7200GLX
GルーミスSJR7200 GLXです。

かつては、「ルーミスでタックル揃えたいならスピニングはコレでしょ?!」的な存在でした。
スペックは、6フィート,ライン2〜6LB,ルアーウィエイト1/64〜1/8と、一見フィネスな感じ。


でも


高弾性・高感度で結構なパワーw

反発力が強く、2インチのセンコーでもぶっ飛ばす事ができましたが、繊細なシェイクには不向きなロッドという印象。強いて言えば、ロードランナー600STSをキンキンにした感じなのですが、アレはしなやかさが伴ってこそのフィネスロッドだと思います。

ルーミスでライトリグ利用であれば、ドロップショットシリーズの方がオイラ的に好きです。
でも、高弾性なハリと、MAXルアーウェイト1/8ozというライトパワーが共存する個性的な性質は、3.5g以下の軽量ルアーを扱うにはメチャメチャ楽しい竿ですb 例えば、スピナーとか。。

7200GLX
かつてルーミスの代理店だったティファの並行輸入版モデル。
SICのガイドリング6個、フジのリールシートが特徴。リールシート側のガイド径が25mmとなっています。

並行輸入版ですが、北米市場でSJR7200がラインアップされていた事は無いと思います。オイラ的に、トラウト用のGLXブランクスを流用し、北米でくみ上げた日本向け仕様なんじゃないかなぁ??っていうのが勝手な妄想。だって、スプーンとか使いやすそうだもんw

7200GLX
ティファが販売していた国内モデル。ゴールドサーミットのガイドリング7個のニューコンセプト使用。リールシート側のガイド径が30mmとなっています。また、ブランクスがやや短めで、その分グリップ長が長めとなっています。並行輸入版が短めなので、こちらの方がバランス的にいいかと。
リールシートは、金属リングでリールを固定するルーミスオリジナルです。


まあ何より


今じゃ手に入れにくい!
って事が最大の難点な竿><
オークションなどの価格は高騰しすぎですw


あくまで個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
バス釣り ブログランキングへ