俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

Gルーミス

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SJR7200GL3
GルーミスSJR7200 GL3です。
昔、ティファがルーミスの代理店をやっていた頃のオリジナルモデルだと記憶しています。
前回紹介したGLX SJR7200に比べ、非常にしなやかで扱いやすいロッドでした。

SJR7200GL3
スペックはこんな感じ(6フィート、ライン2〜6LB、ルアーウィエイト1/64〜1/8)。SICのガイドリングを7個搭載し、金属製のリングでリールをとめるルーミスオリジナルのリールシートです。

この竿は、1/16ozのダウンショットやスモラバ、小型プラグなどに重宝しました。ティップからベリーはナチュラルなテーパーで、かなり華奢に感じるパワーなのですが、5g程度のルアーでもしっかり振り抜く事が可能です。小バスでもかなり曲がるのに、ある程度の大物でもしっかりとファイトできる、柔よく剛を制するイメージ^^b

GL3 SJR720が軽量級全般が扱いやすいのに対し、GL3 SJR7200は4g以下に特化したイメージです。GL3 SJR720やGLX SJR7200に比べるとシェイクしやすい方ですが、フィネスに特化するなら国産のロッドをオススメしますw

当然、とっくの昔に廃盤になっていて、古き良き時代の竿です。
 

個人の思い出ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
7200GLX
GルーミスSJR7200 GLXです。

かつては、「ルーミスでタックル揃えたいならスピニングはコレでしょ?!」的な存在でした。
スペックは、6フィート,ライン2〜6LB,ルアーウィエイト1/64〜1/8と、一見フィネスな感じ。


でも


高弾性・高感度で結構なパワーw

反発力が強く、2インチのセンコーでもぶっ飛ばす事ができましたが、繊細なシェイクには不向きなロッドという印象。強いて言えば、ロードランナー600STSをキンキンにした感じなのですが、アレはしなやかさが伴ってこそのフィネスロッドだと思います。

ルーミスでライトリグ利用であれば、ドロップショットシリーズの方がオイラ的に好きです。
でも、高弾性なハリと、MAXルアーウェイト1/8ozというライトパワーが共存する個性的な性質は、3.5g以下の軽量ルアーを扱うにはメチャメチャ楽しい竿ですb 例えば、スピナーとか。。

7200GLX
かつてルーミスの代理店だったティファの並行輸入版モデル。
SICのガイドリング6個、フジのリールシートが特徴。リールシート側のガイド径が25mmとなっています。

並行輸入版ですが、北米市場でSJR7200がラインアップされていた事は無いと思います。オイラ的に、トラウト用のGLXブランクスを流用し、北米でくみ上げた日本向け仕様なんじゃないかなぁ??っていうのが勝手な妄想。だって、スプーンとか使いやすそうだもんw

7200GLX
ティファが販売していた国内モデル。ゴールドサーミットのガイドリング7個のニューコンセプト使用。リールシート側のガイド径が30mmとなっています。また、ブランクスがやや短めで、その分グリップ長が長めとなっています。並行輸入版が短めなので、こちらの方がバランス的にいいかと。
リールシートは、金属リングでリールを固定するルーミスオリジナルです。


まあ何より


今じゃ手に入れにくい!
って事が最大の難点な竿><
オークションなどの価格は高騰しすぎですw


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ 


    このエントリーをはてなブックマークに追加
820S GLX
GルーミスドロップショットシリーズDSR820S GLXです。リールはヴァンキッシュC2500HGS^^

ルーミスでライトリグまでやりたいなら、このドロップショットシリーズがイイと思います。しなやかなティップで軽量リグも扱いやすく、1/16oz程度のリグをあるていど繊細にシェイクできます。

GLXは廃盤になっていますが、今年リニューアルされた新IMXシリーズには同じ型番がラインアップされていますし、無印のDSR820Sもまだまだ健在ですb

GLXモデルはSICのトップガイド以外をリコイルガイドで軽量化していますが、通常のガイド(といってもアルコナイト)の他モデルでも十分な性能を持っていると思います。

820S GLX
スペックは以下の通り。他モデルの820Sも同様です。
(6.10フィート、マグライト、EXファースト、ライン4〜8LB、ルアーウェイト1/8〜3/8oz)

ルアーウェイトだけ見るとMLパワーな感じですが、実際は1/16ozのジグヘッドやネコリグも軽快にキャストで来ます。ティップがしなやかなのが特徴で、これはGLXでも無印でも共通の使用感です。バットはやたら強靭ですが、ティップがかなり入るので、ミドストなどにも使えない事ない印象。

同型番の新IMXはまだ未体験なので、ホント気になります!!

ルーミスの竿は目的ごとのリグを基準にウェイト表記しているようで、ルアーウェイトが1/16oz〜のジグロッドより、DSRの方がライトリグには向いています。


まあ要は


アメ竿でもライトリグできるYO!
って気持ち。フィネスは辛いけど、気合いで我慢できるハズw


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
GL3
GルーミスSJR720 GL3です。オイラの古き良き右腕(?)

20年以上昔にルーミスの代理店をやっていたティファモデルだったと思います。リールシートは金属のリングというルーミスオリジナルですが、SICリングのガイドが7個と当時最新(?)だったニューコンセプトガイド仕様です。

これ、実は初めて入手したGL3

それまで、「使うなら最高峰!」というノリで、ルーミスはGLX(GLXに無い型番はIMX)しか使っていませんでした。

いやホント

ルーミスはグレードによって優劣が無く、ただ使用目的が異なる!という巷のウワサを実感した竿です。

GL3
北米のGL3には、5フィート10インチのSJR700しかラインアプされていません。おそらく、日本モデルとして当時定番だった6フィートにしたのではないでしょうか?ブランクスの長さはSJR700と変わらず、グリップがやや長くなっています。

同じ型番のIMX SJR720と異なり、かなりしなやかで柔軟な竿です。軽量のリグも楽々キャストできますが、ティップの繊細さは皆無で、ベリーごと入るイメージです。

ぶっちゃけ、ロードランナー5100LSとほぼ同じ使用感です。

しかし、ブランクスが無塗装でバランサーなども付属していない為か、感度はそれほど悪くありません。粘り強さは5100LSに匹敵し、十分な感度を誇る死角の無いロッドでした。小刻みなシェイクには不向きですが、軽量プラグやジグヘッドの釣りでかなり重宝!!

かなり古い竿ですが、中古市場で6千円くらいなら全然アリなタックルですb


個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ 


    このエントリーをはてなブックマークに追加
001
Gルーミスジグ&ワームシリーズGLX BCR804です。
北米市場でのGルーミスは、MBRやCRといったクラシックシリーズより、このジグ&ワームシリーズが主流なようです。このモデルはすでに廃盤でですが、GLXが全面的にリニューアルされ、GLX 804C JWRが現行のラインアップに入っています。

002
長さ6.8フィート、ヘビーパワー、ライン14-20lb、ルアー5/16-3/4ozが基本スペック。
ブランクス全体を渋いブラウンに塗装してあり、クラシックシリーズGLXより粘っこいイメージでした。

気に入らなかった点は、重量が全体的に重たくなっている事、トップガイド以外をリコイルガイド化して軽量化しているにもかかわらず、先重りが酷かった事です。結局、MBR784CのGLXの方が好みに合っていました。



でもそれ先入観!

だした><

リニューアルされたGLX 804C JWRを使ってみて、ジグ&ワームシリーズの気持ち良さに惹かれています。なんていうか、ジグやワイヤーベイトで乗りやすく、全力でフッキングするのが気持ちいい!!
そして、リニューアルされたGLXジグ&ワームシリーズは、全体的に(許容できる位に)軽量で、ロッド全体のバランスも格段に良くなっています。

バランスや重量を気にしなければ、この廃盤モデルでもっと幸せになれたかも。。

ジグ&ワームシリーズを国内のロッドで例えると、エクスプライドピッチング&フリッピングシリーズが近いとオイラ的に思っています。ブランクスのガッチリ感は圧倒的にGルーミスの方が上ですが、価格差を考えたら当然の事だと思いまし、ガイドセッティングやリールシートなどを考慮すると、エクスプライドのコストパフォーマンスは秀逸だなぁと改めて感じます。数年酷使しない限り、そんなに差が出ないんじゃないかなぁ・・・

あ、オイラは6.8フィートの804を使っていましたが、定番は7.1フィートの854のようです。6.8フィートは近距離向きのようです。


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加
SJR720
Gルーミスのクラシックシリーズ、SJR 720S IMXです。
(6フィート、マグライト、EXファースト、ライン:4-8LB、ルアー:1/32〜1/4oz)

今のGルーミスのスピニングには、ドロップショットシェイキーヘッドシリーズがあり、国内のライトリグにも何とか使えそうモデルがあります。3〜4LBラインでのフィネスは流石にきびしーですが^^;

そんなライトリグシリーズが登場する前に多用していたのがこのロッド!
もし、1からタックル揃え直すなら、



今でも入手候補の1つ!



ハンパじゃない短いグリップと、ベリーから先に曲がるような堅物ティップ、古くさいガイドシステムと、シェイクやミドストはちょー苦手な仕様。でも、ジグヘッドやシャッド、ミノーなんかはキビキビ動かせませ、魚が掛かると意外と素直に曲がり、ガッチリロックして離しません!GLXやGL3に比べると粘りがありませんが、それでも強引に魚を引き上げれます。

また、6フィートという短さが快適な操作性をもたらし、藪漕ぎ多用なオカッパリでも重宝します。パワーフィネスより少し弱めな古き良きロッドです。

張りがあるけど意外と曲がりやすい、古い割に感度は良いが、GLXGL3に比べると粘りが無い。ノリーズ・ロードランナーのアウトバック5100LSをキンキンにし、その分だけ華奢になったイメージです。

SJR720
この写真は並行輸入版で、ガイドは6個。SICではなく、アルコナイトリングです。
昔、ティファが代理店をやっていた頃には、ゴールドサーメットのニューコンセプトガイドシステム(ガイド7個)のモデルもありました。ティファのゴルサメモデルは、ブランクスがやや短く、その分グリップが短すぎない感じで、多少バランスが良くなってました。

あと、並行輸入版のバット側のガイドは25mm径ですが、古いモデルにはガイドの足が極端に短いものもあり、ちょっとキャストしにくいものもあります。 ←見た目もカッコ悪い

SJR720
写真は、廃盤になったルーミスオリジナルリールシートのモデルです。金属製のリングでリールをガリガリ削りながら止めちゃいますw 現行モデルはフジのリールシートになっているので大丈夫ですが、感度の伝わり方はこのオリジナルシートが一番好きでした。

ティファ時代、ゴールドサーメットモデルとは別に、並行輸入モデルもありましたが、こちらは現行モデルと同様だったと記憶しています。あと、ポパイが代理店をやっていた頃の輸入モデルもあったような気がしますが、 こちらはちょっと見た事ないです。

実際に入手し、使った事のあるロットをまとめると次の通り。

 1、ティファモデル(ゴールドサーメットガイド、ルーミスオリジナルリールシート)
 2、並行輸入(アルコナイトガイド6個、ルーミスオリジナルリールシート)
 3、並行輸入(アルコナイトガイド6個、ガイドの足が短いロット)
 4、現行モデル(アルコナイトガイド6個、フジのリールシート)

個人的にすきなのは2番ですが、オススメするなら入手しやすい現行モデルの4です。
ただ、現行モデルのクラシックシリーズは、フォアグリップまわりでギチギチ音がするモノが多いです。グリップとブランクスの取り付けの問題なのか分かりませんが、実使用に問題はありませんでした。


あくまで個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ  
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
MBR783GLX
Gルーミスのクラシックシリーズ、MBR 783C GLXです。
(6.6フィート、MH、ファースト、ライン:10-17LB、ルアー:1/4〜3/4oz)

バス釣りを始めて比較的初期に入手した品番で、以後これがオイラの竿選びの基準となっています。写真は10年以上前の並行輸入版で、リールシートがルーミスのオリジナルになっています。このリールシートは金属のリングでリールを固定するので、リールのフットに何か巻いておかないと傷だらけになりますw


MBR783GLX
MHパワーで、アメリカンなファーストテーパー、尋常じゃない程強いバットの仕上がりです。昔のGルーミスを代表する最もスタンダードな1本で、1/4のテキサスやジグ、3/8〜1/2ozのスピナーベイト、ルドラなどの大型ジャークベイトの使用に快適でした。

高弾性で粘りがあり、持った感じは堅そうなんですが、キャスティングやフッキングでは素直にベリーが入り、大きな魚が掛かったときは極太のバットまでしっかりしなります(購入直後は少し堅かったかも)。ただ、曲がった後に反発する力が強く、フッキングした40upが手元にすっ飛んできた事や、小型プラグのフックが一瞬で折れて魚がバレた事があります。

ジグ&ワームシリーズのようなティップの繊細さはありませんが、とにかく頑丈で使いやすく、今での販売され続けている変わらない良さをもったロッドです。

ガイド数が9つと少なめですが、十分に感度が良く、飛距離が出やすくなっています。昔、ティファが販売していたモデルには、ガイド数が10個(だったと思う)でゴールドサーメットを採用したモノもありました。


001
現行品のリールシートはフジのリールシートを採用しています。リールフットを傷つける事なく、細身のグリップは握りやすいです。ただ、個人的にはルーミスオリジナルシートの方が感度の伝わり方がキンキンで好きです^^


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_6297
最近入手したGルーミス NRX 843C MBR です。
(7フィート、MH、ファースト、ライン:12-16lb、ルアー:3/16〜5/8oz)
 
MBRは、クラシックシリーズと呼ばれる古くからのルーミスでは定番のカテゴリーです。NRXには、一昨年新規で追加されたました。最近のルーミスはジグ&ワームシリーズが主流のようですが、MBRにも根強い要望があったのかもしれません。


IMG_5781
グリップ部分に型番が記載されています(他のNRXがブランクスの根元に記載)。

この竿、本当に期待通りの仕様でした!
NRX 803C JWR より滑らかなテーパー(それでもアメリカンファーストですが)であり、かつ適度なパワーで、ルドラからワンテンまでジャークしやすいバーサタイルな竿です。3/8〜1/2ozのスピナーベイトやチャターも軽快に扱えて、NRX特有の繊細さで5gのテキサスリグや3/8ozのラバージグも快適です。

底物に関しては、NRX 803C JWR の方が操作性も良く、フッキングもバッチリ決まりますが、MBRでもまったく問題ないレベルです。ただ、NRXのグレード自体が巻物寄りでは無いので、完全なバーサタイル竿ではありません。ジグ竿の特化を若干弱めて、バーサタイル度を少し上げた印象です。


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
NRX 803C
Gルーミス NRX 803C JWR。初めて50upを釣り上げた記念すべき竿です^^
(6.8フィート、MH、エクストラファースト、ライン:12-16lb、ルアー:3/16〜5/8oz)

JWRはジグ&ワームシリーズの略で、今のルーミスのド定番だと思います。長さ的には、7.1フィートの853や854が基本だと思いますが、この竿の入手時期に6.8フィートがマイブームだったので803になりました。ルーミスの竿はグリップが短めなので、ブランクスは意外と長いです。

NRXは、古いIMXをより軽量に進化させた印象があります。反面、GLXやGL3のような粘り気はあまり感じず、それは新しいGLXに引き継がれているような気がします。


NRX 803C
803C JWRは、MBR783Cなどのクラシックシリーズと比べて、はるかに食い込みのいい柔らかなティップを持っています。その為、5g程度のテキサスや3.5g程度のダウンショットを快適に扱う事ができました。ベリーはスっと曲がるのに反発力が高く、フッキングが楽に決まります。バットはキンキンで頑丈で、強引に魚を寄せ付けるジグ竿に特化しています。

初めての50upは、この竿にアンタレスDCを付けて、ブレードジグをド遠投した先で掛かかりました。引き寄せるパワーはパワフルすぎて、ファイトの余韻はまったくありませんでした。


ジグやワーム、スピナーベイトなどのワイヤーベイトに使っていました。ピッチングは問題なかったのですが、キャスティングにはやや慣れが必要でした。ただ、慣れると非情に快適で、多くのバスを釣り上げてくれた竿です。

しかし、ティップがかなり入るので、MHの竿で扱うような大型のジャークベイトやトップウォーターの操作には不向きでした。これが、限られた本数での釣行には不便で、段々とエクスプライドの168MHの方に出番増えてきました。結果的に、NRXに追加された843C MBRへの入れ替えとなりました。

でも、1/8〜3/8oz規模のジグやワーム、1/2oz前後のワイヤーベイトを扱うにはとても気持ちいい竿でした!


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
バス釣り ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
11
今日は琵琶湖に釣行!
残念ながらビッグバスは出ませんでしたが、45upを筆頭に5本ゲットできました。








でも何故か








魚が登場しない>< 

ブログになりつつあります。今はタックルが主人公^^;


最近のGルーミスの機種について以前から思ってたんですが、魚が掛かった後はNRXより新GLXの方が寄せやすい!問答無用で寄せ付けるNRXに対して、粘りに余裕があって魚をコントロールしやすいのが新GLX、という感想です。感度は感じ方は両シリーズでそれぞれ違いますが、自分的に処理できる情報量は同じ位。NRXの方が圧倒的に軽いので、どちらがいいとは言い切れない!

あと、今まで入手した機種を見る限り、ガイドの取り付けなどが新GLXがやや雑で、NRXは丁寧でキレイに仕上がっていたので、品質管理にグレードの差が反映されているかもしれません。


今回は、ベイトタックルが全てルーミス、スピニングが全てエクスプライドでした。
エクスプライドもいい感じでした!

機会があればまた機種別に感想書きます〜


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
バス釣り ブログランキングへ

このページのトップヘ