俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

推しタックル

    このエントリーをはてなブックマークに追加
EP164LBFS_1
今年の一押しタックルが、シマノ2017 NEW エクスプライド 164L-BFSです。
エクスプライドのベイトフィネスモデルで、キチンと使い込んだ初めてのベイトフィネスタックルになります。

いや、もう...
ベイトフィネス最高!!
どうして今まで手を出さなかったんだろう...

これまでライトリグや軽量プラグを使用する場合、琵琶湖のような場所であっても、5〜6lbフロロのスピニングで十分だと感じていました。中途半端にラインを太くするより、しっかりドラグが効いた方が結果的に魚は取れると信じていました。
リザーバーのボートなら4lb以下に落としますし、カバーにライトリグ投げるならパワーフィネスの方が使い勝手がいいと思っていました。
ベイトフィネスでバシバシ手返しを求められるほど、シビアな釣りはできませんし....

そんな概念が木っ端微塵 !!
本当に喰わず嫌いでした。

何より
ベイトで釣る楽しいっ!!



それから
ベイトな俺カッコイイ!!



それ以外にベイトフィネスのメリットは
正直何も感じません(笑)

ただ感じたのは、スピニングで使いにくい8lbのフロロラインで、ライトリグを扱いたくなるシチュエーションでのメリットです。

冬場のリザーバーのちょっとしたカバーで、パワーフィネスより的確に底を取りたい..
または、根掛かりの多い陸っぱりを1本のライトタックルで攻めたい..
実際、ベイトフィネスの導入は、近距離でヒットした魚にカバーに巻かれた時に決めました。

EP164LBFS_2
使い込んだベイトフィネスロッド164L-BFSが初めてですが、165L-BFSなどの旧エクスプライドBFSシリーズを触った時より、明らかにティップが繊細になり、しなやかさが増しています。2.7g程度のスモラバ、4インチカットテールのネコリグ、軽量シャッドプラグなどが快適にキャスト・ピッチングできます。

また、マイクロガイドの感度はかなり良好で、同じ2017 NEW エクスプライドのスピニングロッド266Lより繊細さは上だと感じています(266Lの方がティップに張りがあり、セミマイクロガイドな事も影響していると思います)。
遠投やシャッドなど幅広い用途なら266Lの方が快適で、近距離や底物での感度と操作性をメインに考えるなら164L-BFSの方がいいイメージです。

さらに、ティップが繊細になったにも関わらず、ベリーからバットのパワーは増していて、魚を寄せるのが楽になっています。パワーが増したといっても、

ワールドシャウラゾディアスに比べると、いい方向に張りがあるので、固い棒だと感じるかもしれませんが、魚がかかった時はキレイにロッドが曲がって機能してくれます。
シマノバスロッドは、ベリーからバット部分がキッチリ曲がるけど強いイメージで好きです^^

17 エクスプライド 164L-BFSスモールマウスバスの40upを上げた動画をアップしているので、よければ見てください!(→リンク

あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです
(≧▽≦)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
17EXPRIDE_266L
今年イチバン多用し、まだまだ使い続けるロッドがコレ!!
シマノ スピニングロッド 17 エクスプライド 266Lです。

様々な旧エクスプライドを使ってきましたが、最近少しずつタックルを入れ替えています。
特に266Lは、旧エクスプライドの中でも使用率が高く、ネコリグやジグヘッド、シャッドプラグなどで活躍してくれました。

だがしかしっ!
旧エクスプライドで最も不満が高かったのも266Lでした><

使用頻度が高いので気になる点も増えたのですが、イチバンの不満はフッキングにあります。
オイラ自身が(6フィート前後のショートロッドをよく使っていた為)、6.6フィートの長さをコントロールできていなかったのかもしれませんが、スイープにフッキングした場合、ファイト中にフックオフする事が何度かありました。
(単純に腕の問題なのは棚にあげています)

ただこれは、旧エクスプライドのラインナップの中で強いて感じた不満点で、旧エクスプライド266Lでも十分なフッキング力とキープ力はあったと思います。それでも、同じく多用していた旧エクスプライド 264UL+と比べると、納得のいかないフックオフが何度かあったのも事実です。

ところが!!
新型17 エクスプライドは、この不満が完全に解消されています。
旧エクスプライドと比べ、バットパワーが明らかに強くなっていることがハッキリと実感でき、従来のイメージで竿を立ててしまうと、想像以上にバスを引きずり回してしまいますww
加えて、ティップの繊細さが格段に増していて、ライトリグの操作性が向上したことが感じ取れます!!

おいおい
いいじゃんこれ!!
が正直な感想。初めて使った時にたまたま50upを2匹上げたり、バス釣り大会でウィニングロッドになったり、オイラにとって色々と持っている竿となっていますっw


new_old_EXPRIDE_266L
写真上が旧エクスプライド 266L、下が17 エクスプライド 266Lです。
全体の写真が取れていませんが、エンドキャップを揃えて撮影しています。新型の方がブランク部分が長く、トップからバットガイドの距離が長くなっています。微妙な違いですが、グリップ部がコンパクトになった分、手に持った重量感が軽快になり、有効ブランクが長くなった分、余裕を持って魚をさばけるように感じます。

new_old_EXPRIDE_266L_2
同じく、写真上が旧エクスプライド 266L、下が17 エクスプライド 266Lです。
旧エクスプライド 266Lの適合ラインが4〜8lbに対し、17 エクスプライド 266Lの適合ラインは3〜6lbとなっています。適合ルアー重量は3〜10gで変わらずです。これは、ティップが繊細になったため、より細いラインに適合した為かもしれません。

あと、感度については、17 エクスプライド 266Lの方が確かによくなった気がします。
個人的には、グリップにラバーコーティングがない方がアタリを感じ取りやすいのですが、その分を差し引いても

ん?ちょっと感度よくなった??
気がします。
正直な所、2万円前後の実売価格を考えると、ポイズンアドレナに買い換えた方がよかったかもしれません。中古相場なら2万円半以下でアドレナ 266Lが買えちゃいそうです。

確かに、感度優先であればアドレナは秀逸だと思います。ただ、キャスティングからフッキング、そして魚をあげるまでの操作性は、圧倒的に17 エクスプライド 266Lが好みです。
これは、新しい設計が、流行りの味付けなどを考慮して、今のオイラ好みにマッチしているのかもしれません。
17 エクスプライドの味付けは、16ポイズングロリアスに近いのでは?とも錯覚していますw)

強いて難を言えば、バットパワーが強くなった分、強引に竿を立てすぎるとラインブレイクの危険が増しました。旧エクスプライドは、竿を立てすぎてもかなり柔軟に曲がってくれたのですが、17 エクスプライドではキチンとやりとりする必要があります。
もちろんこれは腕が悪い為の難点であって、普通に使う分にはまったく問題ありません。
むしろ、強いバットパワーが確実にフッキングを決め、魚に主導権を与えないなど、メリットの方が多いです。

圧倒的に使いやすくなり、若干でも感度がよくなったと思えるので、旧エクスプライドからの入れ替えはオイラ的に大満足ですb

17 エクスプライド 266Lでの釣行を動画にアップしているので見てください!(→リンク
(スモールマウス相手なので、ラージマウスの50upより苦戦していますがw)

あくまで個人の感想ブログですが、参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです
(≧▽≦)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
expride_new
2017年 NEW エクスプライドで全モデルリニューアル!!
な今年ですが、


expride_old
昨年から使用頻度が多かったのがコチラ。
旧エクスプライドの4機種です!!

168MH ジグ用(どうしようもないカバー遭遇時用)
1610M 巻物用(広いエリアで途方にくれた時用)
264UL+ ライトリグ用(見えバスに投げてみる用)
266L ライトリグ用(主にコレで魚釣る用)

全て1ピースモデルで、過去の2ピース主体(168MH-2166M-2266L-2 etcetc)から少しだけ趣旨替えしています。

だって....
クランク用とULの2ピースがないからっ!!

...その後、新エクスプライドで2ピースモデルのUL出ちゃいました。
264ULは旧エクスプライドに無かった型番で、ピンスポットへのライトリグ直撃やサイト用に良さそうですb


ただ、自分には、バス釣り用ロッドは1ピースモデルがいいと、改めて感じました。
昔のような
1ピースが全てにおいて絶対!!
は薄れましたが、キャスティングの心地よさは1ピースがダントツです。

「エクスプライドは棒である」と形容される事が多いみたいですが、2ピースは特にそれが顕著で、竿全体にルアーの重みを乗せにくいイメージとなり、なんだか投げにくいっ!!!
キャスティングが致命的に下手なオイラにとって、道具が助けてくれない状態は痛手です。

ただ、感度に関しては2ピースの方が自分好みで、リフティングパワーも十分でした(継ぎ目のノイズが影響している?)。
もしかすると、ポイズン アドレナ センターカット2ピースの商品説明にあるように、2ピースはティップとバットで個別の味付けを設計しやすいのかもしれません。
さすがにエクスプライドの価格帯で2ピースの弾性までは変えていないでしょうが、ティップ側のピースを繊細に、バット側を強靭にすれば、感度とリフティングパワーは良くなりそうです。ただ、1本としてのバランスは統一感が失われるので、全体でルアーなどの思いを受け止めるのは苦手かもしれません。アドレナ2ピースも使用してみてそれでも投げにくかったのは秘密。。。


要は、普通にキャストできる人なら
1ピースと2ピースで差がない?!
よーな感じになってきたと思います。後は個性の使い分けかと!


個人の感想ブログですが、ポチっと押していただけると嬉しいです(≧▽≦)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_6810
今年は秋が早そう(もう秋?)なのでシャッドを準備中。



まぁ
忙しくて釣り行けてませんがw



最近のオイラの定番はジャッカルソウルシャッド58SPあとエバーグリーンウルトラスレッジ
2.5m位まで潜るので琵琶湖でも使いやすいルアー。
しっかりジャークさせて、長めにステイさせるのがこれからの季節のマイブーム^^

IMG_6809
ラッキークラフトベビーシャッド60SPエバーグリーンスーパースレッジは、昔からのお気に入り。ソウルシャッドなど最近のシャッドプラグに比べてあまり潜らないので、オカッパリで使いやすいですb

本当に困った時はスーパースレッジがイイ感じです。
ただフックが弱いので、魚がかかった後のやり取りに気を使います。

シャッドはプラグの中で一番好きなジャンルで、これ専用にハードベイト向きのスピニングタックル欲しいと思う位。ソウルシャッドのようなフックが丈夫なルアーで、10LB程度のナイロンラインをワールドシャウラ2631FFロードドランナー5100LSで使うと楽しいです。

あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ  


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブレードマスター
PDL ブレードマスター、オイラの推しルアーです^^
琵琶湖で使用する事が多いスピナーベイトで、1/2ozをオイラの中での基本にしています。表層メインなら3/8oz、ゆっくり巻きたかったり、深いレンジを狙いたいなら5/8ozを使っています。


気に入っている最大の理由は


とにかく一定層を巻きやすいっ!

オイラのようなヘタクソでも楽に使えます。他にも、ワイヤーが頑丈、フッキングが良くバレにくい、ブレードの振動がしっかり伝わるといった所も気に入っています♪

ブレードマスター
ブレードの振動と強度がギリギリのタイミングで設定されてそうなワイヤー。そこそこ釣っていますが、まだまだ大丈夫そうです。あと、ルアーチェンジの多い時はスナップを使うので、ゴム管で付けるのがマイブームw

今まで、ハイピッチャークリスタルS ディーパーレンジBカスタムDゾーンSRミニウォーイーグルなどを使用してきましたが、今の所はブレードマスターが一番合っています。他のも良い感じなんですが、以下の理由でメインから外れました。

ハイピッチャー バランスは最高!でもフックが小さめで大物とのやり取りが心配。
        野池用のメインは今コレ!
ディーパレンジ 一定層の巻きやすさはピカイチ!けどDゾーン程じゃないけど脆い。
Bカスタム 頑丈さはMAX、でもオイラの腕では一定層を巻きにくい。
Dゾーン 釣れるけど、とにかく脆い。そして高い><
SRミニ 使いやすいけど、アクション控えめなので主に野池用に!
        ただ、3/4ozは別物に感じるので、琵琶湖に持っていくならこのサイズ。
ウォーイーグル アメリカンルアー。好きなカラーやサイズが手に入りにくい場合がある。

と、まぁ
オイラの技量に起因する理由が多々あります><


個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ 
   

    このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_6527
GETNET(ゲットネット)ジャスターフィッシュ4.5インチです。
昨年から、とにかく多用している推しルアーですb

以前に感想を書いたジャスターフィッシュ3.5インチが何でもいいから釣りたい時のルアーなら、こいつは満足する1匹を釣る為のルアーです。ジグヘッドを使用した時の40〜50upの実績がとにかく高い!

IMG_6526
フラットな尻尾がテロンテロン。ボディ側面もフラット状で、材質はかなりしっかりしています。塩が少なめで、最近流行の低比重なのかな??

ブルブル動くシャッドテールやカーリーがある訳でもなく、シンプルで不思議なルアーです。例えるならソフトミノー? 同じ形状でも、3.5インチが滑らかな動きでサイズを問わず魚を寄せるのに対し、4.5インチは静かなハンターのように獲物を狙う感じです。


最近になって見つけたPV。

これ先に見とけばもっと集中力上げて釣りしてたんだけどな(笑)
いや、むしろ集中してなかい(殺気が無い)方がいいのかも。。



何故かオイラ



欲が出ると釣れません!
気張り過ぎはダメです^^;

IMG_6525
3/8ozのブレードジグとの組み合わせもイイ感じ。表層巻く時のオイラの基本セットです。

IMG_6528
販売店舗ごとのオリジナルカラーも充実しているようです。これは、セブンパームスで購入した琵琶ギルカラー。大阪のフィッシングショーでも販売されていた記憶があります。

オイラのカラーの好みはギル、コアユ、プロブルーです。ただ、あんまり色々持っていくと1日中こればっかり投げてしまうので、近くの店で在庫のあったカラー1袋だけを持っていくようにしていますw


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)

ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ



    このエントリーをはてなブックマークに追加
ブレードジグ
ごっちゃごちゃでお見苦しいですが、O.S.P.ブレードジグ、オイラの推しルアーの1つです。

左から、ブルーギルカラーの1/2ozと3/8oz、チャート系カラーの1/2ozと3/8ozの4つです。大体いつもこの4つがタックルボックスに入っています。

【気に入っている所!】
・一定層を引きやすい
・千鳥がなく、まっすぐ泳ぐ
・ゆっくり巻いてもブルブルがしっかり伝わる
・デカバスも安心の大きなフック

チャターベイトって表層で使うイメージが強かったんですが、ブレードジグはボトムに落としてからゆっくり巻いてもあまり浮かび上がらないので使いやすいですb
ブレードがプラスチックなので、微妙な曲がり具合でチドッたりチドらなかったりする事がありません。千鳥るルアーがいい時もありますが、タイトにコースを流したいときはブレードジグです。

ブレードジグ
1/2ozブレードジグ + トレーラーにドライブスティック4.5インチ、ボトムから中層をゆっくり引きたい時の組み合せ。スイミングでも釣れますし、フォールでのヒットも多いです。

ブレードジグ+ジャスターフィッシュ
3/8ozブレードジグ + トレーラーにGETNETジャスターシャッド4.5インチの組み合せ。表層〜やや表層したあたりを巻きたい時の組み合せ。遠距離でも、足下でもヒットする油断大敵なパターン。


他のチャターベイトに比べると、動きはタイトで大人しく感じます。「もう少し風が吹けばスピナーベイトなかぁ」とか「もう少し濁りがあればクランクベイトかなぁ」みたいな、少し条件悪い時の出番が多いです。

そして、アピールを増やしたいならトレーラーをシャッドテイル系にするとなど、自分なりに色々試せるのがブレードジグの面白い所です^^


あくまで個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ  
   

    このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパームーン
が近づいてきました。
日本では8月11日(月)午前3時9分
に最も大きく、そして明るく見えるようになります。

IMG_6602
オイラのタックルボックスに必ず入っているのが、黒系のスピナーベイトやバズベイトです。
真っ黒だと、他で使うときにテンション維持できないので、ギル系なども多用していますw

オイラは、中潮〜大潮にかけて釣行する事が多いのですが、満月の大潮の
夜明け前にイイ思いをした事が多いです。夜明け前に釣行機会は6月〜9月頃が多いのですが、その時に一番反応がいいのが黒系のワイヤーベイトでした。何故か白系やチャート系だと急激にバイトが減ってしまい、それ以来タックルボックスに常駐するようになっています。

もちろん単なる偶然で、願掛け的要素もあるでしょが、汽水域な河でも、ダム湖でも、田舎の小さな川でも、割といいサイズがガッツリ食いついてくれた印象が強いです。



つまり、



大潮&満月パワーb

を信じちゃっています。

大潮前後は魚が動き回るらしく、活性の高い魚を探した方がいいと聞いた事があります。普段居付いてる場所からは動いているので、逆に狙って釣るのが難しいとか。



とにかくオイラ的には、



今晩明け方が狙いめ!!



・・・あ、台風でメチャメチャで無理だわ・・・


 と、あくまで個人的な感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)

バス釣り ブログランキングへ  


    このエントリーをはてなブックマークに追加
ドライブスティック
O.S.Pドライブスティック4.5インチ、オイラの推しルアーですb 
ノーシンカー良し、ライトテキサス良し、何よりブレードジグのトレーラに最適^^

O.S.Pのワームは、今ドライブシャッドが売り切れ御免状態ですが、釣れる&汎用性じゃコチラが上だと思います! ←手に入らない負け惜しみではありませんw

ブレードジグ
ブレードジグ1/2ozとドライブスティック4.5の組み合わせ。
琵琶湖で最初の50upを釣り上げたのがこのセットです。 ドライブスティック自体重めで、この組み合わせはめちゃめちゃぶっ飛びます!

フォール中にヒット!

中層をゆっくり巻いてヒット!

ピックアップ中に足下でヒット!


とにかく
気が抜けないワームw


唯一気に入らない点は、ボディが脆く、1匹いい型釣ると無くなる可能性が高い事。あと、ゲーリーヤマモト並に塩がパンパンで、ドライブスティックをトレーラーに多用していたブレードジグのフックが錆びちゃいましたw 釣行後に放置していた訳じゃないんですけどねー


と思ってたら、ドライブスティックSPEC2(スペック2)ってあるじゃない!!
塩分控えめで低比重、よりノーシンカーのフォールに効きそうな感じ!!

次コレ試してみよっ^^


あくまで個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村

バス釣り ブログランキングへ 


    このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャスターフィッシュ 3.5
ゲットネット×カルティバ(オーナーばり)ジャスターフィッシュ3.5インチ、イチ推しマイブームなオイラのバス釣りタックルです。



とにかく




デコりたくない時コレっ!



弱気な時に心強いオトンみたなルアーです。
豆バス・小バスからキーパーまで、ジャスターフィッシュ3.5インチが無差別に釣り上げます。

対抗馬はゲーリーヤマモト2.5インチレッグワームで、こちらは弱気な時に優しいオカンみたいな存在w



ジャスターシャッド3.5インチは、いわゆるシャッドテールのワームではありません。しかし、そのフラットなボディと薄い尻尾で、想像以上に艶かしくナチュラルに動きます。ちょっとした水流や、ロッドアクションで簡単にヒラを打ちます。


なので


動かしすぎ注意!
です。


ジャスターフィッシュ 3.5
パッケージの裏に詳しい使い方が載ってます。オイラの主な使用方法は以下の3つ。

■鉄壁のダウンショット
 シンカー:1/16oz〜1/8ozまで
 フック :#1/0のオフセット、または#2前後のマス針

ココにバスが居る!と点で信じられる時はダウンショットです。本当に居るかどうかは問題でなく、居ると信じられる事がやる気を持続させてくれますw

シェイクが強いとワームが動きすぎるので、ラインスラックを軽くシェイクしては、我慢のステイで使っています。


■困った時のノーシンカー
 シンカー:無し〜1.3gまでのネイルシンカー
 フック :#1/0のオフセット

バスが浮いているけど食い気が無い、真夏のピーカンでそもそも釣れる気がしない、そんな時に使います。ULクラスのスピニングタックルであれば、ノーシンカーでも意外と飛びますw

最近の良く使い方法は、バスの居そうなコースをノーアクションゆっくり引いてくる事です。1.3g程度のネイルシンカーをボディに入れてます。まったくのノーアクションでもかなりエロい動きしますw

バスが居るかどうか分からず途方に暮れている時は、0.6〜0.9g程度のネイルシンカーを入れてジャーキングしています。真昼に意外と効く事もあり、突然バスが底から浮いてきて足下でヒットする事がありました。サイズ的にはこちらの方が良い結果出てます。


■小型チャターのトレーラー

ライトなタックルで巻物したい時は、フィッシュアローKOチャター5〜7gのような小型のチャターベイトトレーラーに使用。極小バスも根こそぎ釣れちゃいますw


ジャスターフィッシュ 3.5
ネイルシンカー1.3gをセットしたマイブームリグ。ワームのボディにシンカー用の穴が空いています。これでかなり飛距離を稼げますし、水平にフォールさせる事もできます。フックに重りを付けるより、ワームの動きを妨げません。

フックは細身の刺さりの良さそうなものを使ってます。写真はカルティバ瞬貫フック#1/0。

写真のジャスターフィッシュはゴールデンシャイナーですが、本命はコアユブルーギル。ここぞ!というタイミングではプロブルーを多用します。でも、基本サイズ問わずに釣りたい時用。。


と、個人が使用した限りの感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村

バス釣り ブログランキングへ 


このページのトップヘ