俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_4277
    前回紹介した15メタニウムDC[Metanium DC]です。新型DCシステムとなるI-DC5を搭載。リール側面のダイヤルでA→4→3→2→1の調整が可能。4が最もブレーキが強く、1が最も弱い、Aは4〜2の範囲を状況に効かせてくれる便利物で、08メタニウムMgDCのブレーキにイメージが近いかもしれません。

    IMG_4281
    サイドプレートを外すと、ブレーキモードをナイロン・フロロ・PEから選択可能。最近のDCシステムのいい所取りで、かゆい所に手が届きます!!

    そして当然、
    飛距離はめっちゃ飛ぶ!!

    5g位のライトテキサスから1/2osのワイヤーベイトまで、圧倒的な飛距離を叩き出します。そして、逆風や突然の横風でもトラブルが極限に抑えらるのがDCのいい所。

    ただ、飛距離だけなら12アンタレスアンタレスDCの方が出る気がします。さらに、小型〜中型ルアーであれば、投げやすさや距離を含めてT3 SVが圧倒的!!これは15メタDCの飛距離に不満がある訳ではなく、近年のリールはどれも抜けるような飛距離を実現してくれます。

    最近のシマノのブレーキ、SVSインフィニティやDC(アンタレスDCを除く)は、優秀すぎて初代アンタレスアンタレスARのような無重力感が無くなっている気がします。むしろ、T3 SVの方が昔のシマノリールに近いフィーリングを感じたり。。

    そんな15メタDCは、全ての不満が解消され、全体が優等生としてまとまった、ある意味面白みのない生徒会長のようなリールかもしれませんw

    このリールで決めましたけどね!!


    あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
    ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
    バス釣り ブログランキングへ


     

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_4276
    シマノ '15メタニウムDC(Metanium DC)です。歴代DCの中で最も凡庸な印象ながら、最も長い付き合いになりそうな予感がしています!

    '15メタニウムDCは、これまで愛用してきたDCの中でイチバン感動が薄かったリール。しかしその分、ミーハーな一時の熱狂ではなく、良い意味でクサレ縁になるのでは?!

    今まで使用した事のあるDCリールは次の通り。
    「'04 カルカッタコンクエストDC100」「'06 アンタレスDC」「アンタレスDC7 LV」「'08 メタニウムMgDC」「'10 カルカッタコンクエストDC100」「'11 カルカッタコンクエストDC50」「スコーピオンDC」
    元祖にして、カルコンの真骨頂である200は使った事がありません。元々'00カルコン200を使っていたので、「DCなんてオモチャだぜ!」と思っていた時代がありました(今は'12カルカッタ200がこのクラス最強だと思っている)。

    これまでのDCを比較して、今も最高峰はアンタレスDCだと思っています。飛距離・ブレーキ調整幅・ピッチングからキャスティングまでバッチリはまる使用感は、まさにキングオブDC!!また、近距離メインであれば'08 メタニウムMgDCの使いやすさは圧倒的ですし、コンクエストDCの衝撃的なシルキーさもありません。実は、ナイロンからPEまでカンタンに扱えるスコーピオンDCもお気に入りだったりします(最近のロットは飛距離もそこそこ出てそう)。

    ただ、それは他のDCが特徴を明確に打ち出しているからで、'15メタニウムDCは、飛距離でる!全てのラインを網羅!MMギアの巻きパワー!リールに伝わる高感度!など
    総合力で他のDCを圧倒します!!

    …続く。


    あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
    ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
    バス釣り ブログランキングへ


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_4284
    シマノゾディアス 1610M-2 , オイラのバス釣りタックルです!リールは15メタニウムDCをセットしています。いろいろ文句言ってた事いた事は一旦置いておいてください。

    いや
    とうとうキタ!!
    って感じですb
    実売1万円前後、しかも2ピースのラインアップが充実。バス釣りを休日のレジャーで楽しむならこれで十分じゃない?

    「とうとうキタ」と実感するのは、SICのトップガイド以外がハードガイド系のアルコナイトな点。これでコストが大幅に下がる事間違いなしです。SICの1/3程度のコストで抜群の性能を持つアルコナイトなら、ブランクスに必要十分のコストはかけられるのでは?と期待します。

    IMG_4285
    使用した感じですが、ci4のリールシートが必要最低限な感度を伝えてくれ、適度に張りのあるブランクスが確実なフッキングを可能にし、魚の負荷に応じて竿がキッチリ曲がってくれます。

    ダイワエアエッジと比較すると、感度はゾディアスがやや上、キャスティングや粘りはエアエッジが上といったイメージです。この価格帯のロッドは2大メーカーが圧勝している感じがあり、シマノのエクスプライドはさらに高感度・高使用感です(キャスティングはエクスプライドが一番微妙かもしれませんが)。

    価格帯もあるので仕方ないのですが、実釣性能や所有感に限れば、ゾディアスエクスプライドに劣っています。エクスプライドより弾性が低く、ガイド数も少ない(というよりエクスプライドが多い)にも関わらず、それほど投げやすい感じもしません。改めて、エクスプライドの完成度の高さを実感します。

    だがっ
    この竿には理由がある!!


    ゾディアスは、とってもアメリカンなファーストテーパーなんです。アメリカンファーストな竿は投げにくいイメージがありますが、少ない動きで確実にフッキングを決めてくれます。また、魚を掛けた後の反発力が比較的強く、これがバラシにくさに繋がっていると感じています。で、同クラスのエクスプライド1610Mや166Mはレギュラーファースト仕上げで、少し趣味に合いませんでした・・・

    値段差による性能差は確実に存在します。
    でも、フィーリングが合っていれば、値段差以上の使用感があります!


    あと、エクスプライド、エアエッジ、ゾディアスは2ピースメインで揃える事が多いですが、1ピースロッドの方が品質管理の精度が難しいんじゃないかな?と勝手に思っているからですw


    あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
    ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
    バス釣り ブログランキングへ

     

    このページのトップヘ