100D7
シマノ クロナーク 100D7(CHRONARCH 100D7)、通称クロナークDです。
2009年前後に北米に輸出されていたリールで、2007年モデルのメタニウムMgのソックリさんです。

ギア比7.0、巻上長75cm、A7075 Aluminum(超々ジュラルミン)スプールのラインキャパなど、基本スペックは2007年メタニウムMgと同様です。最大の違いは、アルミニウム製のボディと真鍮製のギアです。重量が約215gと重めになりますが、非常にガッチリとした作りとなっています。

特筆すべきは、巻き上げの力です。
登場当時はかなりハイギアなギア比7.0にも関わらず、ウィグルワートのようなディープクランクでもグイグイ引く事ができ、コイがスレ掛かった時も強引に巻き上げる事ができました。

2007年メタニウムMgやMgDCのノーマル(ギア比6.2)と比べても、巻き上げ力はハイギアのクロナークの方が強く感じます。クロナークのハンドル長が42mmなので多少有利だとは思いますが、かなり実感できる差で不思議な感覚でした。これは、クロナーク4台、メタニウムMgとMgDC各2台ずつを使ってみた実感なので個体差ではありません。 ←脳内補正の疑いはありますがw
剛性の高い丸形リールは、ギア比を差し引いても巻物しやすいと聞いた事ありますが、そうした要素が関係しているのかもしれません。


他に異なる点として、ブレーキシューを支えるピンが真鍮製になっていて、若干スプールが重くなっています。その為か分かりませんが、非常に投げやすく、ピッチングもバシバシ決まり、メタニウムMgのようなピーキーさを感じませんでした。普通の人なら何も感じないかもしれませんが、ヘタッピなオイラがまともにピッチングできるのは、現時点でクロナークDとメタニウムMgDCだけですw


100D7
ブレーキシューは国内版と仕様が異なり、ピンクが内蔵されています。予備にグリーンがあり、若干ブレーキが強いようですが、透明とグレーのブレーキシューのような差は体験できませんでした。



結論として、クロナークDはオイラ的に



旧SVS最高峰!


のリールだと思っています。

その理由は、「重すぎない」「同一形状でハイギアとローギアモデルがある」「重いルアーも軽いルアーも投げられる」といったトータルバランスがいいと感じるからです。アンタレスARがもう少し軽ければなぁ、コンクエストにハイギアモデルがあればなぁ、スコーピオンXTの糸巻き量多すぎない?など、他のシリーズで感じていた不満がコイツには少ないです。そして、



見た目が最高!


パールホワイトのリールは至高の存在ですw


ただ、そんなクロナークDもあっさり廃盤。2年も保たなかった記憶があります。最近はeBayなどで高騰していますが、廃盤直前の頃は結構投げ売りされていた有様。
メタニウムMgの海外版であるcoreの下位グレードとして発売していたのに、価格差があまり無かった事が要因かもしれません。剛性が高い分、内部機構がタイトすぎて問題があったというウワサを聞いた事もあります。

どちらにせよ、SVSインフィニティに世代が変わりつつある今、短命すぎる名機でした。

一時期は北米のシマノTOPページにも出てたのにねっ!


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
バス釣り ブログランキングへ