俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

ダイワ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1012SVG1_2

今年発売されたRCS ベイトキャスティング SVスプール 1012 G1です。
昨年から使用率の高いジリオンSV TWに組み込んで使用しています。

1012SVG1_1

ジリオン SV TWのノーマルスプール(こちらG1素材のSVスプール)に比べ、浅溝になので糸巻き量が少なめです。糸巻き量が減った分、最終的なスプール重量が軽くなるのでライトテキサスや軽量ルアーが使いやすくなります。


sp_1016
↑ ジリオンSV TWのノーマルスプールを横から撮影した写真。


sp_1012
↑ RCS 1012 G1 SVスプールの横から撮影した写真。

RCSのSVスプールG1の内部には、ジリオン SV TWのスプールには無かった肉抜き処理があり、これだけでかなりの軽量化になっています。スティーズSV TWのスプールにも肉抜きがあるようで、RCSのSVスプールG1と同じく軽量になっています。

wt_1016
↑ ジリオンSV TWのノーマルスプールの重量。

wt_1012
↑ RCS 1012 G1 SVスプールのスプール重量。ベアリング抜きのカタログスペックで約9g。


もう本当にカタログスペックまんまのイメージで
とにかく色々使いやすい!!

ノーマルでも幅広いルアーが使いやすいSVスプールですが、RCS SVスプール 1012 G1に変更する事で、もう1歩分、さらに使いやすくなりました。
スプールの軽量化はもちろん、浅溝になったライン重量のメリットは、特に7g以下のルアーの使用感は秀逸です。飛距離が劇的に伸びるわけではありませんが、弱めのブレーキ設定でより軽い力で自在に投げれるようになるイメージです。

ただ、逆に言えば10g以上のルアーのキャスティングは大きく変わらないです。しかし、近距離へのジグのピッチングなどの使用感は明らかに良くなっています。

SVスプールの完成系!!
といっても過言ではないかも!
糸巻き量が不足であれば、RCS SVスプール 1016 G1もあります。

劇的な違いはありませんが、あともう少し良くなればと考えている人や、用途に応じた予備スプールを用意したいのであればオススメです。

あくまで個人の感想ブログですが、参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです
(≧▽≦)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
Elitt001
TATULA® ELITE™ SIGNATURE SERIES BASS RODS
北米で活躍するダイワ プロスタッフ達のシグネチャーモデルロッドが登場...?!

TatulaSVTW
2017年、ダイワから新登場した超コストパフォーマンスリール タトゥーラ SV TW !
とにかく高級機にも匹敵するカラーリングがカッコいい!!
そして、それ以上にカッコいいカラーリングのロッドが北米で出荷されている模様!

 Elitt000
 タトゥーラ エリート ロッド! シグネチャーモデル!!

SVFカーボンX45といった、TOPメーカーダイワだからこその定番高機能に加え、

AGSガイド搭載モデルまで華麗に低価格ラインナップ!

しかもっっ 
AGS搭載モデルで$279.99〜$299.99、非搭載モデルで$179,99というリーズナブルな価格設定。
北米での同価格帯をシマノと比べるなら、AGS搭載モデルはエクスプライド位、AGS非搭載モデルならゾディアス位というコスパ感っっ!
(※値引率が国内品と違うとか、逆輸入ってことで値段上がるかもしれませんが...)

果たして日本に来るのか?

どれだけのラインナップが来るの??
クランキング3種、スピニング6種とか、計20種類あるんですけど...

それで価格設定はどうなるの???

気になることいっぱいです。
今年のダイワはまだまだ目が離せませんっ!
引用元:DAIWA

あくまで個人の感想ブログですが何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ZILLION_SVTW_1

2017年新製品の話題ラッシュの中、少し的を外してダイワ ジリオン SV TWのインプレです!
このリール、昨年のフィッシングショーで個人的にイチバン注目した製品でした。

その結論は
全てを満たす究極リール!!

オイラ的に希望する次の条件を完全に満たしています。

・キャスティングが楽チン(ある程度の飛距離、ピッチングなどの容易さ)
・逆風でもバックラッシュしにくい(下手なので)
・巻き力が強く、守備範囲が広い(たくさんリール揃えられないので)
・スプール交換が楽チン(糸の巻き替えが面倒なので)
・価格が手頃(15メニウムタDCは超優等生だけど値段が....)
 ・弱点がこれらのメリットを上回らない(笑)

とにかく軽量〜重量級ルアーまで快適に投げれる、そして逆風でもバックラッシュしにくい所がいいです!  また、ノーマルギア(巻き取り長67cm)を使っていますが、3〜4mクラスのクランクや1/2oz前後のスピナベでも楽に巻きとれるのが魅力!

ZILLION_SVTW_2
さらに、スプール交換がラクなのもポイント高いです。
10円玉でブレーキダイヤルのネジを緩めるだけでカンタンにスプールを交換できます。写真は1000サイズの蝶々ジュラルミンSVスプール(朝溝)で主に10〜12lbを巻いてます。そして、標準のG1 SVスプールには14〜18lbを巻いて琵琶湖用に使用。
 
ZILLION_SVTW_4
左が従来の超々ジュラルミン製SVスプール(浅溝)、右がジリオンSV TWのG1 SVスプール(深溝)。G1 SVスプールはベアリング側のシャフト径が少し細いですが、SLPの製品対応表で互換性があると記載されています。もちろん、装着にも問題ありませんでした。
スティーズ SV TWのスプールも同様にシャフト径が細いので、これも回転の立ち上げの早さに貢献しているのかもしれません。

ただ1点、ジリオン SV TWのスプール重量は、従来のSVスプールとほぼ同じ約12gで、スティーズSV TWのスプールが約9gに対して微妙に不満だったのですが...


なんと、今年のSLP新製品
G1 SVスプールが追加されてるっっ!

スプール内部が肉抜きされて軽量化されているので、おそらくスティーズ SV TWと同じものです。しかも浅溝と深溝の2種類あるので、いろいろと使い分けできそうです!!

STEEZ SV TWセミオーダーシステムといい、
今年イチバンの注目はSLPかも!

あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
16ジリオンSVTW

これが今年一番の注目!
ダイワ ジリオン SV TW (DAIWA ZILLION SV TW) !!

どちらかといえばシマノのリールやロッドを好んで使っていますが、それでも今年はコレに決まり!

ジリオン Jドリームを使った時、その巻きパワーと巻き感度を体感し、T3 SVSVスプールとTWSの圧倒的な使いやすさに感動したオイラ的には、ジリオン SV TWがまさに最終系!!
スプール径が34mmに変更され、スティーズ SV系とも互換がある事から、従来の重量級ルアーだけではなく、幅広い使いやすさが期待できます。これまでのシマノ メタニウム的なポジションになるのでは?!と勝手に妄想!

とにかく、
タフさを備えて、原点TD Zに還ってきた!!
むしろTD Xかな...?

漁師のように毎日釣りに行くならば、シマノ以外にリールの選択肢は無い!という個人的な考えを持っていますが、ジリオンならばサンデーアングラーに十分すぎる耐久性を持っているハズです。
シマノはPEまでデジタル制御できるハイエンドDC機種と、ローエンドで高性能なリールの2極化が進み、ダイワはリーズナブルで手堅いラインナップになっていると感じてます。

もうすでに店頭に並んでいるので、春のスコーンはコイツで巻きたいっ!!

16スティーズSVTW
あと、スティーズ SV TW...これは見なかった事にします。
初めてスティーズに興味湧きました。ヤヴァイ!!


個人の感想ブログですが何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
sv_series_main
北米のダイワ公式サイトに登場した新型SV。
ああ、アルファスSVの北米番ねっ・・・て

もう1つは何よコレ ?!

ジリオン的な形状にSVスプール
103番台という事は、まさか34mm径スプールの廉価型ジリオン?

北米のラインはポンドテスト(表記lbでは切れない)なので、国内のポンドクラス(表記lb未満なら切れない)とはキャパが異なるのですが、ダイワはどうも国内基準のような....北米のスティーズSVとラインキャパが同じなので、34mm径のスプールなのか、ジリオン用の浅溝36mm径なのか気になるところです。

もう1つ。TWSじゃない・・・パカパカしないのね。


いいんじゃないコレ!

90mmロングハンドル、カラーリング、バリエーション.....
この2台でベイトは完璧やんっ?!

引用元:DAIWA


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ



    このエントリーをはてなブックマークに追加
ZILLION_TW_main3

ダイワの公式サイトにジリオンTWがアップされてます!
去年から北米で話題になっていたジリオンTWS、何だかSの字が省略されていますが、間違いなく同一品! ベースカラーは地味目の黒ですが、その分フォルムが特殊的なので存在感は強く、色使いもイイ感じだと思います!


動画を見ながら、いろいろと妄想を広げる日々。
フィッシングショー後、すぐ発売されることを期待します!!

引用元: DAIWA 

あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっとしていただけると嬉しいです!!

バス釣り ブログランキングへ



    このエントリーをはてなブックマークに追加
zillion_combo
2014ICASTで発表後、発売が待たれるジリオンTWS 年内にギリギリ北米リリースかな><

同名ブランドのジリオンロッドもリニューアルされ、すでに発売開始されている様子。
型番などの詳細は前回の記事か、USダイワのサイトを参照してください。


で、プロジェクトTのPVも更新され、エピソード4ではロッドについて紹介しています。

気持ち良さそうに、思いっきり曲げてるな〜

個人的には、タトゥーラロッドのように、スピニングのドロップショットモデルがあれば完璧なのに!と思っています。それでもSVFカーボン、ネジレ補正のX45カーボンエアリールシートなど、結構なハイエンド仕様なのに、230〜290ドルっていう価格帯がホントにリーズナブル!
個人輸入とかすると、結局送料でハイエンドな価格になっちゃいますが。。

アメリカ羨ましいー

日本でももっとバス釣り人口が増えれば、生産量が増えて、高品質低価格化になるのかな??
あ、プレミア競争が先行するか^^;
引用元:DAIWA

あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)

ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
632LB
ダイワエアエッジ632LB、オイラのバス釣りタックルです。
最近、各社が手頃な価格帯で高性能なロッドをリリースしてきていますが、これも中々いい感じですb

ダイワのエアエッジは、1ピースモデルと2ピースモデルが充実している所が大好き!ビッグベイトまで投げられそうな732HXHBや、1ozクラスのプラグも巻けるグラスモデルの662MB-Gなど、2ピースモデルだけで世界中のバスをターゲットにできそうです。

632LB
632LSはL表記ですが、オイラ的な感想はULのパワーアップ版。丁度、シマノエクスプライド264UL+あたりが競合になりそうです。エクスプライドのスピニングは比較的強めなので、よりフィネスに攻めるならエアエッジという選択肢もアリだと思います。

632LB
高脚型ガイドはキャスティングしやすく、3インチクラスのノーシンカーでもシャープに投げれました。ガイド数は7個と、競合のエクスプライドに比べると少ないのですが、その分トップガイド周辺がより小口径になっています。

エクスプライドがかなりしっかりとしたバットなのに対し、エアエッジは全般的にバットまでしなやかです。ある程度オートマチックに魚を寄せられるのがエアエッジなら、50upの急な突っ込みもマニュアルで殺す事ができるのがエクスプライドというのがオイラの印象。後は好みだけ!

これで実売1万円台中頃なら、旅のお供用に1本あってもイイかな〜


個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ
 


    このエントリーをはてなブックマークに追加
662MB
ダイワエアエッジ662MB、オイラのバス釣りタックルですb
何故かシマノ13メタニウムがすっげ似合う竿!!

662MB
いや、ダイワT3SVももちろん似合いますよw


6.6フィート、ミディアムパワー、2ピースの携帯性、そして実売1万円台で一昔前のハイエンド並の性能を誇るという、どこかで聞いたエクスプライドのような竿です!

その性能は十二分に納得!!

同じ6.6フィートミディアムのエクスプライド166M-2と比較し、若干柔らかな印象です。どちらかと言えば、このエアエッジ662MBの方がミディアムバーサタイルな竿です。エクスプライドは少し固めなので、エクスプライド166ML166Mのとの中間がこのエアエッジ662MBなイメージ。

十分なテストで独特な味付けを施されたエクスプライドに対し、エアエッジの方は非常にスタンダードでいい意味で普通の竿です。オイラなら、初めてベイトロッドを手にする人にはエアエッジを、ある程度経験のある人ならエクスプライドを勧めます。

662MB
エクスプライド166M-2
が10個のガイドなのに対し、エアエッジ662MBのガイドは9個です。その分、圧倒的に662MBの方が幅広いルアーをキャストしやすい!!166M-2の方が感度は良かったですが、662MBも十分敏感で、むしろ粘りは662MBの方が上じゃないかと思います。

普通に使いやすいのが662MBで、魚が掛かった後とか、ちょっと普通よりこうなっていればいいな〜的なクセがあるのが166M-2といった所

あと、エクスプライドの方がコルクの質が良さそう、ロッドベルトが付属しているなど、少し優位(?)な点もありますが、その分価格が少し高いです。だけど、本質的なブランクスの性能にコスト差は無いんじゃないかな?と感じてます。

662MB
しかし、エアエッジは2ピースの継ぎ目がキレイ!!
これは好き♪




ホント、この製品たち



お互い住み分けてるっ

どっちを買っても間違いは無いかと。
2ピースでこれなら、1ピースモデルはもっとイイかもしれません!!


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加
ZTWS
ジリオンTWSダイワの本気やね!コレ!!
ざっと特徴挙げてるだけでキリがない。

・3mm幅の広くなった27mmワイドスプール
スプール材質超々ジュラルミン製
スプール重量15.7g
スピードシャフト
ピニオンギアハイパーデジギア仕様両端ベアリング支持
ドライブギアの直径は40mmと、ジリオンから9%大型化
・などなど

ワイドスプール化でキャスト時の糸巻き径が安定するのは分かるし、その欠点をTWSで補うって発想はオイラ的にアリアリ! シマノで言えば、むしろスコーピオンやスコーピオンDCこそ、メガホン型のレベルワインド付けてほしい所。
ダイワリールがメインなら、タトゥーラを中軽量級に使って、TWSジリオンを中重量級に使うとかが個人的理想!

とにかく、詳細はプロモーションビデオ第三弾(EPISODE3 " NEW ZILLION-TWS")で!




最後は定番のTo be Continued
・・・こりゃ第10弾までいくかなぁ。。

で、北米11月発売、そのあと国内版すぐ発売かなぁ。。

引用:DAIWA ProjectT


個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ


このページのトップヘ