俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

ダイワ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ジリオンTWS
北米で発表されたジリオンTWS、まだオイラのバス釣りタックルじゃありません><

チラホラと北米のネットショップで表示はされていますが、どこも在庫無しの入荷未定状態。タトゥーラHDジリオンロッドなど、他の新製品は出始めているんですけど。。

タックルウェアハウス(Tackle Warehouse)なら入荷日がある程度分かった段階でサイトに出るので、安全な個人輸入ならココで入手しようかと考えています。



ジリオンTWSのPVエピソード2です。ドラグが出る時に音鳴ってない?とか、夏に国内発売予定のモアザンPE SVとのスプール互換など、気になる事はてんこもりで期待だけが膨らむのですが・・・・



まさか



エピソード10流し終わるまで北米でも発売しないとか?! 



無いですよねっw 

発表された他の製品、ジリオンロッドタトゥーラHDなどは、北米の店舗で着々と販売準備されているのに、ジリオンTWSだけ音沙汰ないのは心配で仕方ありません。昨年のプロジェクトTはエピソード10まであったので、まさかとは思いますが。。(続く


引用:DAIWA



個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ

    

    このエントリーをはてなブックマークに追加
リールはシマノ


そんなオイラが・・


DAIWA T3 SV 6.3R-TWを使ってみたー
T3 SV
ダイワ DAIWA T3 SV 6.3R-TW!

ネットで不評だった初期ロット、第二ロットが過ぎ去ってからの使用。

参考にさせていただいたブログはコチラ

数多のトラブルにも負けず、T3SVへの強い愛情を書き記した「三郷在住 バス釣りブログ」さんが背中を押してくれました。








いやー








楽しいわコレ!!

DAIWA Zの登場時からマグフォース3Dに興味あったのですが、これすげー気持ちいい投げ心地♪ ALL ROUNDモードのダイヤル10〜14で、ほとんどのルアーがノントラブルで十分な距離を投げれます。


何より


マグブレーキなのに失速感が少なく、スムーズに抜けていくんですb


昔使っていたTD Zジリオンとは異なるキャストフィールだと感じました。


DCSVSインフィニティ同様、へたっぴなオイラでも強風の向かい風をキャスト可能なのがスゴい!ダイヤル設定を変えずにMAX BRAKEモードにすれば、さらに安定して(ひょっとするとDCよりも)必要十分な距離を逆風に向かってキャストできます。
 
それにブレーキ設定を変えずにピッチングできるのも便利!


LONG CASTモードではさらに飛距離がグンと伸びますが、サミング無しだと少し糸がフケ気味で、最悪バックラッシュしました。オイラのキャストが下手なせいもありますが、「ノートラブルなリールには魅力がない!」なんていうジリオンHLC使いの人とかにも良いのでは?!

T3 SV
使ってるルアーはこんな感じ。

ワイルドハンチやワイルドハンチSRなどを使う限り、十分なパワーと巻き心地でした。TWSがラインを押さえている感もありません。ただ、スピナーベイトを巻いた時に若干重たく感じます。これは、ギアの性質やTWSがラインを押さえているというより、ハイスピードなレベルワインドがそう感じさせている気がします。

それでも、ハイスピードレベルワインドTWSはベストすぎる組み合わせ!!

ラインをフカフカに巻く事で糸噛みが少なく、万が一のバックラッシュも軽度ですみます。フカフカなラインは飛距離に影響が出そうですが、そこをTWSがばっちりカバーしてくれます!!



ちなみに、写真のT3 SVがライン巻いていないのは、回復不可能なバックラッシュしたからです。



え?



SVはバックラッシュしないんじゃないかって?



背後の木にルアーが引っかかった状態では、流石にトラブルレスではありませんでしたっっww

しかも2回>< 1回目は何とか回復したんですが。。

つ、つまり、背後を忘れる程、夢中に投げ続けた訳です(笑)


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ 
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
zillion_rods
海外でジリオンTWSが発表されましたが、ジリオンロッドもリニューアルされるようです。

予定販売価格が229〜289ドルで採用技術てんこ盛り!
ネジレ補正のX45、HVFより筋肉質なSVFカーボン、オリジナルのカーボンエアリールシート、アルミニウムのクランプナット、SICリングKガイドなどなど。

国内で定番のハイエンド技術をベースに仕上げられたアメリカンロッドって気になりませんか?!琵琶湖などの大規模フィールドがメインの人には魅力的だと思います。
昨年、北米ではタトゥーラロッドがX45やSVF採用で150〜170ドルで発売されていますが、国内未販売で、おそらくジリオンロッドも出ないでしょう。ホント、この価格帯は反則です><
追記:タトゥーラロッドは代理店経由で少数輸入されていました。
【NEWジリオンロッド(NEW ZILLION BASS RODS)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
Jドリーム
ダイワ ジリオン Jドリーム、世間ではモリオンとかモリジリとか呼ばれているリールです。
ジリオンTWSの発表で興奮が冷めない中、今更のダイワリールの思い出話となります。


清水盛三さんの厳しい注文に、ダイワの技術陣が全力で答えたというリール。確かに高いクオリティを感じますし、普段シマノリールを使っているオイラが思わず手にした一品です。

一番気に入っていったのは巻き心地!!MMギアのアンタレスを使っている今でも、Jドリームの巻き心地は好きです!!

あと、スプール径36mmなのに本体が非常にコンパクトで握り易く、サムレストを通じてルアーの振動や魚のアタリを敏感に感じ取る事ができました。リールに感度が伝わる、という事を初めて実感させてくれた機種です。巻取長71cmというのが個人的に使い易いスピードなのかもしれません。似たような巻取長のシマノのアルデバランや、ダイワのスピニングリールも好きです。







忘れちゃいけないのが








日の丸サイコー!!

ネットや雑誌の広告で見ていた分には何コレ?って感じでしたが、実物見ると大和魂に火がつきましたw


Jドリーム写真
ちょっと雑な扱いしちゃいましたが、丈夫でタフなヤツです。
写真コレしかないんですが、GルーミスのNRXとの組み合せが、見た目的にバツグンに合っていました。


Jドリームは、普段ダイワのリールを使っている人からみてブレーキが強すぎる、といった意見もあるようです。オイラ自身もそれは感じましたし、5〜7g前後の軽量ルアーの扱いが難しかったので、メインとして使う事が少なくなりました。遠心ブレーキを使い慣れているのもあるでしょうが、現行のアンタレスが軽量のルアーも比較的投げやすかったので、結局シマノリールがメインになっています。


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ZILLION TWS
新型のジリオンTWSが搭載されるようですね!
15日(日本時間の明日)から北米で開かれるICAST2014で発表されるみたいです。



すでに公開されているPV!
期待感MAXに煽ってくれます!!


ZILLION TWS
ジリオンTWSの重量は7.5oz(約213g)、スピードシャフト、マグフォースZ搭載。
ギア比は3種類で5.5、6.3、7.3、巻上長で約61cm、71cm、82cmとなるようです。
スプールはA7075超々ジュラルミン、糸巻量は現行ジリオンと同じ、価格は$299.95のようです。


iimage
結構渋い!!
TWSは見た目が好きじゃなかったんですが、これは悪くないと思います。
ジリオンのデザインを残しつつ、今風になった印象です。
贅沢言えば、国内版には日の丸を・・・・

って、日本でも出しますよね?ダイワさん??

待ちきれないから個人輸入でもいい!北米はいつから出荷だろー(続く

引用: DAIWA ProjectT


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっとしていただけると嬉しいです!!

バス釣り ブログランキングへ


 

このページのトップヘ