俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

その他のメーカー

    このエントリーをはてなブックマークに追加
clear
バス釣りにサングラス、特に偏向グラスは必需品。
まだ、ロッドやリールをそれほど充実していなかった頃から、思い切ってサイトマスターを購入しましたが、イイものは末長く使えてます。

ただ...結構な頻度で曇るっっ

汗をかきやすい夏場、防寒を着込んで息がたまる冬場、とにかく様々なシーンでサングラスは曇ります。いろいろな曇り止めを試したのですが、最近はパック分けされているシートタイプのクリーナーを使っています。

釣行前にシートでふき取るだけなので、液状タイプの物よりカンタンに扱えるのがイイですb
また曇りやすいシーズンには、予備のシートを1〜2袋持っておけば、1日中快適に過ごせます。

あくまで個人の感想ブログですが何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
XT64LP
フルーガ パトリアークXT 64LP、かつてオイラのバス釣りタックルでした。
ピュアフィッシングジャパンのフルーガブランドで発売されていたリールです。


レボエリートIBを使った後、遠心+マグの使い心地の良さを改めて実感したので、軽量ルアーも使いやすそうな33mmスプール径のパトリアーク XTを購入してみました。
一部では、アンタレスARを超える!とまで評価の高かったパトリアークXTは、北米でも先行して別バージョンが発売されるなど、全世界で好評だったのかもしれません。

オイラが使ってみた感想は、

普通に使いやすいリール!

使い比べるかぎり、アンタレスARの方が飛距離も巻き心地も上ですし、軽量ルアーであればアルデバランの方にアドバンテージがあります。今、汎用的な使いやすさ重視するなら、迷わずダイワのSVシリーズを選びます。
ただ、このリールの発売時期にはSVシリーズも無く、良い感じでオールマイティだった事は間違いありません。そしてそれは、33mm径スプールで遠心+マグブレーキのレボエリート(REVO ELITE IB)シリーズへと繋がっていったのかな…と勝手に想像。

どのリールも性能が底上げされ、
オイラみたいに腕が無くても使いやすい!
好みで道具を選べるイイ時代ですb


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。

バス釣り ブログランキングへ  


    このエントリーをはてなブックマークに追加
001
ノリーズ ロードランナー 5100LSです。
現行のヴォイス(VOICE)モデルで、ロードランナーでタックル一式揃えるなら絶対欲しい一品!

元々ロードランナー自体、ライトリグやフィネス向きの竿だとは思いません。今は、ソフトベイトに特化したストラクチャーシリーズがありますが、それでもロードランナーらしさをスピニングでも体感したいならオイラ的に5100LSです。 ←600LSや630LSではしっくりきませんでした。
10LB前後のナイロンで軽量プラグを投げたり、6LB以上のフロロでちょっとカバーの濃い所にノーシンカーを使ったり、フィネスとは異なるマイゲームが楽しめますb

使用感としては、GルーミスのGL3 SJR720をハイエンドな仕上げにしたイメージです。竿の調子や粘りが驚く程そっくりです。重量がある分若干感度が落ちる感じがしましたが、40up以上のバスを掛けた時の粘りは5100LSの方が上だと感じました。

竿本体は160gと重めですが、魚が掛かった後の取り込みが容易で、キャスティングしやすく、初めてバス釣りをする友人を連れて行くときなど、貸し出し用にも最適(≧▽≦)


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ  
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_4394
スタジオコンポジット のシマノ用クランクハンドル RC-SC90mmEVAです。

ダイワジリオン Jドリームを使ったとき、あまりにも巻きやすく、そして感度の伝わり方も良かったので、当時の手持ちのシマノリール全て(アンタレスDC、コンクエストDC)にコレつけちゃいましたw

引き抵抗の高いルアーを巻物する時、オイラ的に90mmという長さが丁度良く感じました。ハンドルノブがリール本体側に寄る事で、確かに巻き方にムラが無くなった感じもします。5mクラスのディープクランクや3/4ozのスピナーベイトなどを使用すると、巻きが重くてリールが揺れるような事があったのですが、そういった事が解消されました^^v

それまでは興味の無かった、最初からクランクハンドル付いているモデルや、ストレートハンドルが限りなくリール本体に近い12カルカッタ200などに興味を持つキッカケになった一品ですb


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ  

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
crossfild


アブガルシアクロスフィールド・ベイトリールがそろそろ発売みたい!

バス・トラウト・ソルトの全ジャンルを網羅するというクロスフィールドのコンセプトは面白いと思います。すでに各種ロッドやスピニングリールが発売されていて、最後の仕上げ的にベイトリールが登場!

釣りのジャンルや方法に特化し、それぞれ専門化したタックルは確かに使いやすいですが、

目的は魚釣り!!

という人には手軽に使えそうなリールです。

しかも、最近のコストパフォーマンスモデルは、オイラみたいに道具に愛着もっちゃうタイプでも中々の魅力b

 ・頑丈さと重量のバランスがいいアルミフレーム(自重199g)
 ・安定のマグトラックスⅡブレーキ
 ・早すぎず遅すぎないライン巻取り長74cm(ギア比7.1)
 ・95mmクランクハンドル
 ・14LBが100mのラインキャパ
 ・別売でベイトフィネススプール


なに?このミラクルスタンダード?! 

すごく色々な中間を押さえている感じです。

スピードシャフトじゃない所が物足りないですが、お値段を考えれば十分すぎる性能!!
「今日お店で道具を揃えて、明日釣りに行く!」といった手軽さと本格性能を兼ね備えています。

引用:ピュアフィッシングジャパン


個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

リーズナブルで良く動くルアーを提供するBIOVEX
そのメーカーの小型で扱いやすいS字系ルアー、ジョイントベイトJointBat)がマイブーム。

安い割になかなか艶かしく動きます!そして、サイズ110で17g、サイズ90で11gと扱いやすい大きさ。

先月、コレを使った知人が50up筆頭にバコバコ釣ってます。何故かオイラは、15〜20cm位の小バスをパコパコ釣ってます^^;

サイズを問わないバスのチェイスも多く、お値段以上の満足なルアーです。ただ、ジャークを入れるとリアフックが尻尾に絡みやすい、サイズ90はやや動きが悪い、などの気になる点もありました。

JointBait_Tune
で、ジョイントベイト(JointBait)をチューンしてみた。

キッカケは、メーカーのtweetによるチューン情報。ただ、ST46の手持ちが切れていたのでサイズ110から移植しちゃいました。サイトやTwitterなどでこうしたチューン紹介情報が出てくると、いろいろ楽しめていい感じです。BIOVEXのサイトには他にも面白い動画がたくさん紹介されています。



って、



最初からこれで売れば?

まぁ、お尻が軽くなった分のバランス調整とか、いろいろ汎用的じゃなくなりますがw


あくまで個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ  


    このエントリーをはてなブックマークに追加
limited7_banner
アブガルシアレボ LTZ AE74-レーシング リミテッド7(REVO LTZ AE-74Racing Limited7)が8月発売予定です。そろそろ出てるのかなぁ・・・

ライトな巻物にも使えるギア比7(巻き取り長74cm)は使い勝手良さそうです。ベイトフィネスに特化しすぎず、ある程度汎用性に使えそう。LTZ AE74 レーシング同様、8LBライン50mと100mの換えスプール が付属しているので、ライトなバーサタイルタックルと使い分けることもできます。

しかし高そうw ベイトフィネスリールは持ってないけど、入手はまだまだ未定^^;

基本ベースがあってカスタマイズしやすい製造ラインがあるなら、いっそ、ギア比とかブレーキとかスプールとかオーダーメイドにしてくれてもいいのにー

引用:ピュアフィッシングジャパン

 あくまで個人的な妄想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
バス釣り ブログランキングへ  
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
旧IB
アブガルシアの旧レボエリートIBです。
すいません、2014年発売の現行レボエリートIB 5/7ではありません。 


アブの4600C、モラム、イオン(EON)と使ってきて、久々に入手したアブリールです。各メーカー共通仕様の多い韓国OEM製だったレボシリーズは敬遠していたのですが、遠心+マグのインフィニティブレーキに惹かれてちゃいました。リョービのキャスプロシリーズが使いやすかった印象もあったのでw







で、使ってみた感じ‥‥







投げやすっ!!


遠心1、マグ1〜5、スプールがガタつかない程度のキャスコンの締めで、強風の中でも快適にキャストできました。あと、現行のIBの33m径スプールと異なり、35m径のスプールの巻き上げ70cmがオイラ的に丁度よかったです。その分、糸巻き量が20LB100mとオールマイティに使うには多すぎで、また遠心1でもブレーキが効きすぎに感じたので手放してしまいました。



んー

このブレーキ性能であれば、重量級に特化した使い方でも良かったかなぁ。
後にシャロースプールが発売されたし。。


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

北米のICAST2014で、アブ レボ・ビーストが淡水リール部門で最優秀賞をゲットしました。昨年はシマノのクロナークCI4+が受賞し、過去はレボMGXが受賞しています、もしかすると、国内でもこのリールが販売されるかもしれません。

レボ・ビーストは旧レボIBをヘビーデューティー化したような外見で、ビッグベイトや重量級のリグに向いてそうです。現行の33m径スプールのような小型リールでは無く、かなり大きな作りになっています。

【主な特徴】
・アルミ製ボディ
・チタンコーティングされたラインガイド
・真鍮製ギア
・インフィニティブレーキ (遠心+マグ)
・豊富なラインキャパ(正確には分かりませんが、国内表記25lbが100m巻けそう..)
・約10kgの最大ドラグ
・重量約265g
・$349.99 (秋発売予定)


去年発表されたバーサタイルなタトゥーラとクロナークCI4、今年発表されたヘビーなジリオンTWSとレボビースト、どちらもダイワ製品の方が安価で新機能も豊富なのですが、受賞を逃しているのは残念です。ジリオンTWSに限っては、名より実を取ったと信じていますb

あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

気になる海外新製品、セントクロイ レジェンド トレック(ST.Croix Legend Trek)です。
このロッド、3ピースでケース付き、旅行にも持ち運び可能な超ハイエンドロッドです。
1500ドル以上の予定価格で、値段だけならGルーミスのNRXに匹敵します。

そして、青くてパワフルなマルチピースという所がアノロッドを思い起こさせますw


ブランクスはSCⅣと呼ばれるグレードで、高感度SCⅤと中弾性SCⅢの間のようです。
使った事無いから分かりませんが、意外と丁度いい感じなんじゃないでしょうか?
ブランクスは国内に出回っていたと思うので、誰か使った事あれば教えてください。


ラインアップは以下の通り。

【ベイト】
7フィート Mパワー
7.6フィート MHパワー
7.6フィート Hパワー
7.6フィート XHパワー

【スピニング】
7フィート MLパワー
7フィート Mパワー
7.6フィート MHパワー 

オイラ的にはXHパワーが気になります。スイムベイトやアラバマなんかもいけるんでしょうか??
あと、スピニングのMLパワーはジグヘットワッキーなどに使えそうなギリギリフィネス?な感じ。逆にこれくらいの方が、旅先でバーサタイルに使い易いのかも。







ただ








12月発売予定www

忘れてるよ。きっと。 


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ 

このページのトップヘ