俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

タックル

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1012SVG1_2

今年発売されたRCS ベイトキャスティング SVスプール 1012 G1です。
昨年から使用率の高いジリオンSV TWに組み込んで使用しています。

1012SVG1_1

ジリオン SV TWのノーマルスプール(こちらG1素材のSVスプール)に比べ、浅溝になので糸巻き量が少なめです。糸巻き量が減った分、最終的なスプール重量が軽くなるのでライトテキサスや軽量ルアーが使いやすくなります。


sp_1016
↑ ジリオンSV TWのノーマルスプールを横から撮影した写真。


sp_1012
↑ RCS 1012 G1 SVスプールの横から撮影した写真。

RCSのSVスプールG1の内部には、ジリオン SV TWのスプールには無かった肉抜き処理があり、これだけでかなりの軽量化になっています。スティーズSV TWのスプールにも肉抜きがあるようで、RCSのSVスプールG1と同じく軽量になっています。

wt_1016
↑ ジリオンSV TWのノーマルスプールの重量。

wt_1012
↑ RCS 1012 G1 SVスプールのスプール重量。ベアリング抜きのカタログスペックで約9g。


もう本当にカタログスペックまんまのイメージで
とにかく色々使いやすい!!

ノーマルでも幅広いルアーが使いやすいSVスプールですが、RCS SVスプール 1012 G1に変更する事で、もう1歩分、さらに使いやすくなりました。
スプールの軽量化はもちろん、浅溝になったライン重量のメリットは、特に7g以下のルアーの使用感は秀逸です。飛距離が劇的に伸びるわけではありませんが、弱めのブレーキ設定でより軽い力で自在に投げれるようになるイメージです。

ただ、逆に言えば10g以上のルアーのキャスティングは大きく変わらないです。しかし、近距離へのジグのピッチングなどの使用感は明らかに良くなっています。

SVスプールの完成系!!
といっても過言ではないかも!
糸巻き量が不足であれば、RCS SVスプール 1016 G1もあります。

劇的な違いはありませんが、あともう少し良くなればと考えている人や、用途に応じた予備スプールを用意したいのであればオススメです。

あくまで個人の感想ブログですが、参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです
(≧▽≦)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ZILLION_SVTW_1

2017年新製品の話題ラッシュの中、少し的を外してダイワ ジリオン SV TWのインプレです!
このリール、昨年のフィッシングショーで個人的にイチバン注目した製品でした。

その結論は
全てを満たす究極リール!!

オイラ的に希望する次の条件を完全に満たしています。

・キャスティングが楽チン(ある程度の飛距離、ピッチングなどの容易さ)
・逆風でもバックラッシュしにくい(下手なので)
・巻き力が強く、守備範囲が広い(たくさんリール揃えられないので)
・スプール交換が楽チン(糸の巻き替えが面倒なので)
・価格が手頃(15メニウムタDCは超優等生だけど値段が....)
 ・弱点がこれらのメリットを上回らない(笑)

とにかく軽量〜重量級ルアーまで快適に投げれる、そして逆風でもバックラッシュしにくい所がいいです!  また、ノーマルギア(巻き取り長67cm)を使っていますが、3〜4mクラスのクランクや1/2oz前後のスピナベでも楽に巻きとれるのが魅力!

ZILLION_SVTW_2
さらに、スプール交換がラクなのもポイント高いです。
10円玉でブレーキダイヤルのネジを緩めるだけでカンタンにスプールを交換できます。写真は1000サイズの蝶々ジュラルミンSVスプール(朝溝)で主に10〜12lbを巻いてます。そして、標準のG1 SVスプールには14〜18lbを巻いて琵琶湖用に使用。
 
ZILLION_SVTW_4
左が従来の超々ジュラルミン製SVスプール(浅溝)、右がジリオンSV TWのG1 SVスプール(深溝)。G1 SVスプールはベアリング側のシャフト径が少し細いですが、SLPの製品対応表で互換性があると記載されています。もちろん、装着にも問題ありませんでした。
スティーズ SV TWのスプールも同様にシャフト径が細いので、これも回転の立ち上げの早さに貢献しているのかもしれません。

ただ1点、ジリオン SV TWのスプール重量は、従来のSVスプールとほぼ同じ約12gで、スティーズSV TWのスプールが約9gに対して微妙に不満だったのですが...


なんと、今年のSLP新製品
G1 SVスプールが追加されてるっっ!

スプール内部が肉抜きされて軽量化されているので、おそらくスティーズ SV TWと同じものです。しかも浅溝と深溝の2種類あるので、いろいろと使い分けできそうです!!

STEEZ SV TWセミオーダーシステムといい、
今年イチバンの注目はSLPかも!

あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ZILLION_SV_TW
2ピースのゾディアスインプレした後、不覚にもそのままロッドスタンドに立てかけていました。いい加減片付けようとロッドを手にしましたが...

抜けないっ!!(笑)

2ピースの継ぎ目がまったく抜けません><
ロッドの継ぎ目から水が入り、内部の空気が薄くなる為に発生するというアレです! こうなると、力任せに引っ張ろうが回そうが、プラスチックハンマーで振動を与えようが...

抜けませんっ !!!

ガイドを掴んで強引にいってやろうかとも思いましたが、ここは一つ冷静に対処方法をネットで検索...過去に2ピースロッドの名作フレイムをぶち壊していますし。。

2pc_rod
最も簡単に解決できたのがコレ↑
細かい理屈は置いておいて、ロッドの継ぎ目部分をタオルで巻いて氷で冷やしました。空気の入っているバット側を重点的に、5分もすればあら不思議!

あっさり抜けました!!!!

ほっと一安心^^
これで今年も、ちょっとした釣行にはゾディアスが活躍してくれそうです。


思いつくままの感想ブログですが何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
16ジリオンSVTW

これが今年一番の注目!
ダイワ ジリオン SV TW (DAIWA ZILLION SV TW) !!

どちらかといえばシマノのリールやロッドを好んで使っていますが、それでも今年はコレに決まり!

ジリオン Jドリームを使った時、その巻きパワーと巻き感度を体感し、T3 SVSVスプールとTWSの圧倒的な使いやすさに感動したオイラ的には、ジリオン SV TWがまさに最終系!!
スプール径が34mmに変更され、スティーズ SV系とも互換がある事から、従来の重量級ルアーだけではなく、幅広い使いやすさが期待できます。これまでのシマノ メタニウム的なポジションになるのでは?!と勝手に妄想!

とにかく、
タフさを備えて、原点TD Zに還ってきた!!
むしろTD Xかな...?

漁師のように毎日釣りに行くならば、シマノ以外にリールの選択肢は無い!という個人的な考えを持っていますが、ジリオンならばサンデーアングラーに十分すぎる耐久性を持っているハズです。
シマノはPEまでデジタル制御できるハイエンドDC機種と、ローエンドで高性能なリールの2極化が進み、ダイワはリーズナブルで手堅いラインナップになっていると感じてます。

もうすでに店頭に並んでいるので、春のスコーンはコイツで巻きたいっ!!

16スティーズSVTW
あと、スティーズ SV TW...これは見なかった事にします。
初めてスティーズに興味湧きました。ヤヴァイ!!


個人の感想ブログですが何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
16アンタレスDC
2016年ついにっ!いよいよ!
NEW アンタレスDCが登場!!

・・ここまでかなり長かった><
2006年に登場したアンタレスDCがカタログ落ちして以来、長らく待たされた後継機種の登場です!  2015 メタニウムDC2012アンタレスT3 SVなどトータルで使い勝手がいいリールはたくさんあるのですが、広大な琵琶湖でぶっ飛ばした感は今だに旧アンタレスDCが一番だと思っています。

そんなモヤモヤも終わりっ!

...いや買えませんけどね。

実釣した訳じゃないので、飛距離や巻きパワーについては期待を裏切らないだろう!という前提です。巨大なMMギアによる「感度と速度を損なわない」強烈な巻きパワーは、'12 アンタレスで十分に体感済みですし、まさか飛距離がイマイチな筈ありませんっw

触っただけで分かるのは意外な軽さ!
自重220gと、12アンタレスより5g軽いだけなのですが驚くほどコンパクトに感じます。全体的に握り込みやすくなっており、「え、メタニウム?」と錯覚する程でした。その分、ギア側はかなり重厚で、写真で見ても非常に不恰好です。

車で例えるなら、
実用"超"重視のハイエース?!
といったイメージ。鈍重な見た目は、すべての性能を詰め込んだ証ですb 
あえて難点を挙げるなら、今回も塗装の関連で淡水専用仕様な所・・・あ、でも傷が付きにくくなったみたい。。


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加
カシータス
海外シマノで販売されていたCasitas、国内でも出るんですねー!
その名も
カシータスMGL
はい。英語の時はまったく読めませんでした。

国内での定価21,000円と、割引率を考えれば1万円台最強のリールは間違いなさそうです!
海外での100ドル台のインパクトを考えれば、割引率下げてでも定価19,800円の方がインパクトあったと思いますが。。

で、このカシータス、やっぱり安いだけじゃありません!
新採用のNEWマグナムライトスプールは慣性モーメント10%ダウン、飛距離20%アップ! さらにブレーキはNEW SVSインフィニ採用により、ブレーキブロックを4個ONにしておけば外部ブレーキだけでほぼ全てのセッティング可能とか!

4月発売予定ですが、
間違いなく人は釣れちゃいます!


さらにこんなリールも2月発売とか!
スコーピオン
2016 スコーピオン70/71 !!
来ました!新型スコーピオンです!!
スプールが33mm径(幅22mmなのでワイド幅じゃありません!)なので、スコーピオンXT1000の後継機種という位置付けでしょうか?!
あとよく分からないのですが、今年からこのサイズを70サイズと呼ぶのかもしれません(今年リニューアルされるメタニウムも70サイズのシャロースプールという表現なので、糸巻き量ベースの表記なのかも?)。

新型スコーピオンは、スプールこそマグナムライトスプールではありませんが、こちらも NEW SVS∞を採用。ブレーキブロックをいちいち調整する手間が省けます!  さらにカシータスには無いXシップハガネボディ採用でいつまでも末長いお付き合いを約束しますっ!
変わったところでは、右巻きはノーマルギア(6.3)とハイギア(7.2)、左巻きはハイギア(7.2)とエクストラハイギア(8.2)のラインアップとなるようです。


どちらも廉価版とは言えない高性能リールですが、同じく廉価版と言えない実力派ロッド「ゾディアス」に合わせたカラーリングです。どちらかと言えばシマノはこういう厨二っぽい子供心を刺激する色合いが少なかったので、個人的には大好きですw
引用元:Shimano 


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。


バス釣り ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_4277
前回紹介した15メタニウムDC[Metanium DC]です。新型DCシステムとなるI-DC5を搭載。リール側面のダイヤルでA→4→3→2→1の調整が可能。4が最もブレーキが強く、1が最も弱い、Aは4〜2の範囲を状況に効かせてくれる便利物で、08メタニウムMgDCのブレーキにイメージが近いかもしれません。

IMG_4281
サイドプレートを外すと、ブレーキモードをナイロン・フロロ・PEから選択可能。最近のDCシステムのいい所取りで、かゆい所に手が届きます!!

そして当然、
飛距離はめっちゃ飛ぶ!!

5g位のライトテキサスから1/2osのワイヤーベイトまで、圧倒的な飛距離を叩き出します。そして、逆風や突然の横風でもトラブルが極限に抑えらるのがDCのいい所。

ただ、飛距離だけなら12アンタレスアンタレスDCの方が出る気がします。さらに、小型〜中型ルアーであれば、投げやすさや距離を含めてT3 SVが圧倒的!!これは15メタDCの飛距離に不満がある訳ではなく、近年のリールはどれも抜けるような飛距離を実現してくれます。

最近のシマノのブレーキ、SVSインフィニティやDC(アンタレスDCを除く)は、優秀すぎて初代アンタレスアンタレスARのような無重力感が無くなっている気がします。むしろ、T3 SVの方が昔のシマノリールに近いフィーリングを感じたり。。

そんな15メタDCは、全ての不満が解消され、全体が優等生としてまとまった、ある意味面白みのない生徒会長のようなリールかもしれませんw

このリールで決めましたけどね!!


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_4276
シマノ '15メタニウムDC(Metanium DC)です。歴代DCの中で最も凡庸な印象ながら、最も長い付き合いになりそうな予感がしています!

'15メタニウムDCは、これまで愛用してきたDCの中でイチバン感動が薄かったリール。しかしその分、ミーハーな一時の熱狂ではなく、良い意味でクサレ縁になるのでは?!

今まで使用した事のあるDCリールは次の通り。
「'04 カルカッタコンクエストDC100」「'06 アンタレスDC」「アンタレスDC7 LV」「'08 メタニウムMgDC」「'10 カルカッタコンクエストDC100」「'11 カルカッタコンクエストDC50」「スコーピオンDC」
元祖にして、カルコンの真骨頂である200は使った事がありません。元々'00カルコン200を使っていたので、「DCなんてオモチャだぜ!」と思っていた時代がありました(今は'12カルカッタ200がこのクラス最強だと思っている)。

これまでのDCを比較して、今も最高峰はアンタレスDCだと思っています。飛距離・ブレーキ調整幅・ピッチングからキャスティングまでバッチリはまる使用感は、まさにキングオブDC!!また、近距離メインであれば'08 メタニウムMgDCの使いやすさは圧倒的ですし、コンクエストDCの衝撃的なシルキーさもありません。実は、ナイロンからPEまでカンタンに扱えるスコーピオンDCもお気に入りだったりします(最近のロットは飛距離もそこそこ出てそう)。

ただ、それは他のDCが特徴を明確に打ち出しているからで、'15メタニウムDCは、飛距離でる!全てのラインを網羅!MMギアの巻きパワー!リールに伝わる高感度!など
総合力で他のDCを圧倒します!!

…続く。


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_4284
シマノゾディアス 1610M-2 , オイラのバス釣りタックルです!リールは15メタニウムDCをセットしています。いろいろ文句言ってた事いた事は一旦置いておいてください。

いや
とうとうキタ!!
って感じですb
実売1万円前後、しかも2ピースのラインアップが充実。バス釣りを休日のレジャーで楽しむならこれで十分じゃない?

「とうとうキタ」と実感するのは、SICのトップガイド以外がハードガイド系のアルコナイトな点。これでコストが大幅に下がる事間違いなしです。SICの1/3程度のコストで抜群の性能を持つアルコナイトなら、ブランクスに必要十分のコストはかけられるのでは?と期待します。

IMG_4285
使用した感じですが、ci4のリールシートが必要最低限な感度を伝えてくれ、適度に張りのあるブランクスが確実なフッキングを可能にし、魚の負荷に応じて竿がキッチリ曲がってくれます。

ダイワエアエッジと比較すると、感度はゾディアスがやや上、キャスティングや粘りはエアエッジが上といったイメージです。この価格帯のロッドは2大メーカーが圧勝している感じがあり、シマノのエクスプライドはさらに高感度・高使用感です(キャスティングはエクスプライドが一番微妙かもしれませんが)。

価格帯もあるので仕方ないのですが、実釣性能や所有感に限れば、ゾディアスエクスプライドに劣っています。エクスプライドより弾性が低く、ガイド数も少ない(というよりエクスプライドが多い)にも関わらず、それほど投げやすい感じもしません。改めて、エクスプライドの完成度の高さを実感します。

だがっ
この竿には理由がある!!


ゾディアスは、とってもアメリカンなファーストテーパーなんです。アメリカンファーストな竿は投げにくいイメージがありますが、少ない動きで確実にフッキングを決めてくれます。また、魚を掛けた後の反発力が比較的強く、これがバラシにくさに繋がっていると感じています。で、同クラスのエクスプライド1610Mや166Mはレギュラーファースト仕上げで、少し趣味に合いませんでした・・・

値段差による性能差は確実に存在します。
でも、フィーリングが合っていれば、値段差以上の使用感があります!


あと、エクスプライド、エアエッジ、ゾディアスは2ピースメインで揃える事が多いですが、1ピースロッドの方が品質管理の精度が難しいんじゃないかな?と勝手に思っているからですw


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
CONQUEST_HG
待ち焦がれていた人も多いのでは?
シマノのHPに公開されていますが、ついに

カルコンにハイギアがっ!!


踏んでも投げてもビクともしない剛性にシルキーな巻き心地、タックル全てをカルコンことカルカッタコンクエストで統一したいと思っていた人は多いはず!バス用クラスのカルコンは、巻物に特化したローギアのみのラインアップでしたが、ついにハイギアモデルが出るんです!
今まででもカスタムパーツでハイギアモデルが可能でしたが、巻き心地や丈夫さをキープしたいなら、シマノ純正がマストでしょう!

これで、タックル全てをコンクエスト(制圧)!


12lbラインが100m巻ける100番台で36mm径スプールという、少し特異に見える現行モデルがさらにいい!これで、77cmという早すぎない巻き上げ長を、ギア比6.8というパワーで実現できます。ホント、全てを兼ね備えています!!

欲を言えば、12カルカッタでもハイギアを実現して欲しかった。ディープクランクの巻き心地、パーミングの握りの良さなど、12カルカッタもオンリーワンな存在で、現行のカルコンを超える部分もあると感じています(特に200番台)。巻き上げ長も遅すぎないし^^



引用元: SHIMANO 

あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっとしていただけると嬉しいです!!

バス釣り ブログランキングへ
 
 

このページのトップヘ