俺のバス釣りタックル

国内・海外のバス釣りタックルを使ってみた感想ブログです。 シマノ , ダイワ , アブ , Gルーミス(G loomis) , ノリーズ , メガバス , エバーグリーン , ティムコ , ゲーリーヤマモト , GETNET ...etc etc

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    NRX 803C
    Gルーミス NRX 803C JWR。初めて50upを釣り上げた記念すべき竿です^^
    (6.8フィート、MH、エクストラファースト、ライン:12-16lb、ルアー:3/16〜5/8oz)

    JWRはジグ&ワームシリーズの略で、今のルーミスのド定番だと思います。長さ的には、7.1フィートの853や854が基本だと思いますが、この竿の入手時期に6.8フィートがマイブームだったので803になりました。ルーミスの竿はグリップが短めなので、ブランクスは意外と長いです。

    NRXは、古いIMXをより軽量に進化させた印象があります。反面、GLXやGL3のような粘り気はあまり感じず、それは新しいGLXに引き継がれているような気がします。


    NRX 803C
    803C JWRは、MBR783Cなどのクラシックシリーズと比べて、はるかに食い込みのいい柔らかなティップを持っています。その為、5g程度のテキサスや3.5g程度のダウンショットを快適に扱う事ができました。ベリーはスっと曲がるのに反発力が高く、フッキングが楽に決まります。バットはキンキンで頑丈で、強引に魚を寄せ付けるジグ竿に特化しています。

    初めての50upは、この竿にアンタレスDCを付けて、ブレードジグをド遠投した先で掛かかりました。引き寄せるパワーはパワフルすぎて、ファイトの余韻はまったくありませんでした。


    ジグやワーム、スピナーベイトなどのワイヤーベイトに使っていました。ピッチングは問題なかったのですが、キャスティングにはやや慣れが必要でした。ただ、慣れると非情に快適で、多くのバスを釣り上げてくれた竿です。

    しかし、ティップがかなり入るので、MHの竿で扱うような大型のジャークベイトやトップウォーターの操作には不向きでした。これが、限られた本数での釣行には不便で、段々とエクスプライドの168MHの方に出番増えてきました。結果的に、NRXに追加された843C MBRへの入れ替えとなりました。

    でも、1/8〜3/8oz規模のジグやワーム、1/2oz前後のワイヤーベイトを扱うにはとても気持ちいい竿でした!


    あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
    バス釣り ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    image
    シマノのリール、メタニウム2013年モデル。今、一番お気に入りのリールです。 

    このリール、前回インプレしたクロナークCI4+とよく似たスペックです。メタニウムの入手検討中に北米でクロナークが発表されていたので、正直どちらにするか悩みました。 ←結局両方使ってる

    オイラ的には、メタニウムの方が軽量のルアーが投げやすく、引き抵抗の強いルアーでも巻き取りやすいと感じています(3/8oz以上の投げ心地は同じ位)。しかし、魚が掛かった後はクロナークの方が巻き上げやすく感じました。これは、ノブの形状や握りやすさなどが関係しているのかもしれません。

    2つを使い比べた結果、メタニウムをメイン、クロナークを重めのルアー用として使っています。


    異音がする、ブレーキにムラがある、巻き心地良くない、などメタニウムにはネガティブな評価が多いですが、オイラの所では所問題なく使えています。ブレーキパイプへの注油は昨年末に1度やったきりです。 ただ、発売から半年程経ってから購入したので、ある程度改善されているのかもしれません。

    異音に関しては、低回転時のブレーキブロックのバタつきが指摘されているようです。対応策として、ブレーキブロックの支柱にグリスを薄く塗って拭き取り、余計な動きを抑制すると効果があるとか。

    もしもに備えてグリス用意してますが、まだ使っていませんb


    あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)
    バス釣り ブログランキングへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ICAST2014
    フロリダで15日から開かれるICAST。クロナークCI4+も、去年この展示会で発表されたと記憶してます。世界的な不景気で派手な新製品が出にくいですが、こんなの欲しいなを妄想〜

    ●Shimano Curado Iシリーズの50番台
    Curadi Iはスコーピオン200(2014年モデル)の海外版。
    海外版は巻き取り58cmのローギアがラインアップされているのがいいです。デカいディープクランクとか楽そう!!で、50番台にSVSインフィニティを実装するのは難しそうだけど、もし出るならアルデバランも!と期待してしまいます。まだ先の話かな。。

    ●Shimano Crucialシリーズ
    安くて丈夫で品番が多すぎるシマノロッド。以前のラインアップはルーミスの中国工場で生産されていたらしいですが、現行品はどうなんだろう?なんだか廃盤の匂いがプンプンするので心配。

    ●G Loomis 新GLXのMBRシリーズ
    2014年モデルのIMXで十分ラインアップ揃ってるので、これは多分出ないと思います。でも、新GLXのブランクスは、軽くて粘りがあって好きなんです!

    ●G Loomis NRXか新GLXでDSR820S
    DSR820Sは、アメ竿のスピニングモデルとしては使いやすい品番。こちらも2014年モデルのIMXで十分なので、出ないでしょう!

    ● G Loomis 新GL3
    GL2、GLX、IMXとリニューアルし、全体的に定価底上げになったルーミス。手頃な価格の竿はShimanoに任せて、中途半端なGL3は要らない子になった印象。だから、出ないだろうなぁ。

    このページのトップヘ