俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

2017年11月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
EP164LBFS_1
今年の一押しタックルが、シマノ2017 NEW エクスプライド 164L-BFSです。
エクスプライドのベイトフィネスモデルで、キチンと使い込んだ初めてのベイトフィネスタックルになります。

いや、もう...
ベイトフィネス最高!!
どうして今まで手を出さなかったんだろう...

これまでライトリグや軽量プラグを使用する場合、琵琶湖のような場所であっても、5〜6lbフロロのスピニングで十分だと感じていました。中途半端にラインを太くするより、しっかりドラグが効いた方が結果的に魚は取れると信じていました。
リザーバーのボートなら4lb以下に落としますし、カバーにライトリグ投げるならパワーフィネスの方が使い勝手がいいと思っていました。
ベイトフィネスでバシバシ手返しを求められるほど、シビアな釣りはできませんし....

そんな概念が木っ端微塵 !!
本当に喰わず嫌いでした。

何より
ベイトで釣る楽しいっ!!



それから
ベイトな俺カッコイイ!!



それ以外にベイトフィネスのメリットは
正直何も感じません(笑)

ただ感じたのは、スピニングで使いにくい8lbのフロロラインで、ライトリグを扱いたくなるシチュエーションでのメリットです。

冬場のリザーバーのちょっとしたカバーで、パワーフィネスより的確に底を取りたい..
または、根掛かりの多い陸っぱりを1本のライトタックルで攻めたい..
実際、ベイトフィネスの導入は、近距離でヒットした魚にカバーに巻かれた時に決めました。

EP164LBFS_2
使い込んだベイトフィネスロッド164L-BFSが初めてですが、165L-BFSなどの旧エクスプライドBFSシリーズを触った時より、明らかにティップが繊細になり、しなやかさが増しています。2.7g程度のスモラバ、4インチカットテールのネコリグ、軽量シャッドプラグなどが快適にキャスト・ピッチングできます。

また、マイクロガイドの感度はかなり良好で、同じ2017 NEW エクスプライドのスピニングロッド266Lより繊細さは上だと感じています(266Lの方がティップに張りがあり、セミマイクロガイドな事も影響していると思います)。
遠投やシャッドなど幅広い用途なら266Lの方が快適で、近距離や底物での感度と操作性をメインに考えるなら164L-BFSの方がいいイメージです。

さらに、ティップが繊細になったにも関わらず、ベリーからバットのパワーは増していて、魚を寄せるのが楽になっています。パワーが増したといっても、

ワールドシャウラゾディアスに比べると、いい方向に張りがあるので、固い棒だと感じるかもしれませんが、魚がかかった時はキレイにロッドが曲がって機能してくれます。
シマノバスロッドは、ベリーからバット部分がキッチリ曲がるけど強いイメージで好きです^^

17 エクスプライド 164L-BFSスモールマウスバスの40upを上げた動画をアップしているので、よければ見てください!(→リンク

あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです
(≧▽≦)

    このエントリーをはてなブックマークに追加
clear
バス釣りにサングラス、特に偏向グラスは必需品。
まだ、ロッドやリールをそれほど充実していなかった頃から、思い切ってサイトマスターを購入しましたが、イイものは末長く使えてます。

ただ...結構な頻度で曇るっっ

汗をかきやすい夏場、防寒を着込んで息がたまる冬場、とにかく様々なシーンでサングラスは曇ります。いろいろな曇り止めを試したのですが、最近はパック分けされているシートタイプのクリーナーを使っています。

釣行前にシートでふき取るだけなので、液状タイプの物よりカンタンに扱えるのがイイですb
また曇りやすいシーズンには、予備のシートを1〜2袋持っておけば、1日中快適に過ごせます。

あくまで個人の感想ブログですが何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1012SVG1_2

今年発売されたRCS ベイトキャスティング SVスプール 1012 G1です。
昨年から使用率の高いジリオンSV TWに組み込んで使用しています。

1012SVG1_1

ジリオン SV TWのノーマルスプール(こちらG1素材のSVスプール)に比べ、浅溝になので糸巻き量が少なめです。糸巻き量が減った分、最終的なスプール重量が軽くなるのでライトテキサスや軽量ルアーが使いやすくなります。


sp_1016
↑ ジリオンSV TWのノーマルスプールを横から撮影した写真。


sp_1012
↑ RCS 1012 G1 SVスプールの横から撮影した写真。

RCSのSVスプールG1の内部には、ジリオン SV TWのスプールには無かった肉抜き処理があり、これだけでかなりの軽量化になっています。スティーズSV TWのスプールにも肉抜きがあるようで、RCSのSVスプールG1と同じく軽量になっています。

wt_1016
↑ ジリオンSV TWのノーマルスプールの重量。

wt_1012
↑ RCS 1012 G1 SVスプールのスプール重量。ベアリング抜きのカタログスペックで約9g。


もう本当にカタログスペックまんまのイメージで
とにかく色々使いやすい!!

ノーマルでも幅広いルアーが使いやすいSVスプールですが、RCS SVスプール 1012 G1に変更する事で、もう1歩分、さらに使いやすくなりました。
スプールの軽量化はもちろん、浅溝になったライン重量のメリットは、特に7g以下のルアーの使用感は秀逸です。飛距離が劇的に伸びるわけではありませんが、弱めのブレーキ設定でより軽い力で自在に投げれるようになるイメージです。

ただ、逆に言えば10g以上のルアーのキャスティングは大きく変わらないです。しかし、近距離へのジグのピッチングなどの使用感は明らかに良くなっています。

SVスプールの完成系!!
といっても過言ではないかも!
糸巻き量が不足であれば、RCS SVスプール 1016 G1もあります。

劇的な違いはありませんが、あともう少し良くなればと考えている人や、用途に応じた予備スプールを用意したいのであればオススメです。

あくまで個人の感想ブログですが、参考にしていただければ幸いです。
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです
(≧▽≦)

このページのトップヘ