俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    レンジャーボート
    琵琶湖で初めてボードに乗ったのが2012年夏でした。
    知人のレンジャーに載せていただき、湖面を滑走した初の感動は今でも忘れられません。

    GLX 843C CBR
    琵琶湖に行く事になり、急遽入手した7フィートのクランキングロッド
    2012年に新規リニューアルしたG Loomis GLX 843 CBRです。
    (7フィート ミディアム アクション:モデレート ライン:8-14lb ルアー:1/4〜5/8oz)
    まだ、日本代理店の魚矢さんに入荷していなかったので個人輸入しました。
    (現在、使っているのはGLX 845 CBR843は手放しています。)

    GLX 843C CBR
    GLX 843 CBRの印象は、細身でしなやか!です。
    同じルーミスの無印CBR 843Cや、旧GLXのCBR 853Cよりも明らかに柔らかいです。
    使用感は無印CBR 783Cに近く、よりスロー寄りのテーパー。ディープフレックスシリーズのGLX版といったイメージかもしれません。
    同じパワーでも長さによって強さの感じ方が変わる今までのルーミスロッドとは異なりました。


    琵琶湖当日、このロッドでメガバスのDEEP-X 300(3/4oz)をぶん投げてきました!
    ウィードをブチブチ切るパワーじゃないので、ウィード上をトレースするように巻き巻き…
    すると、フワっと浮かび上がるようなアタリが!思わずフッキング!!
    ロッドがぐにゃりと45度曲がり、バットがしなやかに粘って魚を引きずり寄せ、見事入魂完了!
    他の巻物とはまた違う、クランキングロッド独特の気持ちよさを体験できましたb


    ただ、琵琶湖で使うには弱すぎだと感じ、GLX 845 CBRを注文しちゃいましたw
    アメリカのHPに記載されている通り、843は3/8oz位のディープクランクが適していると思います。




    <<<その後>>>






    845と入れ替えで手放しましたが、冬場なら843の方が良いかもしれません。
    少ないウィード、弱いアタリ…残しておけば良かったなぁ。 ←今ココ


    あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
    バス釣り ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    釣行
    オイラは、日々タックルを集めては妄想に明け暮れています。
    肝心の技術や経験は完全素人若葉マークです。
    そんな人間が、タックルのインプレッションなんて出来る訳ありません。


    なので、このブログでは自分が使ったモノの比較を中心に書いていきます。
    実際に投げてみて、魚を上げた素人なりの感想です。

    その中で、「素人はこんな事もしらないのか!」と気づいていただければ幸いです。
    そして、これから釣り業界に来る新規ファンに何を教えるべきなのか役立てたもらえれば嬉しいです。
    (…というより、オイラに教えて!!!)


    とはいえ、タックルの使用感は経験によって変わります。手放したタックルを後から「こうだったのかも?!」と思う事も多々あります。





    でも、大丈夫です。 









    何度も入手しますからっっw




    釣行回数は少ないですが、使用感を試す事は熱心ですb

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    NRX
    今、メインで使っているベイトタックル。

    ロッド:G Loomis NRX 802C JWR
        G Loomis NRX 843C MBR
    リール:シマノ メタニウム(2013)
    ライン:サンライン FCスナイパー

    GLX
    こちらはクランキング用とジグ用。

    ロッド:G Loomis GLX 845C CBR
        G Loomis GLX 804C JWR
    リール:シマノ アンタレス(2012)
        シマノ クロナークCI4+
    ライン:サンライン FCスナイパー 


    それぞれの使用感や戦歴は、また個別に紹介しますーー!!

    このページのトップヘ