやっていた頃の輸入モデルもあったような気がしますが、 こちらはちょっと見た事ないです。

実際に入手し、使った事のあるロットをまとめると次の通り。

 1、ティファモデル(ゴールドサーメットガイド、ルーミスオリジナルリールシート)
 2、並行輸入(アルコナイトガイド6個、ルーミスオリジナルリールシート)
 3、並行輸入(アルコナイトガイド6個、ガイドの足が短いロット)
 4、現行モデル(アルコナイトガイド6個、フジのリールシート)

個人的にすきなのは2番ですが、オススメするなら入手しやすい現行モデルの4です。
ただ、現行モデルのクラシックシリーズは、フォアグリップまわりでギチギチ音がするモノが多いです。グリップとブランクスの取り付けの問題なのか分かりませんが、実使用に問題はありませんでした。


あくまで個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ  
 

このページのトップヘ