俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

海外タックル

    このエントリーをはてなブックマークに追加
AC60MF
古いロッドの写真が出てきたのでアップしてみました。
セントクロイ(St. Croix)のレジェンドエリートシリーズ、AC60MFです。
(6フィート、ミディアム、ファースト、ライン:10-17lb、ルアー:1/4〜3/4oz)

北米で現行販売されている品番と同じものではなく、昔某国内釣具店で販売していた頃の品です。上級のレジェンドエリート(LEGEND ELITE)、中間のエイビッド(AVID)、廉価版のプレミア(PREMIER)にシリーズ分けされます。北米では、さらに上位や中間のグレードが増えてきています。

ルーミスに並んで北米では有名なロッドですが、日本ではイマイチ人気が出なかったようで、最後は半額で投げ売りされていました。今でも中古市場で非常に安く購入できます。ただ、割り切って使えば、今でも非常にコストパフォーマンスが高い竿だと思います。


AC60MF
今じゃ珍しい6フィートや6.6フィートのラインアップも多く、アメリカンロッドにしては珍しく、ULパワーのスピニングモデルがあります。

セントクロイのロッドを何種類か使っていましたが、グレードに関わらず、古いロッドにしてはかなり軽量です。ただ、その分ブランクスが華奢で、粘りが無いように感じられました。といっても、ルーミスやロードランナーと比べての話で十分頑丈です。テーパーは、典型的なアメリカンロッドの先調子で、あまり繊細さは感じませんでした。

レジェンドエリートシリーズは感度も良くパワーもあるのですが、タメが効きにくいのか、とてもキャストしにくい竿でした。正確なタイミングで投げればかなりぶっ飛ぶのですが、指を離すタイミングを間違えると明後日の方向にルアーがすっ飛んで行きました。 ←ヘタには向いてない竿
Mパワーでもかなり張りがあり、1/2ozのラバージグを跳ねるような使い方もできました。

エイビッドシリーズは、適度にしなやかさががあり、下手でもラクチンに使える竿だという印象です。レジェンドエリートに比べると反発力が弱い感じですが、中古で5000円以下で入手できるなら文句なしです。先日、甥っ子がこのシリーズのベイトロッドをお小遣いで購入し、難なく50upを釣り上げていました。

中古市場で探すなら、ベイトモデルのC60MF、C66MF、C70MHF、スピニングモデルのS60ULF、S66MLFがオススメです。品番の頭にLEが付けばレジェンドエリート、AVならエイビッドシリーズとなり、語尾に2とあれば2ピースモデルとなります。


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ICAST2014
フロリダで15日から開かれるICAST。クロナークCI4+も、去年この展示会で発表されたと記憶してます。世界的な不景気で派手な新製品が出にくいですが、こんなの欲しいなを妄想〜

●Shimano Curado Iシリーズの50番台
Curadi Iはスコーピオン200(2014年モデル)の海外版。
海外版は巻き取り58cmのローギアがラインアップされているのがいいです。デカいディープクランクとか楽そう!!で、50番台にSVSインフィニティを実装するのは難しそうだけど、もし出るならアルデバランも!と期待してしまいます。まだ先の話かな。。

●Shimano Crucialシリーズ
安くて丈夫で品番が多すぎるシマノロッド。以前のラインアップはルーミスの中国工場で生産されていたらしいですが、現行品はどうなんだろう?なんだか廃盤の匂いがプンプンするので心配。

●G Loomis 新GLXのMBRシリーズ
2014年モデルのIMXで十分ラインアップ揃ってるので、これは多分出ないと思います。でも、新GLXのブランクスは、軽くて粘りがあって好きなんです!

●G Loomis NRXか新GLXでDSR820S
DSR820Sは、アメ竿のスピニングモデルとしては使いやすい品番。こちらも2014年モデルのIMXで十分なので、出ないでしょう!

● G Loomis 新GL3
GL2、GLX、IMXとリニューアルし、全体的に定価底上げになったルーミス。手頃な価格の竿はShimanoに任せて、中途半端なGL3は要らない子になった印象。だから、出ないだろうなぁ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

100D7
シマノ クロナーク 100D7(CHRONARCH 100D7)、通称クロナークDです。
2009年前後に北米に輸出されていたリールで、2007年モデルのメタニウムMgのソックリさんです。

ギア比7.0、巻上長75cm、A7075 Aluminum(超々ジュラルミン)スプールのラインキャパなど、基本スペックは2007年メタニウムMgと同様です。最大の違いは、アルミニウム製のボディと真鍮製のギアです。重量が約215gと重めになりますが、非常にガッチリとした作りとなっています。

特筆すべきは、巻き上げの力です。
登場当時はかなりハイギアなギア比7.0にも関わらず、ウィグルワートのようなディープクランクでもグイグイ引く事ができ、コイがスレ掛かった時も強引に巻き上げる事ができました。

2007年メタニウムMgやMgDCのノーマル(ギア比6.2)と比べても、巻き上げ力はハイギアのクロナークの方が強く感じます。クロナークのハンドル長が42mmなので多少有利だとは思いますが、かなり実感できる差で不思議な感覚でした。これは、クロナーク4台、メタニウムMgとMgDC各2台ずつを使ってみた実感なので個体差ではありません。 ←脳内補正の疑いはありますがw
剛性の高い丸形リールは、ギア比を差し引いても巻物しやすいと聞いた事ありますが、そうした要素が関係しているのかもしれません。


他に異なる点として、ブレーキシューを支えるピンが真鍮製になっていて、若干スプールが重くなっています。その為か分かりませんが、非常に投げやすく、ピッチングもバシバシ決まり、メタニウムMgのようなピーキーさを感じませんでした。普通の人なら何も感じないかもしれませんが、ヘタッピなオイラがまともにピッチングできるのは、現時点でクロナークDとメタニウムMgDCだけですw


100D7
ブレーキシューは国内版と仕様が異なり、ピンクが内蔵されています。予備にグリーンがあり、若干ブレーキが強いようですが、透明とグレーのブレーキシューのような差は体験できませんでした。



結論として、クロナークDはオイラ的に



旧SVS最高峰!


のリールだと思っています。

その理由は、「重すぎない」「同一形状でハイギアとローギアモデルがある」「重いルアーも軽いルアーも投げられる」といったトータルバランスがいいと感じるからです。アンタレスARがもう少し軽ければなぁ、コンクエストにハイギアモデルがあればなぁ、スコーピオンXTの糸巻き量多すぎない?など、他のシリーズで感じていた不満がコイツには少ないです。そして、



見た目が最高!


パールホワイトのリールは至高の存在ですw


ただ、そんなクロナークDもあっさり廃盤。2年も保たなかった記憶があります。最近はeBayなどで高騰していますが、廃盤直前の頃は結構投げ売りされていた有様。
メタニウムMgの海外版であるcoreの下位グレードとして発売していたのに、価格差があまり無かった事が要因かもしれません。剛性が高い分、内部機構がタイトすぎて問題があったというウワサを聞いた事もあります。

どちらにせよ、SVSインフィニティに世代が変わりつつある今、短命すぎる名機でした。

一時期は北米のシマノTOPページにも出てたのにねっ!


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
G loomis
Gルーミスのスタメンメンバー!

現状、NRXと新GLXをメインで使ってます。
アメ竿はスピニングの選択が難しいですが、今の所は旧GLXのDSR 820Sでカバーしています。2014年にリニューアルしたIMXにも同じ型番がありますし、シェイキーヘッドシリーズのGLX 821S SYRも気になります。SJR7200のGLXやGL3も使ってましたが、歳を取る程、軽いモノ・新しいモノへと流されていますw


昔から変わらないルーミスも好きですが、新しい機種にはそれだけの魅力があります。
全体的にバランスが良くなり軽くなったけど、独特の頑丈さや無骨さは残っている。
そんなイメージです。





ってか昔のルーミスだと







アルデバランとかメタニウム2013とか







軽すぎてバランス取れないっ


その点、NRXは軽量リールがよく似合いますb


ゲーリー・ルーミスがノースフォークコンポジットを立ち上げ、そちらのブランクスを使った竿に移行した人も多いと聞きますが、オイラは今でもルーミス好きです。

ノースフォークコンポジットを使用したキスラーZ-boneや、Jカスタムは気になりますが。。


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
バス釣り ブログランキングへ 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
GLX 804C JWR
ジグ用に使用しているGルーミス(G Loomis) GLX 804C JWRです。
(6.8フィート、ヘビー、アクション:ファースト、ライン:10-20lb、ルアー:5/16〜3/4oz)

2012年、まだ国内に無かったGLXをラバージグ使いたい!と突然思いつき、個人輸入で入手。それまではMBR 784C GLXや、旧GLXのBCR 804Cを使っていました。

まず、旧GLXのジグ&ワームより圧倒的に軽く、バランスがいいです!
さすがに、より短いレングスで、ガイド数が少ないMBR 784よりは重いですが^^;

リールにメタニウム(2013)をだと先重りを感じるので、クロナークCi4+に16lbフロロを巻いて使用しています。クロナークが発売前はアンタレス(2012)を載せていて、これはベストバランスでしたb

 
GLX 804C JWR
適正ルアーが5/16〜3/4ozですが、1/4ozのジグでも十分使えます。
1ozのヘビキャロも投げたりしましたが、自分的な上限は5/8oz位でした。 ←1/2oz推奨で。 

しなやかなティップと上部なバット、全体的にMBRなどのクラシックシリーズよりも粘りがあるイメージで、ジグを思いっきりフッキングし、魚を引き上げる楽しさを再認識させてくれた竿です。

オカッパリでの使用予定があったので6フィート8インチにしましたが、定番は7フィート1インチの854になると思います。どうせなら、同じ番手のNRXが欲しいし、GLXにするならエクストラヘビーの855(この番手はNRXに無い)の方が良かった気もします。





んんーー






なぜ入
手したのか謎っっw


でも、軽量軽快なNRXより、剛重で粘り強いGLXの方がイイ!って時もあります。

要は好み。物欲にはキリがありませんwww


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
GLX
Gルーミス GLXが2012年にリニューアルされました。
クラシックシリーズと呼ばれるMBR 783CやMBR844Cなどはそのまま残りましたが、ジグ&ワームやクランクベイト、シェイキーヘッドやフリップシリーズが新しくなっています。

リニューアルしたモデルの最大の特徴は、美しいグリーンのブランクスと、オリジナルのリールシートです。グリーンのブランクスは、同じくグリーンのノリーズ・ロードランナーよりやや深い色味で、写真で見るよりカッコいいです。 ←個人的主観

シマノ海外版のリール・CURADO E(スコーピオンXT相当)がグリーンなので、ロッドと統一できるのかなーーっ!と思っていましたが、同じ年にリールもリニューアルし、ホワイトのChronarch Eとなっていました。でも、ホワイトのリールとグリーンのブランクスは意外と合いました!

GLX 843C CBR
リニューアルされたGLXのリールシートですが、トリガーが指半分ほど前寄りになっています。また、ブランクタッチする箇所もかなり細めで、最初は持ちやすいなぁと感じていたんですが、数時間パーミングすると指が痛くなります。これは、フジのリールシートはもちろん、同じルーミスのNRXシリーズやクラシックシリーズと比べても顕著す。
オイラは3高(高身長・高体重・高コレステロール)で手が大きい方なので、余計そう感じるのかもしれません。アメ竿は、体の大きな人用じゃなかったの><

アンタレス12
なので、1日中巻物を続ける時はこんな持ち方になってます。3本指でパーミングした後、人差し指だけリールにひっかけていて、海外のビデオなどではよく見る持ち方です。
この持ち方だと、細身のリールシートでもかなり楽に持ち続ける事ができて、リールに伝わる感度も察知しやすい気がします。あと、通常時のパーミングはイマイチなんですが、魚を掛けた後はバツグンに持ちやすくなります。ブランクスの性能もあると思いますが、力を入れやすいというか、竿を上げている時に使いやすいと感じました。


新しいGLXは、個人輸入で2本、正規代理店で1本購入(全てベイト)しましたが、どれもガイドの取り付けがイマイチでした。少し曲がっていたり、輸入品はガイドフレームを取り付けている接着剤がガイド内に流れ込んでいたり><
アメ竿だからそんなもんだろう…と納得していますが、昔の並行輸入品のGLXや、最近発売されたNRXと比べても品質が劣る気がします。


不満も多いニューGLXですが、それでもこの粘りのあるブランクスは魅力です。
BCRなどの旧GLXより軽量になっていますし、感度もグイッグイッと分かりやすい出方でオイラの好みで、そこだけはNRXより好きです。
今後の(めったに行かない)釣行計画次第ですが、エクストラヘビーのベイトロッドか、シェイキーヘッドのスピニングロッドの入手も考えています。




決してブログネタの為だけに入手するんじゃないよw


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
GLX 845C CBR
クランク、バイブレーションに使用しているGルーミス(G Loomis) GLX 845C CBRです。
(7フィート、ミディアムヘビー、アクション:モデレート、ライン:10-20lb、ルアー:3/8〜1oz)


2012年12月
このルーミスのクランキングロッドには、シマノのアンタレス(2012)を載せて、ファットペッパー、マッドペッパー、DEEP-X300、ショットオーバー5などを投げています。ロッド全体がしなやかなに曲がるので、コンバットクランク250やブリッツEX-DRといった3/8os前後のクランクでも全然ぶっ飛びます。TN70やブザービーターといったバイブレーションにも最適で、2012年12月の釣行では貴重な1匹をGetしてくれました!!

クランキングロッドにしては軽めで、先重りが少なく、感度も良い方だと思います。これを使うと、もう無印のCBRやロードランナーのハードベイトスペシャルには戻れません(重くて疲れますっっw)。
ただ、ロッド中央付近のティップからベリーがぐにゃっと入るので、ルドラなどのジャークベイトや、フッキングに力が必要なスピナーベイトやチャターには不向きです。巻物用ロッドとクランキングロッドは似て非なるものなんだなと実感した竿です。


これまでのCBRよりテーパーが緩やかなのはGLX 843C CBRと同様ですが、よりパワーがあり、ウィードもブチブチ切れます。ただ、本当に気持ちよく使うならマッドペッパーまでで、それも投げるときにややダルく感じました。1oz前後がメインならGLX 847C CBRの方がいいかもしれません。 ←使った事ない。

魚が掛かるとロッドがかなり曲がりますが、バットが柔らかく受け止めれくれます。グイグイ引き寄せるというよりは、ズルズル引きずって寄せる感じです。柔らかいのに、ロッドの曲がりが戻る瞬発力が高く、魚が方向を変えてもキッチリ追従できます。



GLXリニューアル時のプロモーション映像。
GLX CBRにCalcutta E(カルカッタ200(2012)の海外版)の組み合せがカッコいい!!

GLXのクランクベイトシリーズには、同じパワーで1インチ長いGLX 855C CBRもラインアップされています。こちらはやや固めのようで、バイブレーションのリッピングなどに適しているようです。 ←欲しい!
また、6.6フィートのラインナップにはGLX 785 CBRがありますが、これもやや固めで、ジャークやバズベイト向きとなります。6.6フィートでクランクなら783か781が良さそうです。


新しくなったGルーミスのGLX。
良い所ばかり書いてみましたが、そろそろダメな所もまとめていきます!


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
レンジャーボート
琵琶湖で初めてボードに乗ったのが2012年夏でした。
知人のレンジャーに載せていただき、湖面を滑走した初の感動は今でも忘れられません。

GLX 843C CBR
琵琶湖に行く事になり、急遽入手した7フィートのクランキングロッド
2012年に新規リニューアルしたG Loomis GLX 843 CBRです。
(7フィート ミディアム アクション:モデレート ライン:8-14lb ルアー:1/4〜5/8oz)
まだ、日本代理店の魚矢さんに入荷していなかったので個人輸入しました。
(現在、使っているのはGLX 845 CBR843は手放しています。)

GLX 843C CBR
GLX 843 CBRの印象は、細身でしなやか!です。
同じルーミスの無印CBR 843Cや、旧GLXのCBR 853Cよりも明らかに柔らかいです。
使用感は無印CBR 783Cに近く、よりスロー寄りのテーパー。ディープフレックスシリーズのGLX版といったイメージかもしれません。
同じパワーでも長さによって強さの感じ方が変わる今までのルーミスロッドとは異なりました。


琵琶湖当日、このロッドでメガバスのDEEP-X 300(3/4oz)をぶん投げてきました!
ウィードをブチブチ切るパワーじゃないので、ウィード上をトレースするように巻き巻き…
すると、フワっと浮かび上がるようなアタリが!思わずフッキング!!
ロッドがぐにゃりと45度曲がり、バットがしなやかに粘って魚を引きずり寄せ、見事入魂完了!
他の巻物とはまた違う、クランキングロッド独特の気持ちよさを体験できましたb


ただ、琵琶湖で使うには弱すぎだと感じ、GLX 845 CBRを注文しちゃいましたw
アメリカのHPに記載されている通り、843は3/8oz位のディープクランクが適していると思います。




<<<その後>>>






845と入れ替えで手放しましたが、冬場なら843の方が良いかもしれません。
少ないウィード、弱いアタリ…残しておけば良かったなぁ。 ←今ココ


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
NRX
今、メインで使っているベイトタックル。

ロッド:G Loomis NRX 802C JWR
    G Loomis NRX 843C MBR
リール:シマノ メタニウム(2013)
ライン:サンライン FCスナイパー

GLX
こちらはクランキング用とジグ用。

ロッド:G Loomis GLX 845C CBR
    G Loomis GLX 804C JWR
リール:シマノ アンタレス(2012)
    シマノ クロナークCI4+
ライン:サンライン FCスナイパー 


それぞれの使用感や戦歴は、また個別に紹介しますーー!!

このページのトップヘ