俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    カシータス
    海外シマノで販売されていたCasitas、国内でも出るんですねー!
    その名も
    カシータスMGL
    はい。英語の時はまったく読めませんでした。

    国内での定価21,000円と、割引率を考えれば1万円台最強のリールは間違いなさそうです!
    海外での100ドル台のインパクトを考えれば、割引率下げてでも定価19,800円の方がインパクトあったと思いますが。。

    で、このカシータス、やっぱり安いだけじゃありません!
    新採用のNEWマグナムライトスプールは慣性モーメント10%ダウン、飛距離20%アップ! さらにブレーキはNEW SVSインフィニ採用により、ブレーキブロックを4個ONにしておけば外部ブレーキだけでほぼ全てのセッティング可能とか!

    4月発売予定ですが、
    間違いなく人は釣れちゃいます!


    さらにこんなリールも2月発売とか!
    スコーピオン
    2016 スコーピオン70/71 !!
    来ました!新型スコーピオンです!!
    スプールが33mm径(幅22mmなのでワイド幅じゃありません!)なので、スコーピオンXT1000の後継機種という位置付けでしょうか?!
    あとよく分からないのですが、今年からこのサイズを70サイズと呼ぶのかもしれません(今年リニューアルされるメタニウムも70サイズのシャロースプールという表現なので、糸巻き量ベースの表記なのかも?)。

    新型スコーピオンは、スプールこそマグナムライトスプールではありませんが、こちらも NEW SVS∞を採用。ブレーキブロックをいちいち調整する手間が省けます!  さらにカシータスには無いXシップハガネボディ採用でいつまでも末長いお付き合いを約束しますっ!
    変わったところでは、右巻きはノーマルギア(6.3)とハイギア(7.2)、左巻きはハイギア(7.2)とエクストラハイギア(8.2)のラインアップとなるようです。


    どちらも廉価版とは言えない高性能リールですが、同じく廉価版と言えない実力派ロッド「ゾディアス」に合わせたカラーリングです。どちらかと言えばシマノはこういう厨二っぽい子供心を刺激する色合いが少なかったので、個人的には大好きですw
    引用元:Shimano 


    あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
    ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。


    バス釣り ブログランキングへ


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    detail

    北米のダイワサイトに、アルファス/ジリオン?と2系統の新型SVが登場記載されていましたが、北米シマノも負け(?)てはいません!

    新型ベイトリールはCasitas !!
    お値段は驚愕の$119.99 !!


    これ、実売1万5千円前後で入手できるCITICA シティカより安いです。
    最初に写真見たときは、スコーピオンXT 1000のようない位置付けで、新型アルデバランの廉価版を予想していましたが、ラインキャパを見る限りメタニウムのような100番台のようです。

    さすがにXシップではありませんが、SVSインフィニティとS3Dスプールでこの価格帯なら、かなりのコストパフォーマンスじゃないでしょうか?!手頃なシマノのベイトリールって、スコーピオン1500番台のように幅広で糸巻き量が多いもの中心だったので、これが国内でも出れば、

    入門用ベイトリールの鉄板!!
    間違いなしです。
    引用元:Shimano


    あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
    ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
    バス釣り ブログランキングへ


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    sv_series_main
    北米のダイワ公式サイトに登場した新型SV。
    ああ、アルファスSVの北米番ねっ・・・て

    もう1つは何よコレ ?!

    ジリオン的な形状にSVスプール
    103番台という事は、まさか34mm径スプールの廉価型ジリオン?

    北米のラインはポンドテスト(表記lbでは切れない)なので、国内のポンドクラス(表記lb未満なら切れない)とはキャパが異なるのですが、ダイワはどうも国内基準のような....北米のスティーズSVとラインキャパが同じなので、34mm径のスプールなのか、ジリオン用の浅溝36mm径なのか気になるところです。

    もう1つ。TWSじゃない・・・パカパカしないのね。


    いいんじゃないコレ!

    90mmロングハンドル、カラーリング、バリエーション.....
    この2台でベイトは完璧やんっ?!

    引用元:DAIWA


    あくまでも個人の感想ブログですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
    ブログランキングに参加しているので、ポチっと押していただけると嬉しいです。
    バス釣り ブログランキングへ



    このページのトップヘ