俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

タックル

    このエントリーをはてなブックマークに追加
expride_new
2017年 NEW エクスプライドで全モデルリニューアル!!
な今年ですが、


expride_old
昨年から使用頻度が多かったのがコチラ。
旧エクスプライドの4機種です!!

168MH ジグ用(どうしようもないカバー遭遇時用)
1610M 巻物用(広いエリアで途方にくれた時用)
264UL+ ライトリグ用(見えバスに投げてみる用)
266L ライトリグ用(主にコレで魚釣る用)

全て1ピースモデルで、過去の2ピース主体(168MH-2166M-2266L-2 etcetc)から少しだけ趣旨替えしています。

だって....
クランク用とULの2ピースがないからっ!!

...その後、新エクスプライドで2ピースモデルのUL出ちゃいました。
264ULは旧エクスプライドに無かった型番で、ピンスポットへのライトリグ直撃やサイト用に良さそうですb


ただ、自分には、バス釣り用ロッドは1ピースモデルがいいと、改めて感じました。
昔のような
1ピースが全てにおいて絶対!!
は薄れましたが、キャスティングの心地よさは1ピースがダントツです。

「エクスプライドは棒である」と形容される事が多いみたいですが、2ピースは特にそれが顕著で、竿全体にルアーの重みを乗せにくいイメージとなり、なんだか投げにくいっ!!!
キャスティングが致命的に下手なオイラにとって、道具が助けてくれない状態は痛手です。

ただ、感度に関しては2ピースの方が自分好みで、リフティングパワーも十分でした(継ぎ目のノイズが影響している?)。
もしかすると、ポイズン アドレナ センターカット2ピースの商品説明にあるように、2ピースはティップとバットで個別の味付けを設計しやすいのかもしれません。
さすがにエクスプライドの価格帯で2ピースの弾性までは変えていないでしょうが、ティップ側のピースを繊細に、バット側を強靭にすれば、感度とリフティングパワーは良くなりそうです。ただ、1本としてのバランスは統一感が失われるので、全体でルアーなどの思いを受け止めるのは苦手かもしれません。アドレナ2ピースも使用してみてそれでも投げにくかったのは秘密。。。


要は、普通にキャストできる人なら
1ピースと2ピースで差がない?!
よーな感じになってきたと思います。後は個性の使い分けかと!


個人の感想ブログですが、ポチっと押していただけると嬉しいです(≧▽≦)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ZILLION_SV_TW
2ピースのゾディアスインプレした後、不覚にもそのままロッドスタンドに立てかけていました。いい加減片付けようとロッドを手にしましたが...

抜けないっ!!(笑)

2ピースの継ぎ目がまったく抜けません><
ロッドの継ぎ目から水が入り、内部の空気が薄くなる為に発生するというアレです! こうなると、力任せに引っ張ろうが回そうが、プラスチックハンマーで振動を与えようが...

抜けませんっ !!!

ガイドを掴んで強引にいってやろうかとも思いましたが、ここは一つ冷静に対処方法をネットで検索...過去に2ピースロッドの名作フレイムをぶち壊していますし。。

2pc_rod
最も簡単に解決できたのがコレ↑
細かい理屈は置いておいて、ロッドの継ぎ目部分をタオルで巻いて氷で冷やしました。空気の入っているバット側を重点的に、5分もすればあら不思議!

あっさり抜けました!!!!

ほっと一安心^^
これで今年も、ちょっとした釣行にはゾディアスが活躍してくれそうです。


思いつくままの感想ブログですが何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
16ジリオンSVTW

これが今年一番の注目!
ダイワ ジリオン SV TW (DAIWA ZILLION SV TW) !!

どちらかといえばシマノのリールやロッドを好んで使っていますが、それでも今年はコレに決まり!

ジリオン Jドリームを使った時、その巻きパワーと巻き感度を体感し、T3 SVSVスプールとTWSの圧倒的な使いやすさに感動したオイラ的には、ジリオン SV TWがまさに最終系!!
スプール径が34mmに変更され、スティーズ SV系とも互換がある事から、従来の重量級ルアーだけではなく、幅広い使いやすさが期待できます。これまでのシマノ メタニウム的なポジションになるのでは?!と勝手に妄想!

とにかく、
タフさを備えて、原点TD Zに還ってきた!!
むしろTD Xかな...?

漁師のように毎日釣りに行くならば、シマノ以外にリールの選択肢は無い!という個人的な考えを持っていますが、ジリオンならばサンデーアングラーに十分すぎる耐久性を持っているハズです。
シマノはPEまでデジタル制御できるハイエンドDC機種と、ローエンドで高性能なリールの2極化が進み、ダイワはリーズナブルで手堅いラインナップになっていると感じてます。

もうすでに店頭に並んでいるので、春のスコーンはコイツで巻きたいっ!!

16スティーズSVTW
あと、スティーズ SV TW...これは見なかった事にします。
初めてスティーズに興味湧きました。ヤヴァイ!!


個人の感想ブログですが何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
16アンタレスDC
2016年ついにっ!いよいよ!
NEW アンタレスDCが登場!!

・・ここまでかなり長かった><
2006年に登場したアンタレスDCがカタログ落ちして以来、長らく待たされた後継機種の登場です!  2015 メタニウムDC2012アンタレスT3 SVなどトータルで使い勝手がいいリールはたくさんあるのですが、広大な琵琶湖でぶっ飛ばした感は今だに旧アンタレスDCが一番だと思っています。

そんなモヤモヤも終わりっ!

...いや買えませんけどね。

実釣した訳じゃないので、飛距離や巻きパワーについては期待を裏切らないだろう!という前提です。巨大なMMギアによる「感度と速度を損なわない」強烈な巻きパワーは、'12 アンタレスで十分に体感済みですし、まさか飛距離がイマイチな筈ありませんっw

触っただけで分かるのは意外な軽さ!
自重220gと、12アンタレスより5g軽いだけなのですが驚くほどコンパクトに感じます。全体的に握り込みやすくなっており、「え、メタニウム?」と錯覚する程でした。その分、ギア側はかなり重厚で、写真で見ても非常に不恰好です。

車で例えるなら、
実用"超"重視のハイエース?!
といったイメージ。鈍重な見た目は、すべての性能を詰め込んだ証ですb 
あえて難点を挙げるなら、今回も塗装の関連で淡水専用仕様な所・・・あ、でも傷が付きにくくなったみたい。。


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加
カシータス
海外シマノで販売されていたCasitas、国内でも出るんですねー!
その名も
カシータスMGL
はい。英語の時はまったく読めませんでした。

国内での定価21,000円と、割引率を考えれば1万円台最強のリールは間違いなさそうです!
海外での100ドル台のインパクトを考えれば、割引率下げてでも定価19,800円の方がインパクトあったと思いますが。。

で、このカシータス、やっぱり安いだけじゃありません!
新採用のNEWマグナムライトスプールは慣性モーメント10%ダウン、飛距離20%アップ! さらにブレーキはNEW SVSインフィニ採用により、ブレーキブロックを4個ONにしておけば外部ブレーキだけでほぼ全てのセッティング可能とか!

4月発売予定ですが、
間違いなく人は釣れちゃいます!


さらにこんなリールも2月発売とか!
スコーピオン
2016 スコーピオン70/71 !!
来ました!新型スコーピオンです!!
スプールが33mm径(幅22mmなのでワイド幅じゃありません!)なので、スコーピオンXT1000の後継機種という位置付けでしょうか?!
あとよく分からないのですが、今年からこのサイズを70サイズと呼ぶのかもしれません(今年リニューアルされるメタニウムも70サイズのシャロースプールという表現なので、糸巻き量ベースの表記なのかも?)。

新型スコーピオンは、スプールこそマグナムライトスプールではありませんが、こちらも NEW SVS∞を採用。ブレーキブロックをいちいち調整する手間が省けます!  さらにカシータスには無いXシップハガネボディ採用でいつまでも末長いお付き合いを約束しますっ!
変わったところでは、右巻きはノーマルギア(6.3)とハイギア(7.2)、左巻きはハイギア(7.2)とエクストラハイギア(8.2)のラインアップとなるようです。


どちらも廉価版とは言えない高性能リールですが、同じく廉価版と言えない実力派ロッド「ゾディアス」に合わせたカラーリングです。どちらかと言えばシマノはこういう厨二っぽい子供心を刺激する色合いが少なかったので、個人的には大好きですw
引用元:Shimano 


あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。


バス釣り ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加
CONQUEST_HG
待ち焦がれていた人も多いのでは?
シマノのHPに公開されていますが、ついに

カルコンにハイギアがっ!!


踏んでも投げてもビクともしない剛性にシルキーな巻き心地、タックル全てをカルコンことカルカッタコンクエストで統一したいと思っていた人は多いはず!バス用クラスのカルコンは、巻物に特化したローギアのみのラインアップでしたが、ついにハイギアモデルが出るんです!
今まででもカスタムパーツでハイギアモデルが可能でしたが、巻き心地や丈夫さをキープしたいなら、シマノ純正がマストでしょう!

これで、タックル全てをコンクエスト(制圧)!


12lbラインが100m巻ける100番台で36mm径スプールという、少し特異に見える現行モデルがさらにいい!これで、77cmという早すぎない巻き上げ長を、ギア比6.8というパワーで実現できます。ホント、全てを兼ね備えています!!

欲を言えば、12カルカッタでもハイギアを実現して欲しかった。ディープクランクの巻き心地、パーミングの握りの良さなど、12カルカッタもオンリーワンな存在で、現行のカルコンを超える部分もあると感じています(特に200番台)。巻き上げ長も遅すぎないし^^



引用元: SHIMANO 

あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっとしていただけると嬉しいです!!

バス釣り ブログランキングへ
 
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
13meta
15メタDC15アルデバランワールドシャウラツアーエディションカルコンのハイギア,カッタコンクエストHGクラドなどなど、2015年のシマノは気になる新製品の猛ラッシュですが、その中でも驚いたのがコレ!

13メタニウム4ブロック SVSブレーキユニット!!

えーと…

なんじゃそりゃぁあああ!! 

今までオイラが(比較的)絶賛していた13メタニウムのブレーキ、それを真っ向から否定するようなニューアイテムです。え?ブレーキ調整幅を広げるって、シマノさん今までの13メタは試作機だったのですか・・・

ま、ま、そ、そんなに実はショックを受けていないので、冷静に考えるとコレはコレでアリなアイテム。クロナークCI4+と13メタニウムを両方使い倒して比較しましたが、確かにこのブレーキシステムは楽チン。第一、ブレーキブロックが飛んで行って無くなる事もなく、低回転域での異音がならないようにメンテに気を使う必要もありません。
でも、最終的にオイラは13メタニウムを選びました。確かに色々面倒ですが、細かな設定をできる13メタニウムのブレーキシステムの方が好きだったからです。オプションのブレーキブロックは、より簡単によりバーサタイルに使うには最適でしょう。でも、よりリールを緻密に調整したいなら、現行のブレーキブロックも捨てたもんじゃありません!

と言いながら、15メタニウムDCばかり気になってますがっ!!


引用元: SHIMANO 

あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっとしていただけると嬉しいです!!

バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ZILLION_TW_main3

ダイワの公式サイトにジリオンTWがアップされてます!
去年から北米で話題になっていたジリオンTWS、何だかSの字が省略されていますが、間違いなく同一品! ベースカラーは地味目の黒ですが、その分フォルムが特殊的なので存在感は強く、色使いもイイ感じだと思います!


動画を見ながら、いろいろと妄想を広げる日々。
フィッシングショー後、すぐ発売されることを期待します!!

引用元: DAIWA 

あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっとしていただけると嬉しいです!!

バス釣り ブログランキングへ



    このエントリーをはてなブックマークに追加
15aldebaran
すでにネットでは噂全開ですが、今年アルデバランもリニューアルします!

まず、アルデバランというシリーズが残った事が自体がよかったです。リールが高性能化し、32mmという小口径が、軽量ルアー使用に必須では無くなってきたこの頃。アルデバランが廃盤になったらどうしよう・・という

巨大な心配をしていました !!

いや、大きなお世話。勝手な思い違いでした。


シマノにはもっと冒険してほしい!という思いで、2015メタニウムDCのデザインに対して不満を書きましたが、今は固定で見込めるお客様に手堅く商売する時期なのかもしれません。

でも、'15アルデバランの糸巻き量はちょと不満です! 
このタイプとしてスタンダードすぎない ?!


軽量ルアーの扱いやすさもありますが、アルデバランコアバリューは、近距離のカバーを1日中打ち続けられる(太い糸を少量巻いてフリッピングなど)「頑丈さ」と「軽さ」を併せ持つ事だと思います。

だから、
深溝スプールも出たら嬉しいな!
・・・と、結局欲しいだけです。


個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。

バス釣り ブログランキングへ  

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
XT64LP
フルーガ パトリアークXT 64LP、かつてオイラのバス釣りタックルでした。
ピュアフィッシングジャパンのフルーガブランドで発売されていたリールです。


レボエリートIBを使った後、遠心+マグの使い心地の良さを改めて実感したので、軽量ルアーも使いやすそうな33mmスプール径のパトリアーク XTを購入してみました。
一部では、アンタレスARを超える!とまで評価の高かったパトリアークXTは、北米でも先行して別バージョンが発売されるなど、全世界で好評だったのかもしれません。

オイラが使ってみた感想は、

普通に使いやすいリール!

使い比べるかぎり、アンタレスARの方が飛距離も巻き心地も上ですし、軽量ルアーであればアルデバランの方にアドバンテージがあります。今、汎用的な使いやすさ重視するなら、迷わずダイワのSVシリーズを選びます。
ただ、このリールの発売時期にはSVシリーズも無く、良い感じでオールマイティだった事は間違いありません。そしてそれは、33mm径スプールで遠心+マグブレーキのレボエリート(REVO ELITE IB)シリーズへと繋がっていったのかな…と勝手に想像。

どのリールも性能が底上げされ、
オイラみたいに腕が無くても使いやすい!
好みで道具を選べるイイ時代ですb


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。

バス釣り ブログランキングへ  


このページのトップヘ