100D5
シマノ クロナーク 100D5(CHRONARCH 100D5)。北米に輸出されていたリールで、以前ブログに書いたクロナーク 100D7のローギア版です。

外観は2007年版のメタニウムMgと同じで、アルミ製ボディと真鍮製ギアを搭載したガッチリ仕様はクロナーク D7と同様です。

特筆すべきは5.0:1のローギア設定で、元々巻上げ力が強いと感じていたクロナークDがさらにパワフルに感じました。ただ、34mmのスプール径でギア比5.0だと巻上げ量が53cm程しか無く、高速リトリーブやルアー回収時などかなりストレスを感じます。

この時期、シマノUSのロープロリールのローギアモデルには、34mm径でギア比5.0の機種が多かったのですが、最近ではギア比5.5(巻上げ量58cm)に統一されています。これは、カルカッタコンクエストと同じ巻上げ量で、 このあたりがクランキングに使いやすいという答えなのかもしれません。



あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ