GLX
Gルーミス GLXが2012年にリニューアルされました。
クラシックシリーズと呼ばれるMBR 783CやMBR844Cなどはそのまま残りましたが、ジグ&ワームやクランクベイト、シェイキーヘッドやフリップシリーズが新しくなっています。

リニューアルしたモデルの最大の特徴は、美しいグリーンのブランクスと、オリジナルのリールシートです。グリーンのブランクスは、同じくグリーンのノリーズ・ロードランナーよりやや深い色味で、写真で見るよりカッコいいです。 ←個人的主観

シマノ海外版のリール・CURADO E(スコーピオンXT相当)がグリーンなので、ロッドと統一できるのかなーーっ!と思っていましたが、同じ年にリールもリニューアルし、ホワイトのChronarch Eとなっていました。でも、ホワイトのリールとグリーンのブランクスは意外と合いました!

GLX 843C CBR
リニューアルされたGLXのリールシートですが、トリガーが指半分ほど前寄りになっています。また、ブランクタッチする箇所もかなり細めで、最初は持ちやすいなぁと感じていたんですが、数時間パーミングすると指が痛くなります。これは、フジのリールシートはもちろん、同じルーミスのNRXシリーズやクラシックシリーズと比べても顕著す。
オイラは3高(高身長・高体重・高コレステロール)で手が大きい方なので、余計そう感じるのかもしれません。アメ竿は、体の大きな人用じゃなかったの><

アンタレス12
なので、1日中巻物を続ける時はこんな持ち方になってます。3本指でパーミングした後、人差し指だけリールにひっかけていて、海外のビデオなどではよく見る持ち方です。
この持ち方だと、細身のリールシートでもかなり楽に持ち続ける事ができて、リールに伝わる感度も察知しやすい気がします。あと、通常時のパーミングはイマイチなんですが、魚を掛けた後はバツグンに持ちやすくなります。ブランクスの性能もあると思いますが、力を入れやすいというか、竿を上げている時に使いやすいと感じました。


新しいGLXは、個人輸入で2本、正規代理店で1本購入(全てベイト)しましたが、どれもガイドの取り付けがイマイチでした。少し曲がっていたり、輸入品はガイドフレームを取り付けている接着剤がガイド内に流れ込んでいたり><
アメ竿だからそんなもんだろう…と納得していますが、昔の並行輸入品のGLXや、最近発売されたNRXと比べても品質が劣る気がします。


不満も多いニューGLXですが、それでもこの粘りのあるブランクスは魅力です。
BCRなどの旧GLXより軽量になっていますし、感度もグイッグイッと分かりやすい出方でオイラの好みで、そこだけはNRXより好きです。
今後の(めったに行かない)釣行計画次第ですが、エクストラヘビーのベイトロッドか、シェイキーヘッドのスピニングロッドの入手も考えています。




決してブログネタの為だけに入手するんじゃないよw


あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
バス釣り ブログランキングへ