俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

海外タックル

    このエントリーをはてなブックマークに追加

北米で発売されたダイワプロスタッフ達のシグネチャーモデルロッド
タトゥーラエリート ロッド!!

AGS搭載モデルで$279.99〜$299.99、非搭載モデルで$179,99らしいので、
高性能&低価格の超絶コストパフォーマンスを期待させるロッドです!!!

多様な釣り方に特化した専用性能を見せてくれそうなラインナップが充実!全て1ピースモデルで、スピニングはPEライン(ブレイデットライン)を前提としたライン表記が多いです。

自分的には、国内的フィネスにも使えそうなスピニングはもちろん、3種のクランク用ロッド、ワーム&ジグとピッチングロッドが気になります。
....ほぼ全部やんw

ワーム&ジグ(メーカーによってはジグ&ワーム)は、北米では人気のあるカテゴリーで、今までのイメージだとピッチングなどの近距離で使いやすく、繊細なティップ&ベリーと強靭なバットを兼ね備え、高比重ノーシンカーから重めのジグまで扱えるルアーの幅が大きい推測です。遠投には向かないものの、キャスティングも無理すればできない事はなく、むしろジャークベイトやバズベイトのような軽めのルアーは投げやすそう!

専用ロッドと聞くと、クランク用がその特化性をイチバン実感できるイメージで、次がワーム&ジグやピッチングロッドです。バーサタイルなロッドがある程度揃っているなら、大森モデル2種(ピッチングとクランク用)を加える事で、釣りの楽しみ方の幅がググっと広がりそう。

果たして日本で展開するのか?!

 WORM, JIG
Model by Purpose Power Action Length Line Lure Guide
TAEL691HFB Andy Montgomery SKIPPIN'JIG H F 6'9" 16-30 1/4-1,1/2 Alconite
TAEL701MMHXB-AGS Brent Ehrler FINESSE M-MH XF 7'0" 8-20 1/8-1 AGS
TAEL711HFB Andy Montgomery SKIPPIN' JIG H F 7'1" 16-30 1/4-1,1/2 Alconite
TAEL731MHFB Brent Ehrler MULTI-PURPOSE MH F 7'3" 10-20 1/4-1 Alconite

TOPWATER, JERKBAIT
Model by Purpose Action Length Line LureGuide
TAEL691MLRB Seth Feider LIGHT TOPWATER/JERKBAIT R 6'9" 8-14 1/4-5/8 Alconite
TAEL701MLRB Randy Howell SHALLOW CRANK/LIPLESS/JERKBAIT R 7'0" 8-14 1/4-5/8 Alconite
TAEL741MHRB Randy Howell BIG TOPWATER / SPINNERBAIT / BLADED JIG R 7'4" 12-25 1/4-1,3/8 Alconite

FROG
Model by Purpose Action Length Line Lure Guide
TAEL741HFB-AGS Ish Monroe FROG F 7'4" 30-55 BRAID 1/2-1,1/2 AGS

PITCHING
Model by Purpose Power Action Length Line Lure Guide
TAEL731HFB Takahiro Omori PITCHIN' H F 7'3" 14-30 3/16-1 1/2 Alconite

FLIPPING & PUNCHING
Model by Purpose Power Action Length Line Lure Guide
TAEL761HFB-AGS Ish Monroe FLIPPIN' H F 7'6" 16-30 1/4-1,1/2 AGS
TAEL801HXB-AGS Ish Monroe PUNCHING' / FLIPPIN' H XF 8'0" 30-55 BRAID 1/2-1,1/2 AGS

CRANKBAIT
Model by Purpose Power Action Length Line Lure Guide
TAEL701MHRB-G Takahiro Omori CRANKIN' MH R 7'0" 10-20 1/2-2 Alconite
TAEL741MHRB-G Brent Ehrler CRANKIN'/BLADED JIG MH R 7'4" 10-20 1/2-2 Alconite
TAEL801MHRB-G Brent Ehrler DEEP CRANKIN' MH R 8'0" 10-20 1/2-2 Alconite

SPINNING
Model by Purpose Power Action Length Line Lure Guide
TAEL701MLFS Cody Meyer FINESSE ML F 7'0" 4-10 (6-15 BRAID) 1/16-3/8 Alconite
TAEL711MFS-AGS Brent Ehrler DROPSHOT M F 7'1" 6-12 (6-20 BRAID) 1/8-1/2 AGS
TAEL711MHFS Randy Howell POWERSPIN MH F 7'1" 6-14 1/4-3/4 Alconite
TAEL731MXS Randy Howell SHAKY HEAD/ UNDERSPIN M XF 7'3" 6-14 (8-20 BRAID) 3/16-1/2 Alconite
TAEL741MFS-AGS Cody Meyer VERSATILE M F 7'4" 6-14(8-20 BRAID) 3/16-1/2 AGS
TAEL761MLMFS-AGS Seth Feider HAIR JIG/NEKO ML-M F 7'6" 5-12 (8-20 BRAID) 3/16-1/2 AGS
引用元:DAIWA

あくまで個人の感想ブログですが何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
  

    このエントリーをはてなブックマークに追加
Elitt001
TATULA® ELITE™ SIGNATURE SERIES BASS RODS
北米で活躍するダイワ プロスタッフ達のシグネチャーモデルロッドが登場...?!

TatulaSVTW
2017年、ダイワから新登場した超コストパフォーマンスリール タトゥーラ SV TW !
とにかく高級機にも匹敵するカラーリングがカッコいい!!
そして、それ以上にカッコいいカラーリングのロッドが北米で出荷されている模様!

 Elitt000
 タトゥーラ エリート ロッド! シグネチャーモデル!!

SVFカーボンX45といった、TOPメーカーダイワだからこその定番高機能に加え、

AGSガイド搭載モデルまで華麗に低価格ラインナップ!

しかもっっ 
AGS搭載モデルで$279.99〜$299.99、非搭載モデルで$179,99というリーズナブルな価格設定。
北米での同価格帯をシマノと比べるなら、AGS搭載モデルはエクスプライド位、AGS非搭載モデルならゾディアス位というコスパ感っっ!
(※値引率が国内品と違うとか、逆輸入ってことで値段上がるかもしれませんが...)

果たして日本に来るのか?

どれだけのラインナップが来るの??
クランキング3種、スピニング6種とか、計20種類あるんですけど...

それで価格設定はどうなるの???

気になることいっぱいです。
今年のダイワはまだまだ目が離せませんっ!
引用元:DAIWA

あくまで個人の感想ブログですが何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
detail

北米のダイワサイトに、アルファス/ジリオン?と2系統の新型SVが登場記載されていましたが、北米シマノも負け(?)てはいません!

新型ベイトリールはCasitas !!
お値段は驚愕の$119.99 !!


これ、実売1万5千円前後で入手できるCITICA シティカより安いです。
最初に写真見たときは、スコーピオンXT 1000のようない位置付けで、新型アルデバランの廉価版を予想していましたが、ラインキャパを見る限りメタニウムのような100番台のようです。

さすがにXシップではありませんが、SVSインフィニティとS3Dスプールでこの価格帯なら、かなりのコストパフォーマンスじゃないでしょうか?!手頃なシマノのベイトリールって、スコーピオン1500番台のように幅広で糸巻き量が多いもの中心だったので、これが国内でも出れば、

入門用ベイトリールの鉄板!!
間違いなしです。
引用元:Shimano


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
sv_series_main
北米のダイワ公式サイトに登場した新型SV。
ああ、アルファスSVの北米番ねっ・・・て

もう1つは何よコレ ?!

ジリオン的な形状にSVスプール
103番台という事は、まさか34mm径スプールの廉価型ジリオン?

北米のラインはポンドテスト(表記lbでは切れない)なので、国内のポンドクラス(表記lb未満なら切れない)とはキャパが異なるのですが、ダイワはどうも国内基準のような....北米のスティーズSVとラインキャパが同じなので、34mm径のスプールなのか、ジリオン用の浅溝36mm径なのか気になるところです。

もう1つ。TWSじゃない・・・パカパカしないのね。


いいんじゃないコレ!

90mmロングハンドル、カラーリング、バリエーション.....
この2台でベイトは完璧やんっ?!

引用元:DAIWA


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加
SJR7200GL3
GルーミスSJR7200 GL3です。
昔、ティファがルーミスの代理店をやっていた頃のオリジナルモデルだと記憶しています。
前回紹介したGLX SJR7200に比べ、非常にしなやかで扱いやすいロッドでした。

SJR7200GL3
スペックはこんな感じ(6フィート、ライン2〜6LB、ルアーウィエイト1/64〜1/8)。SICのガイドリングを7個搭載し、金属製のリングでリールをとめるルーミスオリジナルのリールシートです。

この竿は、1/16ozのダウンショットやスモラバ、小型プラグなどに重宝しました。ティップからベリーはナチュラルなテーパーで、かなり華奢に感じるパワーなのですが、5g程度のルアーでもしっかり振り抜く事が可能です。小バスでもかなり曲がるのに、ある程度の大物でもしっかりとファイトできる、柔よく剛を制するイメージ^^b

GL3 SJR720が軽量級全般が扱いやすいのに対し、GL3 SJR7200は4g以下に特化したイメージです。GL3 SJR720やGLX SJR7200に比べるとシェイクしやすい方ですが、フィネスに特化するなら国産のロッドをオススメしますw

当然、とっくの昔に廃盤になっていて、古き良き時代の竿です。
 

個人の思い出ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
zillion_combo
2014ICASTで発表後、発売が待たれるジリオンTWS 年内にギリギリ北米リリースかな><

同名ブランドのジリオンロッドもリニューアルされ、すでに発売開始されている様子。
型番などの詳細は前回の記事か、USダイワのサイトを参照してください。


で、プロジェクトTのPVも更新され、エピソード4ではロッドについて紹介しています。

気持ち良さそうに、思いっきり曲げてるな〜

個人的には、タトゥーラロッドのように、スピニングのドロップショットモデルがあれば完璧なのに!と思っています。それでもSVFカーボン、ネジレ補正のX45カーボンエアリールシートなど、結構なハイエンド仕様なのに、230〜290ドルっていう価格帯がホントにリーズナブル!
個人輸入とかすると、結局送料でハイエンドな価格になっちゃいますが。。

アメリカ羨ましいー

日本でももっとバス釣り人口が増えれば、生産量が増えて、高品質低価格化になるのかな??
あ、プレミア競争が先行するか^^;
引用元:DAIWA

あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)

ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
7200GLX
GルーミスSJR7200 GLXです。

かつては、「ルーミスでタックル揃えたいならスピニングはコレでしょ?!」的な存在でした。
スペックは、6フィート,ライン2〜6LB,ルアーウィエイト1/64〜1/8と、一見フィネスな感じ。


でも


高弾性・高感度で結構なパワーw

反発力が強く、2インチのセンコーでもぶっ飛ばす事ができましたが、繊細なシェイクには不向きなロッドという印象。強いて言えば、ロードランナー600STSをキンキンにした感じなのですが、アレはしなやかさが伴ってこそのフィネスロッドだと思います。

ルーミスでライトリグ利用であれば、ドロップショットシリーズの方がオイラ的に好きです。
でも、高弾性なハリと、MAXルアーウェイト1/8ozというライトパワーが共存する個性的な性質は、3.5g以下の軽量ルアーを扱うにはメチャメチャ楽しい竿ですb 例えば、スピナーとか。。

7200GLX
かつてルーミスの代理店だったティファの並行輸入版モデル。
SICのガイドリング6個、フジのリールシートが特徴。リールシート側のガイド径が25mmとなっています。

並行輸入版ですが、北米市場でSJR7200がラインアップされていた事は無いと思います。オイラ的に、トラウト用のGLXブランクスを流用し、北米でくみ上げた日本向け仕様なんじゃないかなぁ??っていうのが勝手な妄想。だって、スプーンとか使いやすそうだもんw

7200GLX
ティファが販売していた国内モデル。ゴールドサーミットのガイドリング7個のニューコンセプト使用。リールシート側のガイド径が30mmとなっています。また、ブランクスがやや短めで、その分グリップ長が長めとなっています。並行輸入版が短めなので、こちらの方がバランス的にいいかと。
リールシートは、金属リングでリールを固定するルーミスオリジナルです。


まあ何より


今じゃ手に入れにくい!
って事が最大の難点な竿><
オークションなどの価格は高騰しすぎですw


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
820S GLX
GルーミスドロップショットシリーズDSR820S GLXです。リールはヴァンキッシュC2500HGS^^

ルーミスでライトリグまでやりたいなら、このドロップショットシリーズがイイと思います。しなやかなティップで軽量リグも扱いやすく、1/16oz程度のリグをあるていど繊細にシェイクできます。

GLXは廃盤になっていますが、今年リニューアルされた新IMXシリーズには同じ型番がラインアップされていますし、無印のDSR820Sもまだまだ健在ですb

GLXモデルはSICのトップガイド以外をリコイルガイドで軽量化していますが、通常のガイド(といってもアルコナイト)の他モデルでも十分な性能を持っていると思います。

820S GLX
スペックは以下の通り。他モデルの820Sも同様です。
(6.10フィート、マグライト、EXファースト、ライン4〜8LB、ルアーウェイト1/8〜3/8oz)

ルアーウェイトだけ見るとMLパワーな感じですが、実際は1/16ozのジグヘッドやネコリグも軽快にキャストで来ます。ティップがしなやかなのが特徴で、これはGLXでも無印でも共通の使用感です。バットはやたら強靭ですが、ティップがかなり入るので、ミドストなどにも使えない事ない印象。

同型番の新IMXはまだ未体験なので、ホント気になります!!

ルーミスの竿は目的ごとのリグを基準にウェイト表記しているようで、ルアーウェイトが1/16oz〜のジグロッドより、DSRの方がライトリグには向いています。


まあ要は


アメ竿でもライトリグできるYO!
って気持ち。フィネスは辛いけど、気合いで我慢できるハズw


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_6708
ボーマー ロングAは思い出のルアーです。
写真は最近入手したB14A(サイズ: 3 1/2in、重さ: 3/8oz )です。

ロングAは、子供の頃にお年玉で購入した事があり、当時は超高級宝物ルアーでした。
プラグで初めてバスを釣ったのがロングAで、どこに行っても投げていました。使い込むうちに、全てのカラーが剥げてしまって、目玉も模様も何にも無い透明のプラスチックの固まりになった事を覚えています。

フローティングのジャークベイトとしてバランスが良く、意外と飛距離が出る事と、ジャークでもただ巻きでもしっかり動いてくれるので、今でも大好きです。子供の頃はジャークなんて知らなかったので、ロッドを立ててタダ巻きする事が多く、知らず知らずにウェイキングしていました(笑)

 
ヒロ内藤さんが詳しく説明してくれている動画です。

昔のアメリカンルアーはフックがしょぼかったですが、最近のロングAにはTx3ロータティングトレブルフックが採用されています。これ、微妙に針がねじれていて、魚がバレにくいようになっています。国産フックのような触れるだけで掛かる鋭さはありませんが、十分にフッキングできるシャープさと、丈夫な粘り気のある針先が気に入っています。

同じくTx3を採用しているラトリンログを使った際、太ももにフック刺さってエライ目にあった事があり、フッキングしやすくバレにくい事を身を持って体験しましたw


個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ

アメリカンルアーフィッシング用品専門店 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
001
Gルーミスジグ&ワームシリーズGLX BCR804です。
北米市場でのGルーミスは、MBRやCRといったクラシックシリーズより、このジグ&ワームシリーズが主流なようです。このモデルはすでに廃盤でですが、GLXが全面的にリニューアルされ、GLX 804C JWRが現行のラインアップに入っています。

002
長さ6.8フィート、ヘビーパワー、ライン14-20lb、ルアー5/16-3/4ozが基本スペック。
ブランクス全体を渋いブラウンに塗装してあり、クラシックシリーズGLXより粘っこいイメージでした。

気に入らなかった点は、重量が全体的に重たくなっている事、トップガイド以外をリコイルガイド化して軽量化しているにもかかわらず、先重りが酷かった事です。結局、MBR784CのGLXの方が好みに合っていました。



でもそれ先入観!

だした><

リニューアルされたGLX 804C JWRを使ってみて、ジグ&ワームシリーズの気持ち良さに惹かれています。なんていうか、ジグやワイヤーベイトで乗りやすく、全力でフッキングするのが気持ちいい!!
そして、リニューアルされたGLXジグ&ワームシリーズは、全体的に(許容できる位に)軽量で、ロッド全体のバランスも格段に良くなっています。

バランスや重量を気にしなければ、この廃盤モデルでもっと幸せになれたかも。。

ジグ&ワームシリーズを国内のロッドで例えると、エクスプライドピッチング&フリッピングシリーズが近いとオイラ的に思っています。ブランクスのガッチリ感は圧倒的にGルーミスの方が上ですが、価格差を考えたら当然の事だと思いまし、ガイドセッティングやリールシートなどを考慮すると、エクスプライドのコストパフォーマンスは秀逸だなぁと改めて感じます。数年酷使しない限り、そんなに差が出ないんじゃないかなぁ・・・

あ、オイラは6.8フィートの804を使っていましたが、定番は7.1フィートの854のようです。6.8フィートは近距離向きのようです。


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ

このページのトップヘ